猫がネギを食べると中毒を起こす理由

猫がネギを食べると中毒を起こす理由

概要

  • ネギに含まれる有機チオ硫酸化合物が猫の赤血球に影響を与え、溶血性貧血を引き起こす
  • 猫はネギの匂いが嫌いで自ら進んで食べることはない
  • 猫がネギを食べてしまった場合はすぐに病院へ

猫は肉食ですが野菜を与えると体に良い、という話もあります。では、炒めたり煮たりすると甘くて美味しいネギ類はどうでしょうか?じつはネギは猫にとって「大変危険な食べ物」なんです。今回はそんな、ネギ類を猫に与えた場合どのような事が起こるのか?気になるトコロをみていきましょう!!

5665view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫がネギを食べると中毒になるのはなぜ?

ネギ

ネギに含まれる成分が猫の赤血球に影響を与えるから

タマネギや長ネギなど、ネギ類を猫に与える事は厳禁とされています。ネギ類に含まれている

「有機チオ硫酸化合物」

という成分が原因となり、中毒を起こしてしまうからです。この成分は猫の赤血球に影響を与え、「溶血性貧血」を引き起こします。

調理をしたネギなら猫に与えても大丈夫?

長い間、タマネギ中毒の原因となる成分は「アリルピルジスルファイド」とされてきましたが、これは間違えだったようです。似たような成分のジプロピルジスルファイドで犬に貧血が起きた事から、アリルピルジスルファイドが原因物質だ、という定説が出来てしまったとの事です。ジプロピルジスルファイドは、タマネギの主な匂い成分です。あの強い匂いは、この成分が原因だったのですね!!

実際は、タマネギにはアリル系の物質はほとんど含まれていません。そして、匂い成分であるジプロピルジスルファイドは揮発性成分なので、調理をすると濃度が下がるのです。

調理後のタマネギが入ったご飯でも中毒が起きますから、タマネギ中毒を起こす犯人はアリルピルジスルファイドでも、ジプロピルジスルファイドでもないという事が分かります。

猫はネギの匂いが嫌い!

基本的に猫はネギの匂いが嫌いなので、自ら進んでネギ類を口にする事はないでしょう。ですから、中毒になった例もほとんどないようです。ただ、何かに少量混ざっていたり、ネギ類を煮た煮汁を飲んだりした場合は、気がつかない事もあるかもしれません。

普通のキャットフードを与えていればまず心配はありませんが、手作りご飯やトッピングをする時には充分に注意しましょう。また、ネギ類が入った食べ物を留守中などに食べてしまわないよう、しっかりと仕舞っておきましょう。

鰹節やチキンなど、猫の大好物とネギ類が混ざっている場合は危険かもしれません。隠れてつまみ食いをしないよう、どうか愛猫の手の届かない場所へ。

猫がネギ中毒で貧血になった時の症状

赤血球

猫がネギを食べると溶血性貧血を起こす

  • 猫がネギを食べると食欲不振になる
  • 猫がネギを食べると元気がなくなる
  • 猫がネギを食べると尿の色が赤くなる

俗に言うタマネギ中毒は、

「溶血性貧血」

という病気の事を言います。

溶血性貧血は、食欲不振や元気がなくなる、尿の色が赤くなるなどの症状が出ます。

ネギ類に含まれる有機チオ硫酸化合物が、赤血球と赤血球の膜に影響を及ぼします。赤血球の形を変えてしまうので、体内で変形した赤血球が駆逐され、結果として赤血球が減り、貧血となるのです。

猫がネギを食べてしまった時の対処法

万が一ネギ類を愛猫が食べてしまった場合には、急いで病院に連れていきましょう。溶血性貧血は、最悪の場合死亡してしまう病気ですので、処置が早ければ早いほど、命が助かる可能性があります。

ネギ類を食べてからの時間が短ければ催吐処置を行ない、胃の内容物を吐かせます。食べてから時間が経っている場合には、輸液やビタミンEやCを抗酸化剤として与えます。

猫にネギ類の「ニンニク」を与えるのはいい?

ニンニク

猫にニンニクはあげないほうがいい

ニンニクもネギ類なので、与えてはいけない事になるのですが、少量ならば代謝を上げてくれるので体に良い、との意見もあります。実際に猫に与えている人もいるようです。ただ、どの位の量で中毒が起きるかははっきりしておらず、愛猫に与えるのには不安を感じますね。

ニンニクが絶対猫には必要、と言う訳ではありませんので、なるべくなら避けた方が無難ではないでしょうか。何か起きてからでは、遅いですから・・・。

まとめ

ニンニク

ネギ類を始め、人間には美味しい食べ物でも、猫には毒となってしまう食材は沢山あります。可愛い愛猫にせがまれたら、ついつい人間の食べ物を与えたくなりますが、避けなければいけません。どこにネギ類のように中毒を起こす食べ物が入っているか分からないからです。

もちろんこの記事を読んでいる方は大丈夫だと思いますが、愛猫の健康を守れるのは飼い主しかいない、という事をキモに命じ、過ごしたいですね。

40代 女性 匿名

ネギは中毒を起こすので、絶対食べさせないように!!というのは、猫好きの人ならほぼみんな知るようになってきたと思います。
ただ、なぜダメなのかと聞かれれば、「なんか中毒起こすらしいよ」としか説明できないと思います。ここまで詳しく書いてくださって、改めて勉強させられました。(ただ、専門用語はなかなか覚えにくいので、うっかり者の私はまた忘れそうですが…)
愛猫がネギを食べてしまって体調崩してしまうのは、絶対避けたいところですよね!
怖いなーと思ったのは、場合によっては死に至ってしまうということ、またネギそのものに限らず、ネギの煮汁などでも中毒症状を起こしてしまうかもしれないという点です。
わが家の愛猫は、とっても食いしん坊。パックしてあるものでも、うっかりすると盗み食いしようとします。運良くと言っていいのか、これまでどれも未遂に終わっていますが、思い返すとその中にはネギ類が入っていたかもしれません。
これまで以上に注意して、愛猫が万が一にもネギを口にすることがないよう、徹底していかないといけないと改めて感じました。

女性 ケロキ

ネギ類を猫に与えてはいけないというのは知っている人が多いと思いますが、料理の中に入っている場合は猫が食べてしまう可能性がありますよね。目を離したすきに人間の食べ物を食べてしまったり、生ごみに興味を持ったりして口にすることがあるかもしれません。我が家の猫は目を離したすきに生ごみにあった火の通った玉ねぎを食べていたことがあります。別の手術をしたときに胃から出てきたと獣医さんに教えてもらいました。少量だったので問題ないと言われ安心しましたが、ショックでしたね。食事量の見直しや、キッチンに侵入できないようにと対策をしましたが、問題が起こる前の対策が不十分で反省しました。命に関わることなので、気を付けないといけませんね。

30代 男性 jyun

猫の「玉ねぎ中毒」コワイですよね。玉ねぎ中毒は貧血や黄疸、呼吸障害や歩行困難等を引き起こす事もあり命に関わる程の中毒症状です。摂取後すぐに気付く事ができれば、動物病院で催吐処置をしてもらう事もできますが、実際には嘔吐下痢等、何らかの症状が出始めてから気付く事が多いようです。その場合は、ステロイド剤や抗酸化剤を使用して赤血球の破壊を食い止める事が優先されます。輸血が必要になる程に貧血が重度な場合は状態はかなり深刻です。

玉ねぎ中毒の症状は、大量摂取した場合でも約1日程度、通常で4日程掛かるとされています。その為猫がネギ等を食べてしまったけど、症状が出ていないから大丈夫だと安心してしまう飼い主さんも多いようですね。たとえ食べてしまったネギが少量であっても、必ず動物病院へ行きましょう。少しだからといって油断すると、命に関わる事態を引き起こす可能性があります。

記事にあったニンニクについてですが、そもそも猫にニンニクを与える必要はありません。高栄養価なキャットフードや、栄養素を補助するサプリメント等もたくさん販売されていますし、わざわざ安全性の不確かな人間の食べ物を与えるメリットはゼロです。ネット上の不確かな情報で愛猫を危険に晒しては本末転倒です!どうしても猫にニンニクを与えたいのであれば、猫用のガーリックイーストサプリメント等を利用しましょう!

40代 女性 まる

猫ちゃんにネギを与えてはいけないことは、獣医さんに教えていただきました。
それは、ある日の夜中のこと、父が夜中にお腹がすいたからとラーメンを作っていまして最後に問題のネギをトッピングとして、のせて食べ始めたのです。かなりのネギの量だったのでネギのエキスが溶けだしスープにまで混ざってしまっていたようです。父は知らずにいつもの猫ちゃんに与えました。しばらくして猫ちゃんは、嘔吐をしました。わたしはそれを知ってネギで中毒を起こしたとわかり獣医さんに連絡してすぐに、診ていただきました。点滴をしていただき1泊入院して退院する時には元気になっていました。食べさせてはいけないものの中で一番怖いのは中毒を起こしたりショックを起こしたりすることです。与えるときには慎重にならないといけませんね。 
人気のキーワード