寝てる飼い主を攻撃してくる猫の心理5つ

寝てる飼い主を攻撃してくる猫の心理5つ

猫が寝ている飼い主を攻撃するのは、理由があります。飼い主が寝ている時に攻撃するのは、猫の本能だけではないようです。猫の可愛い気持ちや驚く気持ちから攻撃していたようです。

3769view

寝ている飼い主を攻撃してくる心理

手を出す猫

猫が寝ている飼い主に攻撃してくる事があります。猫はどのような心理から攻撃を仕掛けてくるのでしょうか?

1.お腹空いたにゃ

腹ペコの猫

猫が攻撃してくる理由に、「お腹が空いたから」起こされる飼い主さんも多いと思います。猫は体内時計があるようです。ご飯の時間に、飼い主さんが起きていない場合や、起きそうにない場合には攻撃してきます。飼い主さんが目が覚めるような攻撃を仕掛けてくるでしょう。

2.遊びたいにゃー

猫じゃらしで遊ぶ猫

猫は飼い主さんと遊びたいから攻撃してくるようです。寝ている飼い主さんをわざわざ起こすくらい暇で退屈なのでしょう。寝ている飼い主さんの上に乗ってきて、顔をちょんちょんと触って起こそうとします。「ねぇねぇ」と遊んで欲しそうに誘ってくるようです。

3.寂しいにゃー

ピンクのシーツの上で寝転ぶ猫

猫が寂しい時は、寝ている飼い主さんを攻撃してくるようです。猫が一人でいることに、慣れていない場合によくあるそうです。飼い主さんが寝てしまうと寂しく、不安になるのでしょう。

4.獲物かもしれにゃい

ネズミを狙う猫

布団から出る足に、飛びついてくる事がありませんか?
猫が飼い主さんの寝相から攻撃を仕掛けてくることがあります。布団に見え隠れする足が、獲物に見えてしまうのでしょう。

5.ストレス発散にゃー

白い背景とグレーの猫

昔飼っていた猫は、寝ている私に毎日のように攻撃してきました。大きな体格の猫で、私を見るといつも飛びかかってくる猫でした。

寝ている時は、ここぞとばかりに攻撃してきました。他の家族には攻撃する事はなかったのに、私にだけストレス発散してるかのように感じました。

猫が攻撃してきた時の対処法

ドアを見る猫

寝る時は部屋に入れない

猫と一緒に寝る飼い主さんは寂しいかも知れませんが、部屋を別にするのもひとつです。
猫が朝早くから起こしてくる、猫に攻撃されて寝不足気味などの理由なら、猫が攻撃できないようにした方が良いと思います。

部屋を別にするのが難しいなら、ケージにいれて寝るようにするといいと思います。猫が、飼い主さんに攻撃するのが睡眠の妨げになっているなら、別々に寝るようにしましょう。

猫とコミュニケーションをとる

猫が飼い主さんを起こしてくるのは、しっかりコミュニケーションがとれていないからです。飼い主さんが寝てしまうと、構ってもらえない、寂しいと思ってしまうのです。

猫がそうならないように毎日時間を作って遊ぶことや、スキンシップをとってコミュニケーションをはかりましょう。

寝相を直す

飼い主さんの寝相が問題で、猫の狩猟本能が出てしまうようです。飼い主さんが寝相を直さない限り攻撃されてしまいます。

猫は悪気がないので飼い主さんと遊んでいると思っているかも知れません。
寝相を直すのが無理!という人は、攻撃されてもいいように靴下を履くか、足を隠せるように工夫して寝るようにしましょう。

まとめ

手を掴む猫

寝ている飼い主さんを攻撃するのは、猫の要求や本能が理由になります。お腹が空いた、遊びたい、寂しいなどから、飼い主さんを起こせば要求が叶うと理解できているのでしょう。

朝早くから起こされて迷惑している飼い主さんも多いと思います。私も毎朝攻撃されながら起きています。猫が起こしてこない時は、「あれ?お腹空いてない?」と逆に心配してしまう時もあります。
私は部屋を分けたり、ケージに入れたりはしていません。猫に攻撃されて起きるのが日課で楽しいと思っているからです。

もし猫のストレス発散で攻撃されているなら問題です。
もしかすると飼い主が嫌われているのかも知れません。飼い主の隙を狙ってチャンスをうかがっているかも知れません。猫が凶暴になるようなら、部屋を分けるかケージに入れて寝るようにした方が良いでしょう。

人気のキーワード