猫に手作りのご飯は必要?食べてくれない時にできるチョイ足しメニュー

猫に手作りのご飯は必要?食べてくれない時にできるチョイ足しメニュー

猫には愛情のある手作りご飯を食べさせたいですよね。しかしもし手作りご飯を食べさせるのであれば気をつけることもたくさんあります。今回は手作りご飯の必要性や気をつけること、食べてくれない時にできるチョイ足しメニューについてご紹介させていただきます。

1570view

猫に手作りのご飯は必要?

ハートのお皿に入った様々な食材

健康な猫に手作りのご飯を食べさせることは、賛否両論ありますが実際のところ必要性はありません。

なぜなら、キャットフードにきちんと栄養素が含まれているからです。

確かに手作りをすれば、キャットフードに含まれている不必要なアレルゲンなどを除いて料理をしてあげられることや、愛情として猫に振る舞ってあげられるなどのメリットはあります。

しかし、栄養バランスが偏ってしまったり、必要なビタミンが不足してしまったりすることもあります。

猫の体重や年齢、代謝など全てを踏まえて計算をして手作りをするのは、簡単なことではないでしょう。

ですから、気づかないうちに猫の体調を悪くしてしまうことを思えば、必ず必要だとは言えません。

猫に手作りご飯をあげるときの注意点

ご飯を食べているキジトラの子猫

猫に手作りのご飯をあげるときには、栄養バランスだけでなく様々なことに気をつける必要があります。

猫は中毒症状になる食べ物がある

猫は最悪の場合、中毒によって死に至ってしまうような危険な食材があります。

例えばネギや玉ねぎ、チョコなどの甘いもの、キシリトールなどがあげられます。

人と同じ感覚で作って食べさせてしまうと嘔吐や下痢、呼吸困難や痙攣などの重篤な症状が出ることもあるので、食材として取り入れてしまわないように注意が必要です。

食材によっては噛み砕けない

人間が美味しく食べたり、食感を楽しめたりするものでも、猫はうまく噛み砕けないなどして怪我をしてしまうこともあります。

例えば、鶏肉の骨であればきちんと取り除かなければ喉を詰まらせたり、猫の臓器に骨が刺さったりしてしまうこともあります。

調理法には気をつけて

猫の料理をするときには、基本的には生物は控えましょう。生の状態で大丈夫なものでも、時間が経てば不衛生ですし、菌が繁殖しやすくなります。

猫の体調を考慮すると、必ず茹でたり焼いたりするなどして熱処理が必要です。

味付け

猫には基本的に香辛料などの味付けは不要です。

塩や醤油、味噌などを使ってしまうと「塩分の過剰摂取」によって命に関わります。砂糖なども同様に体に良くないので、使わないようにしなくてはいけません。

手作りをしたいのであれば最低限だけ

手作りをすると、先ほどご紹介したように栄養バランスが偏ったり、体調を崩したりしてしまうこともあります。

栄養バランスを計算することは簡単ではないので、ふだんはキャットフードを与えるようにしてください。

どうしても手作りのご飯を食べさせてあげたいのであれば、週1回程度にしましょう。

もし栄養バランスが偏ってしまったとしても、1回くらいであれば健康面に影響はないでしょう。

食べないときには絶対ムリをさせず、様子を見るようにしてください。

手作りご飯はとにかく難しい

猫に必要な栄養素は詳しく解明されていないので、手作りでご飯を食べさせることは難しいです。手作りで与える場合には、細心の注意を払いながら作るようにしてください。

食べてくれないときにできるチョイ足しメニュー

食卓に座って食事をする猫

猫が手作りのご飯を食べてくれないと、改めて自分で残ったのをどうやってリメイクしようか悩んでしまいますよね。

猫用として作ったものを人間用として再び食べるのは、何だか質素な感じもしますが、少し手を加えれば美味しくリメイクすることができます。

その方法についてご紹介させていただきます。

ササミのとろみ仕立て

鶏肉はタンパク質が豊富なので、ササミの茹で汁に片栗粉でとろみをつけ、ほぐしたササミと一緒に手作りをしてあげることもあるかもしれません。

しかし、この料理を食べてくれないと食材が余ってもったい無いですよね。

このササミは、人参やネギを入れて煮込み「おじや」として人間用にリメイクすることかできます。ご飯を入れて簡単に作り直すことができますので、人間が改めて美味しく食べることができますよ。

鶏肉ほぐし

鶏肉を茹でて、スプーンで割くようにほぐしただけの簡単な料理です。こちらも食べてくれないときには、簡単にリメイクすることができます。

例えば、玉ねぎとコーンと一緒に炒めライスとケチャップを足せば、「オムライス風」として人間がペロリと食べられます。

牛肉とさつまいもの和物

牛肉はビタミン豊富、さつまいもは食物繊維が豊富なので、猫の健康には良さそうな食材です。

これらの食材が余ってしまったときには、お湯に入れてコンソメなどを入れれば、人間用のスープとしてリメイクすることかできます。

シンプルに炒めなおして、タレで食べても美味しそうですね。

まとめ

銀の器でご飯を食べている猫

猫に手作りのご飯をあげることは「猫に必要な栄養素が詳しく解明されていないために」リスクも伴いますので、賛否両論ありますが猫の健康面を考えると、あまり手作りはおすすめできません。

もし、作ってみたい場合は獣医師に相談しながら食材に十分注意し、週1回だけ少量与えてみるようにしてみてください。