猫に愛されてる10のサイン

猫に愛されてる10のサイン

あなたは猫に愛されていますか?いつも素っ気ないように見える猫も、実はあなたに愛してるのサインをだしているのではないですか?猫が好きな人に見せる、愛情表現のサインを見落とさないようにしましょう。

5443view

猫に愛されてると思うサイン

人の手と猫の尻尾でハート

猫の愛情表現を見逃していませんか?
猫ってクールな一面と甘えてくる一面があるので、正直どう思ってるのかわからないと感じてしまうかも知れません。

しかし猫は、誰にでも甘える行動はとらないと言えます。猫が見せる、愛されサインに気づいてあげましょう。

サイン1 飼い主のあとをつける

見上げる猫

猫に愛されてると言えるのは、あとをつけてくる行動です。ずっと飼い主さんといたいと言う気持ちから、歩く後ろをついてくることや、一緒に歩くような行動をしたら大好きと言うサインです。

サイン2 のどを鳴らす

猫が飼い主さんに触られると、のどを鳴らす事があります。猫がのどを鳴らすのも愛情表現のようです。膝の上に乗ってきた時に撫でてあげ、自然にごろごろと言う音がしてきたら、飼い主さんに触られて喜びを表しているのでしょう。

サイン3 お腹を見せる

お腹を出す猫

猫の急所と言われるお腹を見せるポーズをしてくれば、愛されている証拠です。
猫が心を許した相手や、信頼できる相手にだけしか見せない仕草です。猫がこれをすれば相当好きな人に入るでしょう。

サイン4 体にくっつく

猫が頭を付けてくる仕草や体を付けてくる仕草をしてくれば、それは愛情表現になります。
自分の匂いをつけるという行為は縄張りの主張や自己アピールと言えます。何度もしつこく足にすりすりしてくるのは、甘えたい要求が強いようです。

サイン5 出待ちしてる

扉を見る猫

猫が玄関の前で「おかえりなさい」と待っていてくれたら、愛されてるサインです。
飼い主さんが帰ってくるのを、楽しみに待っているようです。猫は、遠くから聞こえる足音を聞き分けて、飼い主さんを出待ちしているようです。

サイン6 目を見て瞬きする

猫の返事は「にゃー」の鳴き声だけではありません。尻尾や顔でも返事をする仕草をします。
猫が飼い主さんに、ゆっくりと瞬きをしてくれたら愛されサインです。この瞬きをする仕草は、鳴き声や尻尾よりも愛され度はかなり高いと言えるでしょう。

サイン7 尻尾を立てる

猫は尻尾を使って愛情表現をしてくれます。猫の尻尾が上に立っていると、大好きと言う意味を表します。これは猫同士でも尻尾を立てて近づいていくことや、歩いているポーズをします。猫が尻尾を立てて近づいてきたら愛情表現と言うことになります。

サイン8 グルーミングしてくる

猫が猫にグルーミングをしてあげるのはよくあると思います。
猫同士もこれは愛情表現のひとつです。猫が人間を舐めてくるなら、猫のお気に入りという事になります。猫がグルーミングをするのは、あなたを愛していると言うサインになるでしょう。

サイン9 お土産を持ってくる

猫がお土産を枕や玄関にそっと置いてくれていたら、それは愛情表現と言われるようです。
猫にとって宝物になる獲物をプレゼントするのは大好きな人だからかも知れません。「ありがとう」など感謝の気持ちを込めてプレゼントしてくれているのでしょう。

サイン10 体の上を踏んでくる

猫は好きな人にくっついて、密着するのが好きなようです。体にわざと乗ってきたり、足をおいたりされませんか?

私の飼っている猫が見せる行動なのですが、私の足の上を踏んで動かないと言う行動をします。また、遠回りなのにわざと体の上を踏んで通る行動をします。
多分嫌がらせではないと思います。猫が飼い主の体に密着するのは、愛情表現であると思っています。

まとめ

抱っこされて嬉しい猫

猫に愛されているサインを紹介しました。猫の愛されサインいくつ当てはまりましたか?
猫が見せる愛情表現は探せばまだあると思います。猫が一緒に布団に入って寝ようとするとか、飼い主さんの上でふみふみするなども愛されているサインと思います。

そして猫の顔は思っているより冷静な表情ですが、飼い主さんに抱っこされると嬉しいと思っているのです。猫が落ち着いた表情を見せるのは安心しているからです。
猫が飼い主さんに愛情表現をしてきたら、それにこたえてあげましょう。

20代 女性 茶々

こんな具体的な行動なんかあげなくても、雰囲気でわかりませんか?。

多くのニンゲンやネコは、追い掛けたら逃げるし付けあがるし、距離を置かれたら近づいてみたくなるし、ほか、いろいろ。

どのような状態であっても、その関係は移ろいやすく一定ではありません。
これが楽しみでもあり苦しみでもある、人生のスパイスです。

あまり頭で考えないで、五感で楽しみましょうよ。

20代 女性 黒々

茶々さんへ

雰囲気でわかる人もいれば、わからない人もいます。頭で考えて(外部から情報をキャッチして)猫の繊細な気持ちをできるだけ理解したい人もいれば、茶々さんのように知らなくても雰囲気でわかるから情報はいらないと思う人もいます。
茶々さんがおっしゃっているように、猫も人間も色々います。せっかくの猫情報サイトですから、色々な人用に、色々な記事があっても、いいと思いますよ。
茶々さんとオンリーワンな猫ちゃんとで、茶々さんたちにとって素晴らしい猫ちゃんライフをおくってくださいね。

20代 女性 茶々

黒々さんへ

具体的に決めつけで書くのは如何なモノかと思っています。多種多様な受け取り方や考え方があるのですから。

具体的に書く場合は、「このような受け取り方がありますよ。」「このような受け取り方をしたら気が楽になりませんか。」といった表現で書いて頂ければ楽しく読めて参考になると思います。

JINさんが自分の思ったとおりに書いておられるのだから、私が自分の思ったとおりに書き込んだらいけないのですか。

20代 女性 こむぎ

行動じゃなくて雰囲気重視ってのはあっていると思う。全世界の猫が同じ思いで同じ行動をしたら恐怖を感じてしまうので。

10代 女性 美雪

まだ猫は飼っていませんけどいつか飼いたいと思います。

20代 女性 黒々

茶々さんへ

茶々さんの書き込みについて、私が内容を勘違いして受け取っていたようです。また、茶々さんに私の書き込み内容が勘違いされてしまったようなので、訂正させてください。

「具体的な行動をあげなくても、雰囲気でわからないか?」と書き込みをされていたので「このような猫の行動について言及する記事自体が不要ではないか?」という書き込みのように読み取りました。ただ、その解釈が間違っていて、茶々さんは「決めつけで書かない方がよい」ということをおっしゃっていたのですね。(私もそう思います!)
情報サイトにこのような行動分析系の記事があること自体を否定されてしまうと、記事の幅が減ってしまい、サイトに来る人の楽しみが減ってしまうかなと思い、私も書き込みさせてもらいました。(記事自体の否定ではなかったようで、安心しました)
せっかくの情報サイトですから、JINさんも、茶々さんも、自分の思ったとおりに書いて良いと思います。色々な人の色々な視点があって、色々な意見交換ができて良いと思いますよ。(いけないと書いたつもりはありません!)

スポンサーリンク

人気のキーワード