猫が飼い主の顔の上に乗るのはなぜ?6つの気持ち

猫が飼い主の顔の上に乗るのはなぜ?6つの気持ち

猫に顔の上に乗られて、困っている飼い主の方は、いらっしゃいませんか?苦しいし重いし暑いし、さすがに顔の上はヤメて欲しい…と思いますよね?猫には猫なりの理由があるようなのですが、どういう気持ちで顔の上に、乗って来るのでしょう?その謎、解消して行きましょう。

2319view

どうして猫が飼い主の顔の上に乗るのか?

猫の顔を触っている飼い主

猫がわざわざ飼い主の顔の上に乗るのは、こんな気持ちからのようです。

1.起きて!

目覚まし時計と寝転んだ子猫

お腹空いた、構ってなどの要求があって、わざと顔の上に乗って起こそうとする場合があります。飼い主の息が苦しくなって思わず起きてしまうのを、きちんと分かっているのでしょう。確信犯です。

または猫の毛のもふもふが、何とも言えないこそばゆさをもたらしてくることが、分かっているのかもしれません。猫に顔の上にどっかと乗られて、そのままでいられる飼い主は少ないでしょう。きっと何かしらの反応はしてしまうはずです。

それでも起きない場合は、手でペシペシや高所からダイブなど、ありとあらゆる手を使ってくるでしょう。早めに起きておく方が身のためかもしれません。

2.たまたま座っちゃった

座ってこちらを見つめる猫

あまり意識してなかったけど、たまたま座った場所が飼い主の顔の上だった、ということも考えられなくはありません。飼い主が布団を頭から被っていた場合など、顔の上だと気がつかずに、腰を下ろしてしまうかも?これは飼い主にとってはかなり苦しい展開となりますので、早急に空気の出入口を確保しましょう。猫が乗って窒息とか、笑えないですから。

3.あんし〜ん

目を閉じてくつろぐグレーの猫

「飼い主にくっついていると、にゃんだか安心!」と感じる猫は、多いようです。特に飼い主を母猫代わりだと思っている場合、何かに付けては飼い主に身を寄せてきます。

顔の上や近くで寝る猫は、かなり飼い主に対しての依存度が高く、子猫のような性格の猫だと言います。「ママ代わりの飼い主の側にいて、守ってもらえる」と思っているのでしょう。

こんなふうに思われたら、たとえ猫が顔の上に乗っていようが、敵襲が来たら猫を守るのが、飼い主の務めでしょう。前が見えないと思いますが、心の目で見て猫を守り通してください。

4.甘えている

ハートのクッションを抱える子猫

「大好きだにゃ」と飼い主に甘えているので、顔の上に乗ると言われています。

飼い主が苦しい思いをしていることはつゆ知らず、自分の気持ちを全力で表してくる猫が可愛いです。多分人間がやったらかなりうざがられるシーンですが、猫ってお得です!

さて、猫の溢れんばかりの気持ちに応えるべく、じっと我慢するのが良いのでしょうか?悩むところです。

5.飼い主の寝返り攻撃を避けてる

うつ伏せで眠る女性の背中に乗る子猫

飼い主と一緒に寝たいけど寝返りに巻き込まれるのは嫌にゃ!と思って、わざと顔の上に乗ることもあるようです。

顔の上であればそこまで、寝返りの影響は受けない、という猫なりに考えた結果です。猫も快適に過ごすため、頭を使ってます。

6.どうせ怒られにゃい

ベッドで横になる女性と青い瞳の猫

顔の上だろうが何だろうが、この飼い主は乗っても怒らにゃい、とタカをくくられている可能性も。何をしても可愛い猫ですから、たとえそれが飼い主にとって多少の苦痛を伴うことでも、怒れないケースは多いでしょう。

それを逆手にとってドカンと顔に乗ってくる、ということはあり得ます。顔の上ってそんなに快適空間なのでしょうかね?ボコボコして、座りにくそうですけど…。

まとめ

男性の顔によじ登る子猫

ここで挙げたことは全て、推測です。猫の本当の気持ちは、猫に聞いてみないと分からないからです。とはいえ、あながち間違えてもいないと筆者は思います。

いずれにせよ猫が飼い主に心を開いていて、安心できる相手だから顔に乗る、という事実は間違いありません。警戒している相手だったら側に寄ること自体がないからです。

ですから、もし猫が顔に乗ってきたらそれは信頼の証と思って良いでしょう。ちょっと困った、猫の愛情表現なのです!