お魚が好きなのは日本だけ!?世界で違う猫の食べ物

お魚が好きなのは日本だけ!?世界で違う猫の食べ物

猫と言えばお魚!これはもはや常識です。市販されているキャットフードは魚味がほとんどですよね。うちの猫には刺身もあげるよ。といった声もよく聞きます。しかし実は、これが常識なのは日本だけだと知っていますか?

1865view

アメリカの猫は何が好き?

猫とお菓子

アメリカの猫は生クリームがお好き

生クリームは乳製品ですからね、猫が好むのも納得です。言われてみれば、アメリカの映画等では「ほーらマイケルミルクだよ。」といった、乳製品を与えるシーンが多いですね。

しかし生クリームは高カロリー。アメリカでは人間と同じく肥満や糖尿病の猫も多い傾向にあります。

アメリカ猫はピザも好き!

これはピザの味というより、チーズの匂いに惹かれているのだと思われます。チーズも乳製品。

アメリカ猫の好きな生クリームやミルクと同じ系統ですからね。しかしピザは味が濃厚な物です。塩分が多すぎるので、猫に与えるのはもちろん良くありません。

イタリアの猫は優雅にパスタ

猫とパスタ

パスタの国イタリア。猫もパスタが大好きです。炭水化物の固まりのパスタ。一見猫が好むとは思えませんが、イタリアではチーズをふんだんに使ったパスタが主流です。

つまり猫パスタではなく、アメリカ猫のピザと同じくチーズに惹かれているのです。そもそも猫は肉食なので、穀物ベースのパスタでは栄養が足りませんので真似しないようにしましょう。

インドは猫もカレー好き

猫とカレースパイス

なぜ!と言いたくなりますが、インドでは猫もカレーを好みます。実はカレーに含まれる香辛料にマタタビに近いものが含まれているのです。

しかし肉食獣である猫が主食として大丈夫なのか疑問ではあります。他に恐らくネズミ等を狩ることで、自力でタンパク質は摂っているのでしょう。

香辛料は猫にとって刺激が強いので愛猫に与えないようにしましょう。

日本で「猫=魚」となった理由

猫と魚

各国の代表料理が、各国の猫の好物となっているのが分かっていただけたと思います。

ではなぜ日本では魚なのか。他にも美味しい物はたくさん有るのに、と思われたかもしれません。実はこれにもちゃんと理由があるのです。

猫は本来日本にはいなかった

猫は元々砂漠の生き物です。エジプト辺りで飼われていたのが「飼い猫の起源」と言われています。それが船の積荷をかじるネズミ駆除のために船に乗せられて海を渡り、積荷とともに日本にやってきたとされています。

猫の食事ですが、長い航海の間はネズミだけでは足りない事もあったでしょう。肉食獣への食事はタンパク質でなければなりません。結果として、海でとれるタンパク質の魚が与えられたのです。

日本人の食文化に合わせた

昔の日本に肉を食べる文化は、山村にしかありませんでした。一般的な肉食は明治維新からとされています。

それまで町人は主に獣の肉ではなく魚を食べていたため、そこで飼われるようになった猫も、自然と魚を食べて暮らしました。そしてそれが今日まで続いている、というわけなのです。

まとめ

猫とごはん

猫の食の好みは、その国の歴史や文化と強く関わっています。しかし好きな物を猫に欲しがるだけ与えてはいけないのは万国共通です。そう考えると猫も人も同じと言えますね。

スポンサーリンク

人気のキーワード