猫はなぜまたたびに反応する?メロメロにする成分や与え方、注意点まで

猫はなぜまたたびに反応する?メロメロにする成分や与え方、注意点まで

猫にまたたびを与えるとなぜメロメロになるのか。その理由やメロメロにさせる成分について、この記事で詳しく解説していきます。また、なぜ猫にまたたびを与える際に注意が必要なのか、どのような与え方をすれば良いかについても記載していますので、猫にまたたびを与える際の参考にして頂けると嬉しいです。

2191view

猫はなぜまたたびが好き?

またたびに夢中の黒猫

猫はまたたびが大好きな生き物です。またたびの匂いを嗅がせたり、軽くペロンと舐めさせてあげたりするだけでメロメロな状態になります。床に転がってゴロンゴロンと甘えるような行動をとったり、またたびを催促するような行動をとったりする猫もいるほどなのです。

大好物やとても効果的という意味が込められている「猫にまたたび、お女郎に小判」ということわざも存在するくらい、猫はまたたびが大好きな生き物といえるでしょう。

ところで、なぜ猫はこんなにもまたたびが大好きなのか、気になりませんか。実はまたたびには、猫を興奮状態にさせる成分が含まれているのです。そのため、普段は見せないようなメロメロな行動を見せるといわれています。

気分がよくなるから

猫がまたたびでメロメロになる状態は、人間でいう”酔っぱらっている状態”にかなり近いです。またたびを摂取することによって気持ち良い気分になれるから、猫はまたたびが好きなのでしょう。

ただし、中にはまたたびに全く興味を示さない猫や、またたびを摂取してメロメロになるどころか、怒りっぽくなる猫もいます。全ての猫がまたたびによってメロメロになるとは限らないのです。なので、愛猫がまたたびによってメロメロにならなくても「なぜ…?」「うちの猫が変なのかな?」と心配する必要はありません。

猫はなぜまたたびが好きなのか?含まれる成分

マタタビの葉

なぜ猫はまたたびが好きなのでしょう?またたびに含まれる成分は、β-フェニルエチルアルコールやマタタビラクトン、アクチニジンといった成分が含まれています。これらの成分によって猫はメロメロになるのです。猫にまたたびを摂取させる場合は、これらの成分が含まれていることを念頭に置いた上で与えましょう。

β-フェニルエチルアルコール

β-フェニルエチルアルコールは、芳香剤などにも使用されている成分で、バラの香り成分として含まれていることがあります。またたびを摂取した猫が、メロメロになってよだれを垂らしているのを見たことはないでしょうか。なぜ、このような状態になるのかというと、β-フェニルエチルアルコールによだれを出すように促す効果が含まれているからなのです。

マタタビラクトン、アクチニジン

マタタビラクトンやアクチニジンは、猫を興奮状態にさせる成分です。これらの成分を猫が摂取すると中枢神経が麻痺し、快楽気分を味わうことができます。人間がアルコールに酔うのと、どうやら似ている部分があるようですね。またたびを摂取することによって、なぜか酔っぱらったような行動を見せる猫。その理由は、この2つの成分が深く関わっているといえるでしょう。

猫にまたたびを与える方法

またたび付きのおもちゃで遊ぶ猫

猫用のまたたびを与える

猫にまたたびを与える場合、ペットショップなどで販売されている、またたびの商品を購入して与えましょう。どの商品にも、かならず猫に与えるべき量が記載されているので、その量を超えないようにしてください。なぜかという理由については後述しますが、またたびの過剰摂取は猫にとって非常に危険なので、できるだけ少量にとどめておくのが大きなポイントです。

またたびの種類

また、またたびと一口にいっても、商品によってその形状は様々です。粉末状になっているもの、液体状になっているもの、猫用おやつに練り込んであるものなど、数多くの種類が出ています。

粉末状のものは、猫用爪とぎに混ぜるといった与え方が一般的です。また、飼い主さんによってはフードに混ぜることもあるようですね。

液体状のものは、猫用おもちゃなどに吹き付けて与えるといったことができます。そして、またたび入りの猫用おやつは、普通の猫用おやつの与え方と同じで、ご褒美やしつけの時などに与えやすいといった特徴を持っています。このように、形状によって与え方が微妙に異なるということも覚えておくと便利ですよ。

猫にまたたびを与える時の注意点

真上を見つめる猫

またたびが大好物な猫ですが、実は与える際にはいくつか気をつけなければいけないことがあります。
なぜかというと、またたびは普通の猫用のごはんやおやつと違い、与え方を誤ったら取り返しのつかない状態になる可能性もあるからです。以下の注意点を必ず守った上で、猫にまたたびを与えるようにしましょう。

またたびの与えすぎに要注意

猫がまたたびを過剰摂取してしまうと、最悪の場合、死に至ることがあります。なぜかというと、またたびに含まれているマタタビラクトンやアクチニジンなどの過剰摂取をすると、呼吸困難や下痢、嘔吐といった深刻な症状をもたらすからです。猫がまたたびで喜んでくれるからといって大量に与えてしまうのは、非常に危険なのでやめてください。

子猫や妊娠中の猫にはまたたびを与えない

子猫や妊娠中の猫にまたたびを与えても、メロメロな状態にはなりません。なぜなら、またたびが猫に与える興奮は、性的な興奮だといわれているからです。まだからだが成猫になりきっていない子猫や、性的興奮が必要ない妊娠中の猫には、またたびを与えても意味がないということを覚えておきましょう。

またたびの保管場所にも気をつける

またたびを保管する時は、絶対に猫の手が届かない場所に置いておきましょう。なぜなら、またたび欲しさに、猫が勝手にまたたびを探し出して摂取してしまう恐れがあるからです。猫が絶対に開けられない容器や、絶対に攻略できない戸棚の中などに保管しておくことを強くおすすめします。

まとめ

またたびの白い葉っぱ

猫がなぜまたたびに強く反応するのか、お分かり頂けたでしょうか。またたびには強力な興奮作用がありますが、与えすぎると猫のからだを苦しめることになります。なので、猫にまたたびを与える場合は、くれぐれも与えすぎに注意してください。

またたびの摂取量に気をつければ、コミュニケーションツールや食欲増進のアイテムとして活用できるので、賢く利用するのがおすすめです。