触るとひんやり冷たい!夏使用のベッドマットをDIY

触るとひんやり冷たい!夏使用のベッドマットをDIY

夏用の猫ベッドの中に敷いてあるマットを、接触冷感の生地でカバーを作りました。その作り方の説明です。

1957view

猫ベッドを夏仕様にチェンジ

これから暑くなってくるので、さらさらする生地で作ってある猫ベッドを使いますが、冷房が効いている部屋でも、暫くその中で寝ていると、やはり身体が少し暑くなるようです。

寝ている場所を、いろいろ変えながら過ごしています。この時期は店舗で触るとひんやりする生地で作ってある猫ベッドが販売されています。

それを購入しようと思いましたが自宅にもう使用しない同じ生地のシーツがありましたので、とりあえずマットだけそれを利用してカバーを作ってみました。

猫のひんやりカバーを作るための材料

1.接触冷感用のシーツ   40cm × 60cm

布を切り取った状態の1枚

2.針と糸

3.はさみ

猫ベッドと中のマットが別々に写っている
猫ベッドだけ写っている

4.猫ベッドのマット

猫のひんやりベッドの作り方

1.まず、マットのサイズを計ります。

2.そのマットのサイズよりも10cmずつ広く布をカットする。
(縫いしろが必要の為)

3.カバーは、時々外して洗いたいので、四方全て縫い合わせずに、1カ所だけ空けておく。
空けている場所にスナップを付けようかとも思いましたが、猫がいたずらして噛んだりすると危ないので、空けたままにしました。

4.縫い合わせたらマットを入れて猫ベッドの中に敷きます。

5.出来上がりです。

猫たちに使ってみました。

まず出来上がった物を床の上に置いてみました。

ベッドの周りに2匹がいる

まだ何にでも興味を示す年齢ですので、興味津々にのぞき込んでいます。そのうち、周りをグルグル回りながら、1匹の猫がベッドの中に入って行きました。

中に入っている

静かに様子を見ていると、その中で毛づくろいをしだしました。同じように別の猫ベッドのマットのカバーも手作りしました。

丸ベッドの横に猫がいる

もう1匹の猫も気にはなっているようでそのうち中に入って行きました。そのカバーは触った瞬間ひんやりと冷たく感じますので、猫たちも気持ちがいいようです。

まとめ

接触冷感の生地は人が冷たいと感じるように、猫たちも同じように感じてくれるようでした。

購入すれば簡単ですが、せっかく同じ生地があるので、まずはカバーだけでも手作りしてみて良かったです。縫い合わせるだけで短時間で簡単に出来上がりますし汚れたら外して洗濯もできるので清潔に保つことができます。

スポンサーリンク