年末は猫が使った物も大掃除しよう!綺麗にする4つの方法

年末は猫が使った物も大掃除しよう!綺麗にする4つの方法

大掃除は大変だけど、終わった後の達成感がありますよね。年内に大掃除をして綺麗にしてから、新しい年を迎えたいと思いませんか?大掃除に猫の使った物も忘れずに綺麗にしてあげましょう。

2378view

年末は猫が使った物も大掃除、綺麗にする方法

12月のカレンダーと掃除道具

年末近くになると、そろそろ大掃除を始めだす人もいますね。大掃除には、猫の使った物も綺麗にしてあげて、良い年を迎える準備をしましょう。

1 ベッドやタオルを綺麗にする

布団の中で眠る二匹の猫

猫が使う物と言えば、ベッドやタオルです。猫のお気に入りの物には、たくさんの毛がついています。毛だけでなく、ベッドにはホコリや菌も繁殖しやすくなってしまいます。

まずは、毛やほこりを掃除機で吸い取ります。その後ペット用洗剤で洗濯するか、お湯を張った容器に漂白剤を入れ、押し洗いしたあと脱水機にかけます。

猫のベッドは、天日干しでしっかり乾かすと、菌の繁殖を防ぎます。

2 家の中の猫の抜け毛を綺麗にする

猫の抜け毛を指でつまむ人

毎日掃除をしていても、猫の抜け毛は取り切れませんよね。この機会に猫の抜け毛を徹底的に取り除いてみましょう。猫の抜け毛はいろんな隙間やエアコンなどに隠れています。

猫の抜け毛の除去方法は掃除機とハケを使用します。エアコンのフィルターや暖房器具の隙間など、見落としがちな部分に掃除機とハケを使用すると良いそうです。

特にハケは隙間に入り込んだ抜け毛をかき出してくれるので、掃除アイテムにピッタリなのです。

3 トイレの容器を綺麗にする

トイレの中から見つめる猫

猫のトイレ掃除は毎日のことですが、トイレの容器は忘れがちになります。綺麗好きな猫のトイレは、砂を取り替えるだけではなく、容器も清潔にしてあげないといけません。

容器には見えない汚れや匂いが染み付いています。こまめに洗うようにしましょう。

まずは砂を出して、トイレ容器にお湯を張り、置いておきます。その後スポンジとペット用洗剤を使い汚れを落とします。

猫のトイレの匂いが染み付いてるときはクエン酸を使うと良いそうです。アルカリ性の匂いとクエン酸が中和されて匂いが消えるそうです。

洗い終われば、天日干しでしっかり乾かしてあげます。

4 猫の使った物は熱湯消毒が必要

餌を前に見上げる猫

猫の使う物には食器やおもちゃやキャリーバッグなどがあります。毎日使う物もあれば、たまに使う物もありますが、食器やおもちゃは猫の唾液がつく物です。洗剤だけではなく、熱湯消毒、または除菌をして清潔にしておきましょう。

またキャリーバッグやケージも洗える場合は洗い、除菌スプレーや拭き掃除をして、匂いや菌を取り除いて清潔にしましょう。

ペット用の掃除道具のおすすめ

ゴム手袋をはめる人

ゴム手袋

猫の抜け毛除去にはゴム手袋が最強の道具です。掃除機は猫が嫌がる、粘着テープもあまり効果ないと思っている人はゴム手袋を使って見てください。面白いほど手袋に毛が付着してくれます。

ライオン ペット用品の洗剤 ペット用 本体400g

ライオン ペット用品の洗剤 ペット用 本体400g
830円(税込)

商品情報
・本体サイズ :7.2×4.4×20.3cm
・本体重量:400g
・原産国:日本

猫の用品などには、ペット用の洗剤がおすすめです。気になる匂いもしっかり落とし、抗菌作用もあります。



ペレッティ(peletty)獣医師が使うプロ用 ペット除菌·消臭剤 500ml スプレー

ペレッティー(Peletty)獣医師が使うプロ用 ペット除菌・消臭剤 500ml
1,596円(税込)

商品情報
・強力な瞬間消臭
・動物の体に直接使用できます
・院内・室内ケージ清掃に使用

99.9%超の細菌、ウイルスを除去できるスプレーです。

獣医さんも使用している除菌スプレーで、人やペットの体にも安全だそうです。ペットの食事、食器、トイレ臭、ケージなど直接吹きかけても問題がない除菌スプレーです。

まとめ

掃除用のバケツに入る猫

年末には、猫が使った物も大掃除をして綺麗にしましょう。
毎日の掃除では見落としがちな物や、面倒くさくて手が付けられない物も、この機会に綺麗にしてあげたいです。

汚れた物を買い直すよりも、猫が気に入った物を大事にしてあげたいですね。
猫のおもちゃは、新しく買ってもなくなり、また買うの繰り返しになってしまいます。

私の家では、おもちゃが取れない場所に入り込んだままの状態で、また新たにおもちゃを買ってしまいます。何かの機会にと言うことで、大掃除に探して見ようと思います。