猫がゼーゼーと呼吸するのはどうして?原因や対処法など

猫がゼーゼーと呼吸するのはどうして?原因や対処法など

猫がゼーゼーと呼吸をしていたら心配になりますよね。猫の呼吸が荒くなることは珍しいようですが、どんなときに呼吸が苦しくなるのかを飼い主さんが知っておくことで、いざというときに役立ちます。そこで今回は、猫がゼーゼーと呼吸する原因と対処法について詳しくご紹介します。

1391view

猫がゼーゼーと呼吸するのはどうして?

口を開けて苦しそうに呼吸をする猫

病気が原因

猫がゼーゼーと呼吸するときは、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。予想できる病気としては、喘息や肺炎などの呼吸器疾患をはじめ、胸水による肺の圧迫などが挙げられます。またゼーゼーする割合は低いとされていますが、心筋症などの心臓疾患、甲状腺機能亢進症や糖尿病などの内分泌疾患、気管狭窄、副鼻腔炎、膿胸、熱中症、貧血などでも、呼吸が苦しくなることがあるようです。

気道に異物が入っている

誤飲などで気道や消化管に異物が詰まってしまったときにも、猫がゼーゼーと呼吸することがあります。ぐったりしていて元気がない、呼吸が苦しそう、頻回の嘔吐、吐くような仕草をしているのに吐かない、などといった症状があらわれます。

猫がゼーゼーと呼吸する原因となる主な病気

頭を撫でられている元気のない猫

喘息

猫の喘息は、気管支の収縮やむくみなどによって気道が狭くなり、呼吸障害を起こす病気です。喘息発作が起こると「ゼーゼー、ヒューヒュー」と、猫は呼吸が苦しくなり咳込んでしまいます。発作が重症化すると、舌を出す開口呼吸やチアノーゼなどが見られ、命に関わる危険性も高まります。

発作の原因はアレルギー反応によるものと、アレルギー反応以外によるものとに分けることができます。猫がアレルギー反応を起こしている場合、原因となるアレルゲンはホコリやダニなどのハウスダストや花粉などが考えられます。

アレルギー以外の原因としては、ストレスや不安、感染症などですが、発症のメカニズムは明らかになっていないようです。上気道感染症を併発している場合には、くしゃみや鼻水などの症状も見られます。

肺水腫

猫の肺水腫とは、肺に大量の水が溜まり酸素と二酸化炭素のガス交換が妨げられ、呼吸困難などの症状があらわれる病気です。肺水腫のほとんどは単独では発症せず、何らかの病気に引き続き生じます。心臓病が原因となる「心臓性」と、心臓病以外が原因となる「非心臓性」に分けられますが、猫の肺水腫はほとんどが心臓性のものとされています。

肺水腫の代表的な症状は、ゼーゼーという呼吸音、呼吸困難、元気がないなどです。進行すると血液が混じった嘔吐なども見られます。

誤嚥性肺炎

肺炎は病原体が肺に感染し、炎症が起きる病気です。肺炎にはいくつか種類がありますが、猫がかかりやすいのは「誤嚥性肺炎」だといわれています。喉の筋力が弱い高齢猫や子猫に比較的多く、食べ物や嘔吐物などが誤って気管に入ってしまうことで発症します。

主な症状は咳や鼻水などで、続いて嘔吐や浅く速い呼吸も併せて見られることがあります。症状が悪化するとゼーゼーと苦しくなり、呼吸困難やチアノーゼなど重篤な状態に陥るケースもあるので注意が必要です。

慢性喉頭炎

咽頭炎とは、喉に炎症が起きた状態を言います。その中でも強い咳が長期間続いている状態を慢性喉頭炎と呼びます。猫が喉頭炎を患うと、元気がなくなり、ゼーゼーと開口呼吸するなどの症状を示します。重度になると、肺水腫を合併する可能性があります。

猫がゼーゼーと呼吸するときの対処法

横になって獣医師の診察を受ける猫

動物病院で治療を受ける

猫がゼーゼーと呼吸したり、咳の頻度が高かったり、咳き込んで苦しそうにしていたりする場合には、早めに獣医師に相談しましょう。また吐く、震える、よだれが出るなど、その他の症状を伴う場合は、早急に動物病院を受診する必要があります。激しい咳や呼吸困難を起こしてしまった場合は、ICU(集中治療室)で呼吸状態の安定を図ります。

治療方法は原因によって異なりますが、肺炎の場合は細菌を死滅させるための抗生剤などが投与されます。喘息の場合は呼吸状態を改善させるために、気管支拡張薬や免疫抑制剤、ステロイドなどが使われることが多いようです。また家庭内服薬として吸入薬(インヘラー)が処方されることもあります。

飼い主自身が吸入する

猫が苦しそうにゼーゼーと呼吸をするときの対処法として、ネブライザーという吸入用の機器を使い噴霧療法を行います。通常は病院で行われますが、猫の既往歴や持病などによってはネブライザーを購入するか動物病院からレンタルし、飼い主自身が処置を行う場合があります。

まとめ

猫を抱きしめてキスをする女性

猫からゼーゼーという呼吸の音が聞こえる場合は、何らかの病気や誤飲などが疑われます。中でも喘息や肺炎などは、命に関わる危険性がある疾患なので、異変に気づいたらすぐに動物病院を受診しましょう。

飼い主は猫が快適に暮らせる環境を整えるとともに、日頃から猫の様子を気にかけ、いち早く変化を感じとってあげられるとよいですね。猫が甘えて寄ってきたときに体を撫でたり、呼吸の様子を観察したりすることで病気の早期発見に繋がります。家庭でもできる猫の健康チェックを心がけてみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク