暗闇で猫の目が光るのはどうして?知らなかった目の事

暗闇で猫の目が光るのはどうして?知らなかった目の事

大きくて可愛い猫の目ですが、暗闇でピカっと光ると少し怖いと思いませんか?暗い所でも周りが見えたり、目が光るのは何故か?知らなかった猫の目についてまとめてみました。

1266view

暗闇での猫の目の特徴

暗闇の中で光る猫の目

暗闇でも見えている

猫のように、夜行性の動物は暗闇でも目が見えていると言います。
猫の目の構造は、瞳孔の形や大きさで光の量を調節します。
瞳孔を細くすることで、入る光の量を収縮させて焦点を合わせるのです。

余談ですが、瞳孔の幅は最大で14ミリメートル、最小では1ミリメートル以下だそうです。
猫も、暗闇でも多少の光は必要です。
網膜には、白黒を判別する「杆状体」と色を判別する「錐状体」があります。
猫には、杆状体の方が多く暗闇でも動きを見分けることができるそうです。

猫の目が暗闇で光る理由

網膜の裏には「タペタム」と言う細胞層があり、光を反射させる反射板の役割をします。
網膜の視神経を刺激して、入ってきた光を反射して返すことで、眼球内で光を増殖させることができます。
猫の目が光るのはタペタムに光が反射して起こる現象です。
その反射板が弱い光でさえも跳ね返すので、暗闇や明るい場所でも目が光ると言うのです。

知らなかった猫の目の特徴

布団でくつろぐキジトラ

猫は紫外線を見分けることができる

外国の研究により、猫は紫外線を見ることができる可能性があると言われています。
人間の水晶体では、紫外線はブロックされ、見ることができないのですが、哺乳類の水晶体には紫外線を通すことができるのだそうです。
猫は、色の識別があまりできないので、「グレー」に見えていると言われています。
人間の目に見えない紫外線の光が、猫の脳にはどのように識別されているかは不明だそうです。

猫の視力はどのくらい?

猫は、遠く離れた獲物を見つける瞬発力があるから、目も良く見えていると思いませんか?
実は、猫の視力は0.1~0.2くらいで、はっきりと見えているのは10メートル先までと言われています。猫は近い物が見えにくくぼやけてしまうのです。
しかし、猫の動体視力は優れていて、ゆっくり動くものは見えづらく、素早い動きのものが見えやすいそうです。
つまり猫は、ゆっくり動くものは「止まって見える」らしいのです。
猫と遊んでいるときに、投げた物を見落とすことがあります。
投げた方へは走っていきますが、横にあるおもちゃが見えずに探していたりします。

猫にカメラを向けるのは良くない

フラッシュに目を細める猫

カメラのフラッシュは危険?

猫にカメラのフラッシュをあてると、失明すると言われていますが、どうしてでしょうか?

猫の目は、網膜に光が多く当たる仕組みになっているので、強い光の刺激で網膜障害を起こす可能性があるのです。
しかし、猫が1回フラッシュを浴びても失明する可能性がないと言うデーターもあります。
フラッシュから失明するケースはゼロではなく、猫が恐怖や苦痛で、ストレスから網膜障害を起こすケースもあります。
失明しなくてもフラッシュにより、目に障害が出たり痙攣を引き起こしたりする可能性があるので、避ける方が良いということです。

まとめ

大きな瞳の黒猫アップ

暗闇で猫の目が光る理由をまとめました。

猫の目は、大きく綺麗に見えるのも細く鋭く見えるのも、光の量をうまく取り入れるためです。

猫の目は、狩りをするのに最適な構造から、特徴のある目だと言えます。
猫の目の視力は悪くても、人間よりも視野が広いことや、暗闇でも動くものを捉えることができます。色は鮮やかに見えていなくても、素早い動きについていける動体視力は凄いなど、プラスとマイナスをうまく兼ね揃えている目だと思います。

猫にカメラを向けると顔を背けるのは、カメラのレンズからフラッシュがでるのが苦痛と言うこともあるのかも知れません。
フラッシュにより猫の目を傷めないように、他の方法で写真におさめるようにしていきたいです。

人気のキーワード