人間の感覚で管理すると危険かも?猫に最適な湿度と温度について

人間の感覚で管理すると危険かも?猫に最適な湿度と温度について

温度差の激しい時期、猛暑日などの室内温度は、人間の感覚で設定すると猫にとっては危険に。人間が感じる温度と猫が感じる温度は違います。温度をどちらに合わせるのが正しいのか、まずは猫の最適な湿度と温度を知っておきましょう。

2805view

猫と人間の温度の感覚

猫と人間の体温の違い

体温計を脇に挟まれる猫

日本人の体温は、36.8℃が平均的な平熱と言われており、体温変化が1℃以内でおさまるのが通常と言われています。なので、37℃を保つのが人間の体温として相応しいようです。

猫の平熱はと言うと、成猫で37.7℃~39℃ほどです。生後間もない子猫は、35℃~37℃位と少し低い事もあるそうです。人間と猫の平均体温を見比べると、猫の方がやや高くなっています。

猫と人間の温度の感覚

足先が白い猫の前足の肉球

肌や脳に感じる温度の感覚は、人間でも個人差があります。猫も同様に、個体差があり暑さや寒さに耐えられない温度も変わってくるのでしょう。

ただ猫と人間では、体温も体温調節の仕方も違うので温度の感覚には注意が必要になります。比較的、猫は暑さよりも寒さの方が苦手と言われています。しかし、暑いのを得意としているのではなく、鼻や肉球で汗を放出しながら体温を下げる行動をおこなっているのです。人間のように、暑ければ服を脱ぐと言う事はできない為、自力で体温調節をしているのでしょう。

そして、寒さが苦手な猫の場合、人間の感覚で低い温度に設定してしまうと体調を崩してしまいます。

適温の管理

少年と見つめ合う猫

猫も人間も適温で快適に過ごすには、お互いがリスクを埋めあえる環境を作らないといけません。適温になるように設定しながら、体温調節ができるようにしていきたいですね。

例えば、猛暑の時に猫の温度ばかりに意識すると、人間が熱中症になりかねません。また、梅雨の時期は湿度も高くなりやすく体感温度も上がりやすくなります。

寒いと感じて体を温める場所や、暑いと感じて体を冷やせる場所、水分補給ができる環境などに注意して環境を整えていくべきなのでしょう。

猫に最適な湿度と温度とは

最適な湿度

窓の雨を内側から眺める白い猫

猫に最適と言われる湿度は、50%~60%です。そして人間が最適と感じる湿度は45%~65%だそうです。湿度は、40%~60%を保つのがベストになるのでしょう。

湿度が高いと、体への負担になったりする事もあります。体が重くなったり、食欲がなくなったり、不快な気分にもなりやすくなります。なので、室内の湿度が60%以上を超えないように温度を調節したり、空気を入れ換えたりするようにしましょう。

最適な温度

マフラーを巻いている猫

猫に最適な温度は一般的に25℃前後です。ただし最適な温度は、年齢によっても変わってきます。子猫の場合は、29℃~32℃と高めです。まだ体温調節ができない事と、生後すぐの子猫は、母猫の体温に近い方が安心しやすいためです。

高齢猫の場合は、28℃くらいが最適な温度になります。体力と免疫力が低下して、体調管理も難しくなるので、高齢になると急激な温度の変化に上手く対応できなくなってしまうようです。このように、年齢や個体差によって最適な温度も変わってきます。

室内温度

エアコンの上に寝る猫

では室内の温度は、一体何度が良いのかと言うと夏場なら26℃~29℃、冬場なら23℃~25℃が適温の目安になります。

なので、エアコンを使用する場合は、室内の温度が適温に保てるように温度設定をしていきましょう。子猫がいるお家では、30℃前後に温度を保つのが良いのですが、子猫がいる場所だけを適温に保ってあげるのが人間のためにも良いかと思います。

まとめ

たたみの上にお腹を出して寝ている猫

猫を飼っているお家では、人間の感覚で温度を管理するのは危険と言えるようです。暑すぎて室内の温度を低くしてしまうと、猫が風邪を引いたり体調が崩れやすくなります。反対に、寒い時に温度を高くし過ぎても危険になります。

人間と猫の体感温度は、一致する事は難しいでしょう。一緒に生活して行く上で必要なのは、適温を保っていくことです。猫も自分なりに温度を調節して行きますので、温まれる場所や涼める場所を作って置けば、そこまでシビアになる必要もないと思います。ただ、猫を留守番させる場合や個体差によっては、温度管理も手を抜かずに調節するようにしましょう。