猫が飼い主の膝の上で眠る5つの気持ち

猫が飼い主の膝の上で眠る5つの気持ち

猫が飼い主の膝の上に乗ってきて眠ることありますよね。そんなときに飼い主としては「可愛らしい」ものですが猫の気持ちも気になると思います。そこで今回は「猫が飼い主の膝の上で眠る5つの気持ち」についてご紹介させていただきます。

4077view

猫が飼い主の膝の上で眠る5つの気持ち

膝の上にいる猫

猫が飼い主の膝の上で眠る気持ちは、どのようなことが考えられるのでしょうか。

季節を問わずに、猫が飼い主の膝の上にちょこんと座り、眠りにくることがありますよね。

飼い主としては「たまらなく可愛い!」と思うものですが、猫は一体、どんな気持ちで膝の上で眠るのでしょうか。

ここでは、猫が飼い主の膝の上で眠る5つの気持ちについてご紹介させていただきます。

1.飼い主が自分のものだと主張している

膝に乗る猫

猫は飼い主のことが大好きです。

そして「飼い主は自分のものだ!」、と猫が主張しているときに、膝の上に乗ってくることがあります。

膝に乗る猫

猫は縄張り意識が強く、自分の縄張りにマーキングをし、スリスリとして匂いをつけることがあります。

飼い主を自分のものだとアピールするために、スリスリとしてくりことや、膝の上に乗ってぴったりとくっついて眠ることもあるのです 。

身動きがとれないのは飼い主として苦しいですが、寝ている姿が可愛い猫はたまりませんね。

2.甘えている

気持ちよさそうな猫

甘えているときに、飼い主の膝の上に乗って眠ることがあります。

猫は寂しがり屋であることや、甘えん坊な一面もありますよね。

猫はそんな気持ちのときに、飼い主の膝の上で眠ると、安心、リラックスすることができるのです。

尻尾を立てて近寄ってきたときや、ニャーンと甘い声で近寄ってくるときなどは、「甘えたい」気持ちのことが多いので、膝の上に乗りたがることも多くなるでしょう。

3.癒やされたいから

袋から顔をだす猫

癒やされたいから飼い主の膝の上で眠ることがあります。

飼い主の膝の上は安定感がなくても、とても暖かく幸せな気持ちに猫はなります。

留守番ばかりをさせて、寂しい思いをさせたときなどは、「寂しかったんだよ!」と言うように、いつも以上に甘えてくることもありますよ。

ハートを示す猫

飼い主の膝の上に乗ってきたときには、たくさん撫でて構ってあげるようにしてくださいね。

4.寒いから

膝の上に乗る猫

寒くて眠れないときなどに、飼い主の膝の上で眠ります。

飼い主の膝の上はとても暖かいですよね。

ブランケットのうえの猫

猫は自分で体温調整をうまくすることができないので、寒い季節にはキャットハウスなどよりも、飼い主の膝の上を好んで近寄ってくるでしょう。

冬場には、猫が体調を崩してしまわないようにするためにも、ヒーターやペットこたつ、電気カーペットなどを活用して、部屋の温度を整えてあげてくださいね。

5.眠いとき心細いから

ぬいぐるみと猫

猫は心細い気持ちになったときに、そばに飼い主さんがいてほしいと思っていることがあります。

猫が眠たいときには母猫のことをよく思い出します。

鳴く子猫

その名残で、フミフミとして、ゴロゴロと喉を鳴らす習慣が残っています。

しかし残念ながら、母猫はそばにいないので、飼い主を母猫に重ねながら、たくさん甘えているんですね。

まとめ

膝の上の猫

猫は飼い主の膝の上で眠ることがよくありますよね。

それは、飼い主が自分のものだと主張しているから、甘えているから、癒やされたいから、寒いから、心細いから、などの気持ちによって飼い主の膝の上で眠っているのです。

いずれにせよ、猫が飼い主の膝の上に乗ってくれるのは、とても可愛らしいですね。

寒いので膝の上に乗ってきているときには、ヒーターやペットこたつ、電気カーペットなどを活用して過ごしやすい温度にしてあげるようにしてください。

身動きはとれませんが、ひとまず我慢して猫の可愛らしい寝姿を見て癒やされてくださいね。

50代以上 男性 コタパパ

家の猫のコタくんは、すぐに噛んできます…
対処法や辞めさせる方法を教えて下さいm(__)m
人気のキーワード