猫のフード「アボダーム」特徴や与え方、効果まで

猫のフード「アボダーム」特徴や与え方、効果まで

アボダームについて紹介します。猫のフードには、なるべくなら自然素材で良質な物を選びたいですよね。猫のフードは、原料も質も値段も様々です。アボダームの特徴、猫にどんな効果があるのかなどのアボダームについてまとめました。

697view

猫のフードアボダームの特徴

アボカド

気になるアボダームの原料

猫のフードアボダームの主原料は、チキンミールです。原材料には珍しい、アボカドを使用したキャットフードなのが特徴です。その他の原料は、玄米粉、米粉、えんどう豆、アボカドオイル、アボカドミールなどがメイン材料でビタミン、ミネラルなどの猫に必要な成分を考えて製造しています。

主原料はお肉

アボダームのキャットフードは、主原料はお肉です。猫の大好きな動物性タンパク質が多く含まれている事です。国産のキャットフードの主原料に穀物(とうもろこし、小麦)が多く使用されています。大きなポイントは、主原料が魚か肉である事です。原料のグレインフリーを望む方が増えてきていると思います。猫のフードアボダームに含まれる玄米粉、米粉はとうもろこしや小麦に比べると、アレルギーなど猫の身体負担をかけにくい穀物であると言われています。

主原料のチキンミールに関して、「ミール」という表記があまり良くないお肉を使っている可能性が多く、良くないと言う人も多いでしょう。しかし、アボダームはカナダ産で海外製品は、穀物の質も良い事から「ミール」が4Dミートに相当しないものである事が判明されています。アボダームHPによると、肉の部分だけを粉末状にしていると記載されているので、確かな情報だと思います。

添加物、防腐剤は不使用

アボダームの特徴は、自然な食材で消化に良いものを与えたいと作られているフードなのです。そのため、猫のフードアボダームには、人口添加物や合成酸化防止剤が不使用とされています。なので、保存料や着色料は一切使用していない安心なフードです。ひとつ気になる点は、原料に塩、塩化カリウムを含んでいる事です。猫に塩分は、特に必要がないので気になる所です。

アボダームにはグレインフリーもある

アボダームには穀物不使用のグレインフリーもあります。主原料はターキーです。米粉や玄米を一切使わずに、えんどう豆とタピオカが原料です。アレルギー、糖尿病の予防に適しています。グレインフリーにとことんこだわる人には、アボダームのキャットターキーがおすすめです。

【正規品】 アボ・ダーム キャット ダック&ターキー 成猫~高齢猫用 9kg
10,950円(税込)

アボダームを猫に与えた時の効果

寝転ぶ猫

毛質、毛並みが良くなる

アボダームの原料にあるアボカドオイルが猫の被毛に艶を与えてくれます。猫の毛質が良くなる、便秘が解消されるのは、アボカドオイル配合だからと言われています。アボカドは、猫には危険な食べ物と言われていますが、アボダームのアボカドは、良質な素材とオイルのみを使用しているそうです。

猫の体調が良くなる

自然素材や良質にこだわるアボダーム商品は、猫の身体に変化が現れたと良い評価が多いようです。目やにがなくなった、涙やけがしなくなった、食い付きが良くなったなど評価されています。猫の食い付きが良くなるのは、自然なお肉やお魚の香りが猫にはわかると言うことです。

猫の病気を予防

アボダームの原料にはビタミンが多く含まれています。その中で、ビタミンCが猫の尿路結石を予防する働きがあるのです。また、アボダームが質の良い自然材料を主としているので、あらゆる病気に期待できるフードのひとつかも知れません。

アボダームを猫に食べさせる方法

キッチンに居る猫

新鮮なうちに使い切る

アボダームは、保存料、酸化防止剤が使用されていない、ビタミンによる天然酸化防止剤のみです。フードの香りや鮮度は少しずつ落ちていきます。最初は、よく食べていたけどそのうち食べなくなるケースもあります。湿気を避ける、小分けにして保存するなどの鮮度を保つようにしましょう。猫の数に合わせた大きさや量を選ぶのもいいと思います。

ドライフードかウエットフードから好むほう

アボダームは、ドライとウエットタイプがあるので猫の食べやすい方を選択するのも良いと思います。猫が気に入らない場合に、好きなフードと混ぜたり嗜好性を高めてあげるのもひとつです。特にウエット缶は、嗜好性が高く消化、吸収が良く効果の期待が早く感じられるそうです。

サンプル品で試してみる

猫にアボダームを買って見たけど、全く食べない場合もあります。しかし、お腹や皮膚の弱い猫、肥満猫、病気予防したいと悩みを持つ猫に与えたいフードです。猫の反応を試す為にも、アボダームサンプルが1円から試せるので試してみるのもいいと思います。また、買う前に口コミや評価を見るのも大切です。

猫のフードアボダームの種類

アボ·ダーム(AVODERM)キャットキトン400g(価格:966)

アボ・ダーム (AVODERM) キャットフード キトン 400g
783円(税込)

このアボダームの商品は、主原料がチキンのキャットフードです。粒の形状は、直径6mmの円形です。幼時期と成長期に対応しています。高栄養、妊娠、授乳期用、アレルギー対応、胃、消化の用途からなります。母猫の栄養補給にもおすすめです。

アボ·ダーム(AVODERM)キャットターキー1.2kg(価格:2291)

アボ・ダーム (AVODERM) キャットフード ターキー 1.2kg
3,143円(税込)

このアボダームの商品は、主原料がターキーのキャットフードです。穀物不使用でアレルギーに配慮したグレインフリーです。原料に含まれる良質と言われるのがタピオカ粉とえんどう豆粉を使用している事と、国産では動物性脂肪と表記する事が多くありますが、鶏脂肪としっかり成分の表記がされている事が、信頼できるのではないでしょうか。

アボ·ダームキャット缶キトン&アダルトチキン156g(価格:313)

アボ・ダーム キャット缶 キトン&アダルト チキン 156g
327円(税込)

【バリエーション名】Amazon楽天

アボダームの缶詰商品は、全てにアボカドオイルを配合しているそうです。猫の被毛や皮膚をサポートしてくれます。もちろん高品質の成分こだわっているので、病気の予防と健康を考えてくれています。

アボダームのまとめ

今回は猫のフード商品、アボダームを取り上げて見ました。アボダームは、主原料にチキンとターキーがあります。グレインフリーのものや幼時期に合わせて栄養価の高いものありますが、全て自然素材の高品質で、猫の健康をサポートする為の製品です。猫の健康が気になったり、猫の体質改善したいなどには、アボダームを試して見てはいかがでしょうか。

人気のキーワード