猫にとってのご馳走とは?あげると喜ぶ6つの食べ物

猫にとってのご馳走とは?あげると喜ぶ6つの食べ物

猫にとってのご馳走ってなんでしょうか?普段、食べられない食べ物を与えると喜んで食べてくれるとは言いきれません。猫の好きな食べ物を紹介してみました。

2029view

猫のご馳走とは?あげると喜ぶ食べ物

人間のご馳走と言えば、高級なお肉、普段は高くて食べられない食べ物などに喜んでしまいます。猫の場合のご馳走も、毎日は食べられない食べ物なのでしょうか?猫にあげると、脇目もふらずに食べてしまう食べ物を紹介してみましょう。

1 まぐろ

まぐろ

猫は魚が好きですね。魚の中でも、まぐろが好きな猫も多いのではないでしょうか?新鮮な刺身のまぐろもいいですが、まぐろの赤身を焼いてまぐろステーキにしてあげると喜んで食べてくれます。しかし醤油やワサビなど味付けをして与えるのはNGです。また、大量に与えすぎないように注意しましょう。

2 鶏肉

鶏肉

猫の好きなお肉は、猫の好みもあるようです。中でも、鶏肉をあげると喜んで食べる猫が多いのではないでしょうか?猫に肉を与えるなら、脂身の少ない胸肉がいいかも知れません。猫と一緒にチキングリルで楽しむのもありだと思います。鶏胸肉を香ばしく焼いてあげたら、猫も喜んで食べるようです。

3 牛そぼろ

牛そぼろ

猫のご飯に、牛そぼろをふりかけてあげるとご馳走です。いつもと違ったご飯に、猫も大喜びします。中には、食べなれない牛肉をあまり好まない猫もいます。牛肉をそぼろ状にすると、飽きていたフードもがっついて食べてくれるでしょう。しかし味付けされている物は塩分が高すぎてしまうので与えないようにしましょう。

4 猫用ケーキ

ケーキと猫

ふく / ♂ / 1歳 / スコティッシュフォールド / 4kg

猫の誕生日にケーキでお祝いする飼い主さんもいます。猫にケーキはダメですが、猫用に作られたケーキならOKです。ケーキの中身が馬肉と言うケーキもあります。猫が年に一度のご馳走と思い喜んで食べるようです。

5 チュール

ちゅーると猫

モカ / ♂ / 7歳 / 茶トラ / 6kg

猫のおやつのチュールは、ほとんどの猫が大好きで喜んで食べています。チュールはご飯を食べてくれない時フードの上にトッピングする事も出来る飼い主にとっての救世主です。しかし普段のご飯を食べてくれなくなる可能性もありますので、与えすぎないよう1日1本だけなど、量を決めて与えるようにしましょう。

6 スープ

スープ

猫にとってのご馳走は、スープ仕立てのご飯のようです。市販のフードにも、スープ仕立てやゼリー仕立てと言った商品があります。匂いをそそられるご飯は、猫にはご馳走です。猫が喜んで食べるスープは、お肉やお魚の出し汁です。手作りスープをフードに混ぜてあげると喜んで食べてくれます。

猫にとってのご馳走とは

食事中の猫

香りを感じられる物

猫がご馳走と思う食べ物の特徴としては、美味しそうな香りがする物です。猫はとても嗅覚が優れていますので、猫が好きな高タンパクなお肉の香りを強調してあげると「ご馳走だ!」「美味しそう」と感じてくれるでしょう。例えばいつものフードにお湯を入れてふやかしてあげると一層香りが立ちますので、ご馳走だと思ってくれるかもしれません。

猫の食の好みを知ろう

猫と女性

ご馳走と言っても、猫それぞれの好みがあります。飼い主さんが「ご馳走だよ」と与えても好みが違えば、猫にはご馳走になりません。猫が「これはご馳走だ」と喜んでくれる食べ物の好みを知るようにしましょう。

ひと工夫でご馳走になる

猫が喜んでくれる食べ物は、飼い主さんが少し手を加えたり、ひと工夫するとご馳走になります。フードを残しがちになっていたり、食べなくなった時にひと工夫してあげると喜んで食べるでしょう。ただし、ご飯を食べない理由で猫が喜ぶ物を与えていると、食べなければ美味しい物が出てくると思ってしまいます。やり過ぎには注意してあげないといけませんね。

特別な記念日にご馳走を

猫にも記念日や、お祝いをしてあげると思い出になります。猫も家族として、特別な日にご馳走をしてあげるのもいいと思います。猫用のケーキや猫用のチキンなどで、美味しい食べ物を食べさせてお祝いしてあげたいですね。

毎日の缶詰の音

キッチンで缶詰を開けると、猫がそわそわしますよね。「ご飯だ」「ご馳走だ」と喜んでくれます。猫にとってのご馳走は、缶詰に入ってると知っているのかも。

まとめ

ご馳走と猫

猫にとってのご馳走を紹介しました。猫が喜ぶ食べ物は、高級なフォアグラやステーキよりも、食べ慣れた食べ物なのかも知れませんね。猫に与えてみて喜んで食べてくれたら、きっとご馳走になるのでしょう。猫に、喜んで食べてもらえる食べ物を知って、調理法を変えて楽しむのもいいかも知れませんね。