安い猫の餌の選び方や注意点、おすすめ商品まで

安い猫の餌の選び方や注意点、おすすめ商品まで

安い猫の餌の選び方や注意点、おすすめ商品までをまとめました。現在では、キャットフードの種類は非常に豊富で、プレミアムフードと呼ばれるキャットフードも一般的になってきています。では、安いキャットフードの安全性はどうなっているのでしょうか。危険な成分や安いキャットフードの選び方、安くて安全なおすすめキャットフードをご紹介します。

1278view

安いと言われる猫餌の価格帯

安い猫の餌

猫のフードの値段は所謂ピンきりで、100gあたり1,000円近くするものもあれば、1kgあたり200円前後のキャットフードもあります。どこからを安いとするのかは個人差がありますが、一般的にスーパーやドラッグストアなどで販売されている1kgあたり300円以下のキャットフードは十分に安いと言えるのではないでしょうか。

と言っても、実際に愛猫と暮らしている飼い主さんの多くは1キロあたり1,000円以下であれば安いと感じる方が多いようです。現在では、高品質な材料を原料としたプレミアムフードも一般的になってきていることから、キャットフードそのものに対しての概念が変わりつつあるのかもしれませんね。

安い猫餌は安全?

材料イメージ写真

あまりに安い猫餌だと安全性が気になるという方も多いですよね。では、一般的に安いとされるキャットフードと、プレミアムフードの違いを比べながら考えてみましょう。

①消化不良を引き起こす穀類が入っている

価格の安いキャットフードは原材料の一番最初が「穀類」になっています。この穀類とは、トウモロコシや小麦などを指しますが、本来猫にとって不必要なものであり、アレルギーの原因になることもあります。

完全肉食動物である猫は、穀類の消化が苦手であり、あまりに多く穀類が含まれていると消化不良を引き起こすこともあるため、プレミアムフードと呼ばれるキャットフードの多くは、穀類が調整されていたり、穀類不使用(グレインフリー)になっていたりするのです。

では何故、安いキャットフードには穀類が多く含まれているかと言うと所謂「かさ増し」のためです。安いキャットフードであっても、その価格内に必ず「利益」が含まれています。もちろんメーカーにもよりますが、安ければ安いほど、原材料にかけられる費用は減少し、不必要な穀類でかさ増しされていると考えるのも不自然ではありませんよね。

②粗悪な肉類を原材料としている可能性がある

プレミアムフードの場合はチキンやターキーなど明確な材料が表記されていますが、価格の安いキャットフードの原材料には穀類の次に肉類、○○ミール、○○パウダー、家畜副産物、肉産物などと表記されていることが少なくありません。

これらは「人が食べる部分以外の廃棄する肉をすり潰したもの」とされており、更に「4Dミート」である可能性もあります。「4Dミート」とは死にかけの動物、死んだ動物、病気の動物、障害のある動物の肉を使用した肉のことを言います。安いキャットフードの場合、このような粗悪な肉を原材料として使用している可能性が否めないのも正直なところでしょうか。

③人工添加物が入っていることがある

プレミアムキャットフードの場合、香料や着色料は不使用、保存料も天然由来の成分が使用されていることが多いのですが、安いキャットフードの場合は人間用には使用しない添加物が含まれていることもあります。

安いキャットフードは、粒に様々な色が付いていることが多いですが、あれは人にとって美味しそうに見えるために付けられているだけで、猫にとっては不必要なものです。やはり、無添加とまでは言わずとも、人工添加物が大量に含まれているものを食べ続けることは安全性が高いとは言い難いですね。

④栄養素が不足する危険性がある

プレミアムフードの場合、完全肉食動物である猫に必要である良質なタンパク質が多く含まれています。しかし、安いキャットフードの場合、穀類が多く含まれている上に、使用されている肉類が粗悪である可能性もあるため、猫が本来必要とする栄養が不足してしまう危険性も捨てきれません。

猫の安いキャットフードは、プレミアムフードと比べて安全性が低いのは間違いありません。ただ、猫がねこまんまなど、人と同じ食べ物を食べるのがごく普通だった時代や、プレミアムキャットフードが一般的ではなく、今現在安いと言われているキャットフードしかなかった時代にも、健康で長生きした猫がいるのも事実です。

動物愛護先進国と呼ばれる国にはかなり劣るものの、2009年にペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)が施行されてからは、国産のキャットフードもある程度の安全性が確立されています。

プレミアムキャットフードのように愛猫の健康をサポートする、病気を防止するということはできなくても、安いからと言って体に害をきたすような有毒な物質が含まれているわけではないという認識が無難なのかもしれませんね。

