猫のひげの役割って?切るのがNGな理由と抜けた時や元気のない時の対処法

猫のひげの役割って?切るのがNGな理由と抜けた時や元気のない時の対処法

猫のひげを切ってはいけないと、よく聞きますね。猫のひげは、なぜ切ってはいけないのでしょうか?猫のひげが抜けてしまった時は、どうしたらいいのでしょう? ここでは、猫のひげの役割についてまとめています。

1866view

猫のひげの役割

横向きで上を向いている猫

センサーの役割

猫のひげの根元にはたくさんの神経が通っているため、微小なひげの振動も感じることができます。猫のひげは、センサーのような役割を果たしているのです。

猫のひげは、わずかな空気の流れも感じることができるので、暗闇の中でも障害物にぶつかることなく歩くことができ、獲物のいる方向も確認することができます。そして、獲物が動いた振動も見逃さず、素早く捉えられるのです。

獲物が生きているか死んでいるかも、ひげで触れることで判断できるそうですよ。ですから、猫のひげを切ると、これらのことができなくなり、猫が思うように動き回ることができません。

平衡感覚を保つ役割

猫のひげには平衡感覚を保つという大切な役目もあります。ひげを切ってしまうと、うまくジャンプができなかったり、高い所から落ちてしまったりして危険です。ひげを切られることで、元気がなくなったり、うつ状態になってしまうこともあります。

目を守る枠割

わずかな振動も感じることができる猫のひげは、目を守る役割も持っています。障害物やゴミなどがひげに当たると危険を察知して目を閉じることができるのです。ですから、ひげを切っていしまうと、猫は顔や目にケガをしやすくなってしまいます。

通れるか判断する役割

猫の顏の周りに円を描くように生えているひげは、狭い隙間を通ることができるか判断することができます。猫は、ひげをいっぱいに広げて、ひげが周囲に当たらなければ、そこを通り抜けることができると判断しているのです。

狭い場所を通り抜ける習性のある猫にとって、そこが通れるか判断するのはとても大切なこと。ひげを切ってしまうとその確認ができなくなり、狭い所に挟まって出られなくなってしまう危険性があります。

気分を表す役割

ひげは、猫の気分を表すものでもあります。特に上唇毛と呼ばれる、顏の中のひげでも一番立派な口の上のひげは、猫の感情をよく表しています。

たとえば、ひげが上向きなら満足していて機嫌が良い、ひげが下に垂れていたら、リラックスしているという具合です。ひげが前向きなら、興奮していたり、警戒しています。ひげが頬にくっつくように後ろに引かれていたら、恐怖を覚えている時です。

猫のひげの生え変わり

猫の口元のアップ

抜け落ちた猫のひげを見つけてびっくりしたことはありませんか。自然に抜けた猫のひげは、生理現象なので心配のないものです。猫のひげは、古くなると抜け、新しいひげが生えてきます。その周期は半年に1回程度で、成長期の若い猫の方が抜けやすいです。

猫のひげは生え変わりますが、長いひげがいっぺんに抜けてしまうことはありません。そのため、残っているひげと、新しく生えてきた短いひげが、それまでと同じようにひげの大切な役割を果たすことができるのです。

根元から抜けるのではなく、ひげが途中から切れることがありますが、猫のひげは切れやすく、他の猫のグルーミングによってひげが切れることもあります。また、高齢猫でもひげは抜けたり切れたりしやすくなりますので、若い猫と比べてひげが少なくなります。

猫のひげから分かる健康チェック

のびをするカールしたひげの子猫

ハリや元気がない場合

猫のひげにハリや元気がないように見える時、これはひげを使っていないからです。センサーをオフにしているということですね。つまり、リラックスしている状態といえます。

寝ている時などは、猫のひげはハリがなく、元気がないように見えるものです。起きていて元気なのにひげが下がっているような時は、猫が暇を感じていることも。ぜひ一緒に遊んであげて下さいね。

色が変わった場合

猫のひげの色が変わった時は、加齢が考えられます。人間も年を取ると白髪になりますが、それと同じように猫も色素の量の変化によって、ひげの色が変わることがあるのです。

猫のひげは白が多いですが、加齢によって一部が黒くなったりします。加齢以外にも、栄養不足やストレスなどの要因でひげの色が変化することも。特に成長期の猫と高齢猫では、ひげの色が変化しやすいです。

ちぢれている場合

冬になると、猫のひげがちぢれているのを見ることがありませんか。それは、病気などではなく、外的要因が考えられます。ストーブやコタツなど、暖房器具が原因で猫のひげがちぢれてしまったのです。センサーの役割を持つ猫のひげも、温度変化は感知することができません。

