猫はベッドとハンモックどっちが好き?双方のメリットとは?

猫はベッドとハンモックどっちが好き?双方のメリットとは?

あなたの愛猫はベッドとハンモックどちら派ですか?ベッドもハンモックもどちらもメリットがあります。そして、猫にも好みがあるでしょう。どうせなら、お気に入りの場所で寝てもらいたいですよね。猫はどちらが好きなのか、双方のメリットから検証していきましょう。

1747view

ベッドとハンモックの4つのメリット

1.猫は安心して眠れる

猫にとって眠るということは、安全な場所を確保した上で、ゆっくり休息できるかが重要になります。ベッドにしてもハンモックにしても、形や素材は豊富にあります。猫が気に入れば、どちらでも安心できていると考えられます。

2.囲まれたスペース

猫用ベッドで眠る子猫

ベッドのメリットとして、好きな場所に移動できる、薄暗いから落ち着く、ふわふわの毛布が寝心地よい、寒さを凌げる、1人だけの空間などの良さがあります。ベッドを睡眠として利用する反面、居心地の良さや安らぎをそこに求めているのです。

3.開放感が猫に安心できる

ハンモックの上でくつろぐ猫

ハンモックのメリットとして、高い場所での睡眠、体を包み込んでくれる、日が当たり気持ち良い、周りが見渡せる開放感などの良さがあります。

ハンモックもベッドと同様に、猫が安心できるパーソナルスペースになります。ベッドと比べたら開放感があり、それが安心できる猫もいるのでしょう。

4.猫一人の時間がもてる

心と体を休めるのも睡眠は欠かせませんよね。猫も飼い主さんも、プライバシーは必要なのかもしれません。疲れたときなど、誰にも邪魔されずにゆっくり寝たいと思います。猫もきっと同じ気持ちがあるでしょう。

あまり睡眠がとれていなかったり、不安になったり、睡眠を邪魔されたりすると、一人の時間が欲しいと思います。暗く囲まれたスペースや、陽の当たる高いスペースは、猫がリラックスできるスペースになると言えるでしょう。

ベッドとハンモックどちらが好み?

猫用ハウスでくつろぐ猫

猫はどちらも好き

ベッドとハンモックのメリットから見ると、どちらも猫が好きなスペースになると思います。猫はひとつの寝床だけというよりは、何か所も寝床がある方が落ち着けるようです。

気分によってベッドで寝たり、ハンモックで揺られたりしたいのでしょう。昼間はここ、夜はここと言うふうにわけていたりすることもあります。どちらにしても、猫はそこに安心ができれば好んで寝るでしょう。

猫の性格

ハンモックは、お一人様専用が多いかもしれません。猫が1匹のお家だと、ハンモックで寝たいときは自由に寝られます。しかも、ハンモックのフィット感が守られている気分で安心できるようです。

多頭飼いのお家では、ハンモックの取り合いになることもあるでしょう。いつも寄り添って寝ている猫は、ハンモックよりも大きなベッドで寝たがる場合もあります。

一人が好きな猫は、ハンモックがお気に入りになるかもしれませんが、寂しがり屋の猫はベッドが好きなのかもしれませんね。

危険を感じたら寝床が変わる

もしも、どちらかで危険な経験をしたら離れてしまいます。例えばハンモックなら、壊れて落ちてしまった、寝相が悪くて落下した、などの危険を感じたら怖くなってしまいます。ベッドで寝ない原因には、気に入らない場所、匂いがついているなどで避けてしまいます。

また、狭いスペースでケンカになることもあります。私の家の猫も、かまくらベッドに2匹が入り、場所の取り合いになることがあります。ベッドでも必ず仲良く寝てくれるとは限りませんね。

まとめ

リビングに置かれたハンモックに乗る猫

猫はベッドとハンモックのどちらが好き?についてメリットなどを紹介してみました。結論どちらが好きなのかは、猫の好みや気分によると思います。私的には、どちらも猫が好きなスペースと思っています。

用意しても使用せずに放置されたままになることもあるし、忘れた頃に使用しているケースもあります。飼い主さんが望むようにいかない方が多いかもしれません。両方を用意してみて、猫の好きな方で寝てもらうのが一番良さそうですね。

寝相の悪い猫には、低めのベッド型ハンモックはいかがでしょう?多頭飼いのお家は、取り合いにならないように多く置いてあげるといいですね。猫のそのときの気分で寝床が選べるのは、猫にとっても最高になると思います。