そろそろお部屋を冬支度!猫の事を考えた部屋作り6選

そろそろお部屋を冬支度!猫の事を考えた部屋作り6選

寒い冬が近づいてくると、部屋の中を猫が暖かく過ごせるように、冬仕様に変えなければいけません。どんなポイントに気をつければ、猫の事を考えた部屋作りができるのでしょうか?大切な猫が暖かく冬を過ごせるよう、しっかりと準備してあげましょう。

4190view

猫の事を考えた冬の部屋作り

温まる2匹の猫

猫の事を考えた冬の部屋作りは、こんなポイントがあります。

  • ポイント1 留守番時の暖かさ確保
  • ポイント2 やけどに注意
  • ポイント3 乾燥に注意
  • ポイント4 十分な日光浴
  • ポイント5 年齢や体質などに合った防寒対策を
  • ポイント6 暖かいベッドは必須アイテム

ポイント1 留守番時の暖かさ確保

暖を取る猫

留守番時の気温は特に注意してあげてください。飼い主さんがいない分、室温がどのくらいになるか分かりませんし、猫が寒いと感じているのかどうか確認することができません。

かと言ってヒーターなどをつけっぱなしにするのも危険です。猫が倒してしまうことや、やけどをしてしまう可能性があります。暖かな毛布を用意してあげるなど工夫してあげましょう。
ペット用のヒーターやこたつなどが販売されているので、そちらを利用すると安心して留守番させることができるでしょう。

ポイント2 やけどに注意

ヒーターの上で寝る黒白猫

ホットカーペットやこたつなど冬に活躍する暖房器具がありますが、これらは猫がやけどを負う可能性があります。ホットカーペットは低音やけど、こたつはヒーター部に猫が触れて、やけどしてしまうかもしれません。

できれば人用の暖房器具を利用するより、ペット用のものを使用してあげた方が安全です。
また、徐々に温度が下がっていく湯たんぽもオススメです。ペットボトルにお湯を入れただけのものでも湯たんぽ代わりになります。

ポイント3 乾燥に注意

暖炉で暖まる人と猫

とかく乾燥しがちな冬。そこへ暖房を使うと更に乾燥が進みます。
乾燥は猫風邪などのウイルスに感染しやすくなる原因となります。それは飼い主さんも同じですので、なるべく湿度を上げるようにして部屋の乾燥を防ぎましょう。

ポイント4 十分な日光浴

窓際でくつろぐ白い猫

猫が大好きな日光浴は、体温を保つとともに皮膚や体の健康のためにも必要です。冬は日照時間が短くなりますので、火の当たり方によって日光浴の場所を変えられるようにしてあげるとベストです。

ポイント5 年齢や体質などに合った防寒対策を

白い服に身を包んで寝る猫

年齢や体質、体格などにより、寒さの感じやすさが異なります。まだ体温調整機能が完成していない子猫や、体の機能が低下してくる老猫は寒さを感じやすいです。

また体質によっても寒さを感じやすい猫がいますし、比較的細めの猫や短毛の猫は寒がりな傾向にあります。逆に若い猫やがっしりとした猫はそれほど寒がらない事が多いので、暖め過ぎると熱中症になる可能性があります。その猫にあった防寒対策をしてあげましょう。

ポイント6 暖かいベッドは必須アイテム

ベッドで寝る灰色の猫

ぬくぬくと寝られるベッドは冬の必須アイテムです。猫はフリース素材などの柔らかく、ふかふかな感触を好むようですので、猫好みのベッドを用意してあげてください。

ベッドを床に直に置くことや、壁や窓に近いと意外と寒いので、ベッドの下や周りに毛布や段ボールを使って防寒してあげると猫がより暖かく過ごせます。

まとめ

窓際で籠の中で寝る子猫

猫は一般的に寒さに弱い動物ですが、寒い地方に住んでいるサイベリアンや、ノルウェージャンフォレストキャットなどは寒さに強いです。お宅の猫に合った冬のお部屋を作ってあげてください。

20代 男性 茶々

元野良猫で暑さ寒さに強かったはずの我が家の猫ちゃんたちは、夏になれば熱い暑いアピールを、少し気温が下がってきたらサムい寒いアピールをしてきます。
このアピールは態度や姿勢です。
限界まで縮こまったり伸び切ってみたり。

なので、猫ちゃんの居住エリアは久しぶりに引っ張り出されたオイルヒーターが24時間稼動を開始していますが、まだまだ寒いとアピールを続けるので、何度まで寒いアピールを続けるか試してみたところ、26度で熱い暑いアピールに切り替わったので、ここで満足して実験終了。
オイルヒーターは速暖性はありませんが、時間を掛けて部屋全体を温めるので身体中を包み込むような感じになり、私は24度位で暑さを感じました。

オイルヒーターの上には登れないし、固定してあるのと重いので猫ちゃんには倒せないと思っています。また、相当に無理な姿勢をしないと足をオイルヒーターにあてたままに出来ないので、低温火傷になる可能性は小さいと思っています。

ただ、猫ちゃんの生息エリアに直射日光は殆ど届きません。木漏れ日って感じです。

今朝、猫ちゃんが愛してやまない痛みが目立つ夏用ベッドを全数処分して、冬用ベッドに置き換えました。
交換作業中は、「私の愛するベッドを持っていくニャー!」と抗議活動をしていた猫ちゃんたちでしたが、新しい冬用ベッドを調査した結果、夏用ベッドのことは一切忘れてヌクヌクゴロゴロしています。

猫ちゃんベッドは、多段ケージとキャットタワーを利用して猫ちゃん数の2倍を立体的に配置していますので、その日の気分に応じて好きな場所を選べるのではないかと思っています。

これからの寒い日々、皆さんの住まい事情に応じた暖房器具を利用して、快適に過ごしてくださいませ。

スポンサーリンク

人気のキーワード