猫が息切れする原因や対処法

猫が息切れする原因や対処法

猫も、呼吸が荒くなったり速なったりして、息切れすることがあります。猫が息切れする原因、息切れした時の対処法、そして息切れしている時に考えられる病気についてご紹介します。

925view

猫が息切れする原因

舌を出しているグレーの子猫

猫が息切れする原因としては、体調不良、怪我、病気、運動による物が考えられます。

猫が息切れしている時の呼吸

  • 息切れをすると舌を出してハァハァ呼吸する
  • 息切れすると1分間に平均20から30回以上呼吸する

息切れとは、呼吸回数が増えたり、吸ったり吐いたりの動作や量が大きくなったりしていることです。息切れは、頻呼吸(ひんこきゅう)とも言います。普段の猫は、安静にしている時で1分間に平均20から30回呼吸しています。

これよりも増えると、体調が悪いのかなと気にする目安になります。舌を出してハァハァとしている様子はパンティングと言って、普段の猫ではしない呼吸です。このような息遣いをしている場合も、猫の体調が悪い時の目安になります。

猫が運動をして息切れする

  • 猫は運動で息切れしてもハァハァ呼吸しない
  • 猫が運動で息切れする時は胸の部分が大きく動く
  • 30分ぐらいで呼吸が落ち着く

まず、運動して息切れする場合です。暴れまわったり、じゃれたり、喧嘩をしたりなど、激しい運動をした後、一時的に猫の呼吸が乱れることがあります。普段、猫は犬のように舌を出してハァハァとはしないものです。

息切れして呼吸が乱れるといっても、多くの場合は呼吸数がいつもより増えていたり、胸の部分が大きく動いていたりするといった状態です。それでも、30分もして息切れもおさまって来れば、問題ありません。1時間を超えて、数時間もおさまらないようであれば、別の原因を考えましょう。

怪我をして息切れする

次に、怪我をして息切れする場合です。他の猫と喧嘩したり遊んだりした後、しばらく息切れしていても、体に何も異常がなければ、おさまっていきます。

1時間ほど経ってもまだ息切れしている場合には、体のどこかに怪我をして痛みを感じるため、息切れしている可能性があります。息が苦しそうでおさまらなければ、どこかにぶつけて骨を痛めていたり、他の猫との喧嘩で見えない部分に傷を負っていたりするかも知れません。

熱中症で猫が息切れする

パンティングで多いのは、熱中症が原因の場合です。夏の暑い日や室温が高い時に、猫が舌を出してハァハァとしていたら、熱中症になっている可能性が考えられます。

水を飲まず日向でずっと寝ていたり、無風で気温の高い場所に長時間いたりすることで、上がってしまった体温を下げるために、このような呼吸をします。舌を出したままぐったりして息切れしていたら、危険な状態です。一刻も早く動物病院に連れていかなければなりません。

病気による猫の息切れ

  • 呼吸器の病気で息切れする
  • 心臓、内臓の病気で息切れする
  • 高熱での息切れ
  • 肺や呼吸器の病気で息切れする
  • 腹水が溜まり息切れする

猫の病気が原因で息切れする場合もあります。呼吸器そのものの病気のほか、心臓など内臓の病気によって熱があったり、体に不調があったりすることにより、息切れが起こります。

早く荒い呼吸をしていれば、高熱、貧血などが考えられます。努力呼吸といって苦しそうに自分から息をしていれば、肺や呼吸器のトラブル、腹部が苦しそうな呼吸であれば、お腹に水が溜まる腹水などが疑われます。

猫が息切れした時の対処法

撫でられる長毛の猫

運動をして息切れしている時の対処法

激しい運動をして息切れしている時は、時間が経てば元に戻りますので、特に何かをする必要はありません。

怪我のよる息切れの場合

息切れがおさまらない場合、どこか怪我をしていないかを確認しましょう。怪我をしていれば、怪我の応急処置(止血など)をして、すぐ動物病院に連れて行きましょう。

出血していなくても、打撲や骨折などの可能性もあります。痛みを我慢しているかも知れませんので、猫の体を優しく触り、痛がる場所はないかを確認しましょう。

熱中症で息切れをしている時の対処法

また、呼吸が荒いだけでなく、舌を出して呼吸するパンティングをしていて、ぐったりしている場合には、熱中症が考えられます。濡れタオルを体にあてる、氷袋をタオルで包んで体にあてるなどして体温を下げながら、病院に連れて行きましょう。

息切れをして舌が紫色になっている時

息切れしていて、舌が紫色になっているようであれば、危険な状態です。その際は興奮させすぎないようにして、落ち着かせてから動物病院に連れて行きます。

猫が息切れした時考えられる病気

診察される猫

猫は普段から無理をしない生き物なので、息切れするような状態の時は病気の可能性が高いです。息切れから考えられる猫の病気は熱中症以外にもたくさんあります。

  • 猫風邪
  • 喘息
  • 鼻炎
  • フィラリア
  • 心筋症

などです。

猫風邪

猫風邪では、息切れが最も出やすい病気だと言えます。発熱や鼻水、元気がなくなるなど、人間の風邪に似た症状があらわれます。

喘息

喘息の場合には、さらに咳が出ることもあります。さらに口を開けて呼吸をすることもあります。

鼻炎

また鼻炎になった場合にも、鼻での呼吸がうまくできないために、口呼吸をすることがあります。猫が口を開けて呼吸することはめったにないため、口呼吸をして苦しそうにしていた場合には何らかの体調の異常があると考えられます。

フィラリア

フィラリアという寄生虫によって引き起こされる症状で、息切れが起こることもあります。運動するのを嫌がり、息切れを起こし、嘔吐することがあり、突然死してしまう可能性もあります。

心筋症

心筋症になると、心臓の壁が厚くなる、または薄くなることで、心臓のポンプ機能がうまくいかなくなり、血液が送れなくなります。血液が送れなくなると血液中の酸素も足りなくなるため、呼吸で酸素を取り入れようとして息が荒くなります。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は猫に多いとされ、メインクンーンやペルシャなどの猫種に多いとされます。これらの猫は少しの運動の後でも、息切れがしているといったことがあります。また、肥満している場合にも、少しの運動でも息切れがすることがあります。

呼吸器に異常がある病気

その他、感染症や、気管支炎、肺炎など、呼吸器に異常がある場合にも、息切れを起こすことが多くあります。

猫が息切れすることのまとめ

草むらで舌を出している子猫
  • 熱中症など体調不良で猫が息切れする
  • 怪我で猫が息切れする
  • 病気により猫が息切れする
  • 激しい運動をして猫が息切れする

猫が息切れしている場合、何らかの異常が起こっていることが多いと考えましょう。

猫はあまり痛みなどの症状を、人間に訴えることをしません。また、普段から息切れをする状態になることも少ないので、目に見えてわかる場合には、体調が良くないと判断しても間違いありません。

飼い主にとっては猫の息づかいは小さなことですが、猫にとってはとても苦しいものと言えるでしょう。

猫の息切れは軽く考えず、よく観察して、長く続くようであれば早めに獣医さんに診てもらってくださいね。

人気のキーワード