そのため、猫がガスコンロの火に近づいてひげが縮れてしまうことも。暖房器具やガスコンロを使っている時は、猫がやけどをしないように注意しましょう。

カールしたり曲がっている場合

猫のひげがカールしたり、曲がっている場合は、猫が狭い隙間に顔を突っ込んだからかも知れません。狭い隙間に顔を入れたらひげが引っかかってしまい、無理に顔を出そうとした時にひげが曲がることがあります。

また、寝ぐせでひげがカールしてしまうこともあるようですよ。もともと被毛がカールしている猫種によっては、ひげもカールしていることがあります。

量が普段より多いまたは少ない場合

猫のひげがいつもより多く見える時は、興奮している状態なのかも知れません。猫は興奮したり警戒している時、野生の猫では狩りをする時がそうなのですが、ひげが大きく前に広がり、ひげが多くなったように見えることがあります。

逆に、ひげの間隔が狭く、頬に張りつくようになっている時は、いつもより少なく見えます。このような時は、怖がっている状態で、威嚇している時もひげが頬にくっつくように後ろに引かれています。

餌を食べる時も、同じようなひげの形になりますが、これは大事なひげが汚れないよう、ひげをしまっている状態です。

猫のひげの本数が少なくなってしまった場合は、ストレスを抱えていることが考えられます。環境の変化や、新しく猫や他の動物を飼った時など、猫はストレスを抱えてひげが抜けてしまうことがあります。

全て抜け落ちた場合

猫のひげは自然に抜け落ちるものですが、いっぺんに抜け落ちてしまうわけではありません。猫のひげが全て抜けてしまうような時は病気の可能性があります。顎ニキビで猫のひげが抜けることがあるのですが、顎ニキビを発症するということは、免疫力が低下していることも考えられます。

免疫力を低下させるような白血病が隠れていることも考えられますので、注意が必要です。猫のひげが極端に抜けるような場合は、獣医さんに診てもらいましょう。

猫のヒゲチェックの時に合わせて確認して!顎ニキビ

猫の顎のアップ

猫の顎のひげの根元に黒いプツプツができていたら、顎ニキビです。ストレスや汚れ、ニキビダニが原因でできるもので、珍しいものではなく、軽度なら自宅でケアできます。

ただ、他の病気が原因で免疫力が落ちたり、ホルモンバランスが崩れることで、顎ニキビができ、猫のひげが抜けてしまうこともあります。時々、猫のひげをチェックし、その際には顎ニキビができていないかどうかも確認しましょう。

顎ニキビについて、詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

猫のひげは幸運のお守り!

お守り袋

欧米では、猫のひげは幸運のお守りといわれています。特に恋のお守りとして使われているのだとか。欧米では、黒猫が幸運の象徴とされていたり、猫がくしゃみをすると幸運が訪れるといわれるなど、猫はもともと幸運のシンボルでした。

日本では、猫のひげをお財布に入れると金運アップのお守りになるといわれています。肌身離さず持ち歩くなら、お守り袋に入れるのもいいでしょう。

猫のひげを保管する桐製専用ケースも販売されているんですよ。ちなみに、猫の毛をボールにして保管する毛玉ケースもあります。人間の赤ちゃんのへその緒や、子どもの乳歯を保管しておくような感覚でしょうか。大好きな愛猫なら、ひげや毛玉でも大切に保管しておきたくなりますね。

ビーグラッドストア 猫専用桐製猫のひげケース スタンダード
1,580円(税込)

商品情報
・猫のヒゲ集め専用のケース

幸運を呼ぶといわれるのは、あくまでも自然に抜け落ちた猫のひげです。間違っても、生えている猫のひげを切らないで下さいね。

まとめ

猫の顏のアップ

センサーの役割をはたす猫のひげは、猫が生きていく上でなくてはならないものです。猫のひげは、決して切ってはいけません。それほど大事な猫のひげが抜けているのを発見したら、慌ててしまいますよね。

でも大丈夫。猫のひげは、自然に抜けて生え変わるのです。極端にひげの数が減ったり、全て抜けてしまう以外は心配いりません。

猫のひげは、幸運のお守りといわれます。お財布やお守り袋に入れて持ち歩くのもよし、専用のケースに入れて保管しておくのもよし。大切な猫ちゃんのものなら、その一部であるひげまで愛おしくなっちゃいますね。

30代 女性 ひなた

猫ちゃんのひげは、とても大切だそうですね!
ひげはバランスをとったり体調のバロメーターともいいます。我が家の猫ちゃんのひげはたまにくしゃくしゃだったりしますので、お湯で拭いてあげるときがあります。また、シャッキリします。拭くときには、髭が抜けないようにさらっと口の回りを拭う程度にしておきます。
むやみに、ひげを切ったりしてはいけませんね。神経は通っていませんが、大切な体の一部なので大切に扱ってあげましょう。
よく、猫ちゃんがひげを大切そうにグルーミングしているのを見かけますがあの姿をみると幸せな気持ちになります!

スポンサーリンク