安い猫餌を選ぶポイント

安い餌を盗み食いをする猫

多頭飼いなど、様々な理由でなるべく安い値段でキャットフードを選びたいという時に押さえるべきポイントをご紹介します。

①人工添加物の少ない餌を選ぶ

安いキャットフードを選ぶ時、穀類を避けることは難しいので、せめて人工添加物の使用が少ないものを選びましょう。なかでも、人の食べ物への使用が禁止されている合成酸化防止剤であるエキトキシンを使用したキャットフードは選ばないようにしたいですね。

②販売元を確認する

安いキャットフードを選ぶ時に製造、販売元を調べてみるのもおすすめです。大手ペットフードメーカーであれば、様々なグレードのキャットフードを販売していることも多く、少なくとも有害な粗悪品を販売することはないと安心材料のひとつになりますよね。

③購入先を変えてワンランク上のキャットフードを選ぶ

安いキャットフードの安全性が気になる場合は、通販や希望小売価格より安価で販売しているホームセンターなどを利用してワンランク上のキャットフードを購入するのもひとつです。

ここまで、1キロあたり200円程度のキャットフードを基準にご紹介してきましたが、1キロあたり100円〜300円プラスするだけで、ターキーやチキンが原材料となった高タンパクで、人工添加物不使用のキャットフードを購入することもできますよ!

安い猫餌ランキング

安い餌を食べる猫

一般的に安いとされているキャットフードのおすすめランキングをご紹介します。

第四位 「KIRKLAND(カークランド)」

KIRKLAND(カークランド) シグネチャー スーパープレミアム キャットフード ドライ メンテナンスフォーミュラ 11.34kg
4,120円(税込)

商品情報
猫の年齢に関わらず、子猫、成猫、老猫のどの段階にも適しています。

安い猫餌ランキング第四位はコストコの自社ブランドであるカークランドの大容量キャットフードです。ラインナップは、「カークランド スーパープレミアムキャットフード」「カークランド メンテナンスフォーミュラ」の2種類です。どちらも11.34kgという大容量。価格は通販で4,000円~4,500円、コストコの店舗であれば2,000円前後で購入できる場合もあるようです。

どちらも第一原材料に鶏肉を使用しており、特にカークランドメンテナンスフォーミュラは人工添加物、合成酸化防止剤共に不使用となっています。カークランドキャットフードの質そのものは、AAFCO(米国飼料検査官協会)試験適合品というだけあって、良質と言えるのですが、あまりに大容量であることから、開封後の保存管理に気を配る必要があります。そのため、日頃から激安キャットフード大袋などを購入しているご家庭に限っておすすめできるキャットフードです。

第三位 「Friskies(フリスキー)」

フリスキー ドライ バランス かつお・チキン・野菜入り 1.8kg
394円(税込)

商品情報
厳選されたチキンやビーフなどのお肉フレーバーと、サーモンや白身魚などのお魚フレーバーの絶妙なバランスのフードです。

安い猫餌ランキング第三位は、「ネコだいすきフリスキー」でお馴染みのフリスキーです。価格は1.8kgで500円前後と非常に安くなっており、スーパーやドラッグストアなどで販売されていることも多いですよね。フリスキーの原材料に関しては、やはり穀類が第一原材料となっており、肉類についても「ミール」の表記になっています。その他、着色料や香料などの人工添加物も含まれているため、安全性を心配する声があるのも実際のところです。

ただ、フリスキーの製造販売元がピュリナであることから、他メーカーより安心感があるという声も非常に多いですね。また、現在ほどプレミアムフードが一般的ではなかった頃、実際にフリスキーしか食べてくれなかった愛猫が健康に長生きしてくれたこともあります。

フリスキーのラインナップは、5種類です。

  • お魚ミックス(まぐろかつおサーモン)
  • お肉ミックス(チキンラムビーフ)
  • バランス(かつおチキン野菜)
  • 室内猫用(まぐろチキン野菜)
  • 小ねこ用(まぐろチキン野菜ミルク)

第二位 「キャネットチップ」

キャネット キャネットチップ フィッシュ 2.7kg
644円(税込)

商品情報
猫の健康維持に必要な栄養素をバランスよく配合しています。

安い猫餌ランキング第二位はペットラインの「キャネットチップ」です。キャネットチップは、2.7kgで650円程度、多頭飼い用の大容量(7.4kg)でも2,000円前後と非常に安い価格設定となっています。この安さから安全性について不安を感じる方も多いようですが、このキャネットチップは1972年(昭和47年)に国産第1号のドライキャットフードとして販売された時点で、AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める基準を元に開発されていたそうです。

