猫に『ウザい』と思われる飼い主のNG行為9選

猫に『ウザい』と思われる飼い主のNG行為9選

あまり表情には出ない猫ですが、飼い主の行為を「ウザい」と思っているかもしれません。それは、どういう時か?猫が嫌う行為を、飼い主がした時です。猫はどのような飼い主の行為を「ウザい」と思うのでしょう?しっかりとチェックして、猫にウザがられないように注意しましょう!

11573view

猫に「ウザい」と思われる飼い主のNG行為

手を噛む白黒の猫

猫に「ウザい」と思われる飼い主のNG行為とは?

1 酔っ払いのごとくしつこく絡む

猫を噛もうとする男性

猫、可愛いですよね?その気持ち、とっても良く分かりますが、あまりにもベタベタと、絡み過ぎていませんか?まるで酔っ払っいのようにしつこく絡み過ぎると、猫が嫌がります。

猫はマイペースに生きる生き物ですから、飼い主からのしつこい絡みには対応しきれないことがあります。それでも我慢強い猫はじっと耐え忍んでくれることもありますが、心の中で「ウザい」と思っていることは間違いないでしょう。
猫と接する時は猫の様子を見て、しつこくならないように注意しましょう。

2 雷鳴のごとき大きな音を立てる

音をきく子猫

猫は大きな音が嫌いです。突然鳴り響くと恐怖さえ感じて怯えてしまいます。生活している以上はたまに、お鍋やお皿を落としてしまうことや、物をぶつけるなどして大きな音を立ててしまうかもしれません。

でもそれを、あまりに頻繁にするのは猫に「ウザい」と思われてしまうでしょう。
極力大きな音を立てないようにするのは猫と暮らす上で必要です。静かな生活を愛するのが猫ですから、それを理解してあげてください。

3 体罰でビシバシ鍛える

怖がる猫

猫を躾けようとビシバシ体罰を加える…のは決してやってはいけません。体罰をしても猫は、「悪いことをしたから叩かれたんだ」とは思いません。

体罰を加えた飼い主をただ「怖い人。危険な人。」と思うだけです。信頼関係が崩れる原因にもなりますので、猫に体罰は決して、加えないでください。

4 操り人形のように扱う

女性に抱っこされる茶色い猫

猫を操り人形のごとく、無理に抱っこしたり引っ張り出したり着せ替え人形にするのも御法度です。猫はストレスに弱い生き物です。人以上に繊細にできているので、下手をすると体調不良を起こすことさえあります。十分、気をつけてあげてくださいね。

5 恋人さながらじっと目を熱く見つめる

見つめる猫

じっと熱く目を見つめるのは人同士なら愛情表現になりますが、猫にとっては喧嘩を売られているのと同じです。猫に愛情を示す時は目を見つめるのではなく、優しく撫でたり声をかけたりしてあげましょう。

いつも目をじっと見つめるのは、猫側からするといつもメンチを切られているようなものです。「ウザい」と思われるのは想像に難くないでしょう。もしあなたが、いつも同居人に睨まれたとしたらどうですか?

6 猫が嫌いな匂いを全力でまとう

くしゃみが出そうな猫の鼻

猫は香水や芳香剤などの強い匂いや柑橘系の匂いを苦手とします。
アロマは猫の体では分解できないので使わない方が良いと言われています。人にとっては良い匂いでも、猫には悪臭でしかないことがあります。猫がいるところでは極力、使わない方が良いでしょう。

7 猫の体内時計を撹乱させる

目覚まし時計と猫

猫はかなり正確な体内時計を持っています。それを乱す行為をするのは「ウザい」と思われるはずです。いつもは寝る時間なのに煌々(こうこう)と電気がついている、大音量でテレビが鳴っているなどしたらストレスに感じて当然です。

休日などに夜更かししがちなのは分かりますが、猫にためにも飼い主の健康のためにも、生活リズムを著しく変えるのは避けましょう。

8 やたらに部屋のイメチェンをする

座布団に座る猫

猫は環境の変化を嫌います。たまに少しだけ模様替えをするのなら良いですが、むやみやたらに部屋のイメチェンをするのは避けた方が良いでしょう。猫が戸惑ってしまいます。
そのうち、ストレスの原因を作る飼い主を嫌うようになってしまうかもしれませんよ。

9 忍者のように素早く動く

びっくりする猫

忍者のように素早く動く…ちょっと憧れることではありますが、猫には「ウザい」と思われるでしょう。ですから忍者修行は猫と暮らしている間はしなくても良いのです。

猫といる時はなるべくゆっくりと穏やかな動きをした方が好かれます。仕方のない時もあるでしょうが、飼い主が素早い動きをした時の猫のビビり方、知っていますか?

飼い主はなんとも思っていなくても、その陰で猫は確実にビクビクしています。気をつけてあげると猫も喜ぶでしょう!

まとめ

不機嫌な猫

どうせ一緒に暮らすなら、お互いが気持ちよく生活したいですよね?猫にとってのNG行為、しっかりと把握しておきましょう。

猫と暮らす上で大切なのは猫のペースを乱さないことです。
もちろん飼い主ご自身の生活も大切にしなければいけませんが、猫のペースも尊重していけると1番良いですね!ストレスが少ない生活を送りましょう。

人気のキーワード