ベンガル猫の価格やその飼い方について

ベンガル猫の価格やその飼い方について

ベンガルはヒョウ柄のようなかっこいい模様が特徴の猫です。そんなベンガル猫を飼ってみたいという人がここ数年で増えてきました。ここではベンガル猫の価格や飼い方についてご紹介します。

8332view

ベンガル猫の価格

ベンガル

ベンガル猫を購入するにあたって、その価格はいくらくらいなのでしょうか。調べてみました。

  • ペットショップ:10万~30万円
  • ネット販売:5万円から
  • ブリーダー:20~50万以上

ベンガル猫の販売価格はペットショップでおよそ10万~30万円。ネット販売サイトではおよそ5万円から、ブリーダーからの購入では平均価格が20万~50万以上になることもあります。

ベンガル猫の価格の違い

値段の高い毛色

ベンガルの毛色には、大きくブラウン、スノー(ホワイト)、シルバー(&スモーク)の3種類に分けられます。また、公認されていませんが、ブルー系の毛色を持つベンガルもいます。

ブラウンは、一番ベンガルらしさのある毛色なので、人気が高くなっています。価格としては、シルバーのベンガルはブラウンよりも価格が少し高くなります。また、公認ではないブルー系の毛色も人気が高く、希少性のためさらに価格があがる傾向があります。

▼ブラウンとスノーホワイトのベンガル姉妹▼

ブラウンとスノーのベンガル兄弟

▼ブルーのベンガル▼

ブルーのベンガルは、縞模様の色がグレーである事が特徴です。全体的にふんわりした印象の色である事が特徴的ですね。

より美しい模様

ロゼットが美しいベンガル

ベンガルの模様は、ヒョウのブチ柄のようなスポテッドと、縞模様が渦巻き状になっているマーブルの2種類があります。スポテッドの中で、濃淡2色のヒョウ柄になっている模様はロゼットと呼ばれています。丸い模様の外側が濃い毛色で縁取られ、内側はそれよりも薄い毛色となっています。

ロゼットは形によってドーナツ、ローズ、アローヘッド、ジャガー、ワイルドというふうに細かく分類されています。愛好家にとっては、このロゼットがはっきり現れているベンガルがより好まれる傾向があるため、価格も高くなります。

性別による価格の違い

ベンガルは、オスよりもメスの方が価格は上がる傾向があります。相場としては、ブラウンの毛色でスポテッド模様であれば、オスが16万円、メスが17万円といったもので、メスの方が1万円ほど価格は高くなっています。

毛色が希少なブルー系では、さらに2〜3万円ほどメスの方が価格が高いこともあります。

月齢による価格の違い

ベンガルの年齢によって、成猫になるまでの方が、成猫になった後よりも価格が高くなることがほとんどです。また、成猫になる前でも、月齢が若ければ若いほど価格は高くなります。

理想的な顔つき

美しい顔つきのベンガル

ベンガルの顔つきで理想的なものは次のような特徴があります。

  • 頭は幅広で、丸みのあるくさび形であり、縦長で頬骨が高いこと
  • 鼻は大きくて幅広であること
  • ウィスカーパッド(ヒゲが生えているところ)が大きめでしっかりとしていること
  • 目は大きいけれど突き出しておらず、離れ気味についていて、深い色合いをしていること
  • 耳は小型から中型の大きさで、根元部分は幅が広めであり、耳先は丸くなっているのが望ましい

これらはキャットショーなどに出るスタンダードなベンガルとして求められるものですが、一般家庭のペットとしてでも、理想に近いものは価格が上がると言えます。

美しい毛並み

毛が光っているベンガル
ベンガルは毛並みが美しいものは価格が上がります。ベンガルの被毛は短毛で、体に沿って流れが美しく生えていて、柔らかくてシルクのような手触りがあり、艶があってキラキラしていると、一層ベンガルは美しく見えます。

ベンガル猫の飼い方・その他費用

ベンガル

新しい家族をむかえる前にいろいろと準備が必要ですよね。せっかくなので猫が喜ぶものをそろえてあげて親密度を上げていきましょう。

キャットタワー

  • 5,000円~2万円ほど
  • 体の大きさに合った物を選ぶ

遊ぶことも大好きなので、ぜひキャットタワーを準備して運動不足の解消やストレスを発散させてあげましょう。キャットタワーはペットショップやホームセンター、通販サイトで販売しており、価格は5,000円~2万円ほどで購入することができます。

猫は高い所に上るのがとても大好きな生き物です。ベンガル猫は大人になるとオスが約5kgから8kg、メスが約3kgから5kgになります。そして体長が約50cmから大きいもので80cmにもなり、他の猫と比べると大きく筋肉質な体型になります。運動するのが好きな猫なので体の大きさに合ったキャットタワーを選びましょう。

ベンガル猫の性格

ベンガル

ヒョウ柄の綺麗な模様ととても筋肉質で野性味が溢れるベンガル猫はアメリカから誕生しました。その見た目から凶暴、野性的な性格な印象を受けてしまいますがじつは見た目とは裏腹にとても温厚でフレンドリーな性格をしているようです。

ベンガル猫の価格と飼い方についてのまとめ

いかがでしょうか、ベンガル猫の価格や飼い方についてご紹介させていただきました。ベンガル猫はさまざまな模様、毛色があり、価格も諸条件によって大きく変わってきますので、ぜひその目で見てみて、ベストなパートナーを見つけて、楽しい猫ライフを満喫してください。

関連記事
ベンガルってどんな猫?特徴や性格、模様の種類など
ベンガルってどんな猫?特徴や性格、模様の種類など

ベンガルはとてもワイルドな見た目と、とっても人懐っこく誰とでも仲良くなれる明るく社交的な性格が人気を集めている猫種です。しかしヤマネコと交配されている猫であるためか「怖そう」「飼育しにくそう」と思っている方が多いのも事実。実際にベンガルはどのような猫種なのでしょうか?そしてどのようなことに注意をしながら飼育するべきなのでしょうか?今回は詳しくご紹介していきます。

  • 猫の種類
  • ベンガル

女性 にゃコロ

私がよく利用しているペットショップでは、ベンガルを見たことが無く、その販売価格の高さを知って、開いた口が塞がりませんでした。
やはり稀少性の高さ等が、高額の理由としてあるからだと思いますが、一般家庭の主婦としては尻込みしてしまうお値段です。
ただ、質の良さに関しては価格と見合ってこそ。バランスある良質な食事や、室内温度の管理、清潔でストレスの無い環境を管理してあげているからこその価格であれば、納得できると思います。その判断を間違えてしまわないように、購入前の下調べを大事にして頂きたいです。
また、模様の形の豊富さにも驚きました。
個人的には小さなひょうとも思わせるスポッデッドが素敵だと感じますが、見た事の無いその他の柄も、縁があれば是非見てみたいなと思います。

20代 女性 うみか

ベンガル猫は友人が飼っていてよく、お世話しに行きます!
とても、活発なのでキャットタワーに上って遊んでいるかおもちゃをくわえて走っているかです。眠っているときも、足をピクピクさせています。元気が一番ですよね。友人の家にはたくさん、爪研ぎがありまして壁が傷つかないようにしてあります。工夫をすれば猫ちゃんを飼っていても、部屋をきれいにできますね。
ベンガルは、大人しい子もいるらしいので性格によります。飼う前には、相性が合うかをよく見極めておくといいでしょう。

スポンサーリンク