原材料については、やはり穀類が第一原材料となっており、着色料も使用されていますが、酸化防止剤はローズマリー抽出物、ミックストコフェロールなどの天然素材が使用されているので安心ですね。また、タンパク質の含有量もAAFCO(米国飼料検査官協会)が定める最低基準を満たしているというのも大きなポイントです。

第一位 「PURINA(ピュリナ)」

ピュリナ ワン 成猫用(1歳以上) 室内飼い猫用 インドアキャット ターキー&チキン 800g(400g×2袋) [キャットフード]
635円(税込)

商品情報
高品質で新鮮な原材料を使用し、抜群の嗜好性と優れた消化吸収をサポートします。

安くて安全なおすすめキャットフード第一位は、大手ペットフードメーカー「PURINA(ピュリナ)」が製造販売するプレミアムニュートリションキャットフード「PURINA ONE(ピュリナワン)」です。

完全肉食動物である猫に必要な良質なタンパク質を多く含み、健康に必要な栄養素(健康6要素)を満たすことができるキャットフードです。AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める基準をクリアしていますので、安全性も高いと言えますね。

ピュリナワンのラインナップは非常に豊富で、ニーズやライフステージに合わせて選ぶことができます。製品によって若干価格に差がありますが、通販やホームセンターなどで800g(400g×2)600円~1,300円程度で購入することができます。クオリティの高さと価格を考えると、ダントツで一位と言っても過言ではありません。嗜好性にも配慮されているので好き嫌いが激しい猫ちゃんにもおすすめです。

【ピュリナワンラインナップ】

ライフステージ別

  • 1歳までの子猫、妊娠授乳期の母猫用 チキン
  • 1歳以上 美味を求める成猫用 チキン
  • 11歳以上 優しく腎臓の健康サポート チキン
  • 15歳以上 長生き猫の健康維持 チキン

ニーズ別

  • 1歳からすべての年齢 グレインフリー チキン
  • 1歳からすべての年齢 グレインフリー 白身魚
  • 1歳以上 室内飼い猫用 ターキー&チキン
  • 1歳以上 室内飼い猫用 サーモン
  • 11歳以上 室内飼い猫用 ターキー&チキン
  • 1歳以上 下部尿路の健康維持(F.L.U.T.Hケア)チキン
  • 1歳以上 下部尿路の健康維持(F.L.U.T.Hケア)サーモン
  • 11歳以上 下部尿路の健康維持(F.L.U.T.Hケア)チキン

スペシャルケア

  • 避妊去勢後からすべての年齢 避妊去勢した猫の体重ケア ターキー
  • 太りやすい猫用 エネルギーコントロール メタボリック ターキー

ピュリナワンラインのなかでも、グレインフリーシリーズと、美味を求める成猫用は食いつきも良く、非常におすすめです。分包タイプになっているのも便利ですよ!

猫の手作り食は安い?

魚と肉の写真

猫の安いキャットフードに穀類や添加物が多く含まれているのが気になる時、手作り食で代用できないか?と相談されたことがあります。本格的に猫の健康を考えて手作り食を食べさせている方は、材料の新鮮さや品質にもこだわっていることも多く、決して安くつくわけではありません。

また、猫のご飯を手作り食のみにする場合は、猫にとって必要な栄養素などについてもしっかり知識を得なければ栄養不足に陥ってしまう可能性さえあります。猫のご飯を手作り食のみにする場合は、返って高くつく場合もありますし、猫の健康のためにも猫専用のドライフードを食べさせてあげましょう。

まとめ

キッチンと猫の写真

いかがでしたでしょうか。実際に、安いキャットフードを食べていても20年以上長生きした猫も多いですし、安いからと言って、必ずしも粗悪品であるというわけではありません。インターネット上では、プレミアムフードでさえ○○が入っている…○○成分が少ない…などと書かれてしまう時代です。

各家庭の事情や飼い主さんの考えも様々ですし、愛猫への愛情=高いフードというわけでもありません。本記事でご紹介したピュリナワンラインであれば、単頭飼いの場合月々のキャットフード代は1,000円~1,500円程度で収まります。この記事をここまで読んでくださったということは、愛猫の健康に気を配りたいという優しい飼い主さんなのでしょうから、是非、飼い主さん自身が安心して食べさせてあげられるキャットフードを選んでくださいね。

人気のキーワード