猫のヒゲの色が変わる!?知らなかった豆知識5選!

猫のヒゲの色が変わる!?知らなかった豆知識5選!

猫のヒゲはとても敏感なようです。猫のヒゲの色が変わるって知っていますか?猫のヒゲの色が変わる豆知識を紹介します。猫のヒゲの豆知識も紹介しています。

1171view

知らなかった!?猫のヒゲの色が変わる5つの理由

猫の髭アップ

1.加齢によるもの

猫の多くがヒゲの色が変わったり、猫のヒゲの色に変化が出てきたりします。
猫も歳をとり、老化現象によるものでヒゲの色が一部変わったり、根元だけ変わったりするようです。人間で言う白髪のような感じだと思います。

猫は7歳を過ぎた当たりからヒゲの色が変わることもありますが、個体差があり、早くから変化を見せる猫もいます。

2.栄養不足によるもの

人間が白髪になる原因に、栄養不足により白髪が出てくると言われます。もしかすると、猫も栄養不足からヒゲの色が変わることもあるかも知れませんね。
必要なタンパク質やミネラル不足により、色素が足りなくなり白髪になるとも言われます。

3.ストレスによるもの

猫のヒゲが過度なストレスにより色が変わることもあるそうです。
猫のヒゲは根元に神経が集中しています。人もストレスが多いと白髪になると言われるように、自律神経の乱れからヒゲの色が変わる原因になるようです。

4.病気によるもの

猫の皮膚炎や皮膚病による色素細胞の影響により、色が変わる原因になることもあるそうです。猫のヒゲには血管があり、血液循環に悪影響を及ぼすのが原因の可能性もあります。
滅多にない原因なので、あまり深く考えなくても良いと思います。

5.遺伝によるもの

猫のヒゲの色が変わる原因として、遺伝的なものからくるとも言われています。
毛色によって遺伝からヒゲの色が変わることもあるそうです。

若い猫のヒゲの色が変わるのは、遺伝的要素が考えられるようです。猫の個体により、根元だけ黒くなったり、2本だけ黒くなったり、3色に変わったりするようです。

猫のヒゲの豆知識

顔中にたくさんの髭が生えている子猫

ヒゲの生えてる部分

猫のヒゲは口の横だけではないのです。
ヒゲは、頬、目の上、目の横、あごの下、鼻の横、に生えています。また、前足の肉球の下あたりに生えているのもヒゲと言われるようです。猫のヒゲの生えている箇所により、それぞれの働きがあるようです。

猫のヒゲはむだ毛ではない

猫のヒゲは触毛と言われ、センサーになる感覚器官です。
神経が通っているので、ヒゲが自由に動くのも理由のひとつです。猫のヒゲは危険を感知するセンサー、障害物を避けるセンサー、相手の動きを察知するセンサー、温度や湿度を感じるセンサー、感情を表すセンサーなど、たくさんの役割があるのです。

猫のヒゲは抜ける

たまに猫のヒゲが床に落ちていたりしませんか?
猫のヒゲは一年に2回ほど、抜けてはまた生えてくるそうです。新しくヒゲが生え変わるそうです。
猫のヒゲがよく抜けるのは、ストレスや病気の可能性もあるのです。ヒゲが抜けすぎたり、新たに生えなかったりするのは何か原因があるようです。

猫のヒゲはストレスを感じやすい

猫のヒゲはとても敏感なようです。ヒゲが汚れたり濡れたりするのを嫌がります。
なのでご飯を食べるときは、ヒゲを後ろにして食べます。

猫の神経につながるヒゲは、毛穴が開いたり閉じたりして、感情の表現でもあります。ヒゲが上や下を向いていることから感情を読み取ることができます。猫のヒゲが横に広がっているときは警戒心を表します。
猫はヒゲにストレスを感じやすいので、フードや水飲みの器に注意してあげた方が良いでしょう。

まとめ

大きく口を開けてあくびをする老猫

猫のヒゲの色は人間で言う白髪のようなものでしょう。猫の個体でヒゲの色の変化も違います。

猫はヒゲだけでなく、毛の色も変わることがあります。それは年齢やストレスや栄養が関係しているのだと言えます。
はっきりとした原因は判明できませんが、猫のヒゲの色が変わっても、猫の様子に変化がなければ問題ないと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード