猫が下痢の時にオススメのキャットフード4選

猫が下痢の時にオススメのキャットフード4選

猫が突然下痢になってしまった、下痢だけど元気はある…そんな時は、もしかしたら与えているフードを切り替えることで治るかもしれません。ここでは、下痢になりにくいフードや、下痢の時にオススメなフードなど、下痢に関したフード選びについてご紹介したいと思います!

953view

猫が下痢の時のフードの選び方

下痢かもしれない猫

猫が下痢を引き起こすのには、病気はもちろん、フードの質が原因だったり、食物アレルギー、ストレス、食べすぎなど、あらゆる可能性が考えられます。その為、まずは下痢の原因はなんなのか理由を知ることが大切です。

穀物アレルギーを含む食物アレルギーが原因の場合

【対処法】アレルゲンが入っていないフードに切り替える

猫が元気に走り回ったり、食欲も普通にあるのに下痢だけ慢性化している…そんな時は、与えているフードに原因があるのかもしれません。

例えば、市販のキャットフードには、肉食動物である猫の身体では処理しにくいトウモロコシや小麦といった穀物類がたくさん使われているものが多いです。

猫が食べた穀物たっぷりのフードがお腹の中で消化しきれず、結果的に穀物アレルギーに発展してしまうことがあります。

ここで誤解しないで欲しいのは、猫のアレルギーの原因となるのは穀物だけではないということです。人間と同じように、お肉や魚や卵など、どの食品からでもアレルギーになってしまう可能性があります。

食物アレルギーになってしまうと、アレルギー反応のひとつとして猫に下痢の症状がみられるようになります。この場合、下痢以外にも嘔吐や皮膚の異常が同時に現れることもあります。

アレルギーが原因かも?と思ったら、まずはひとつひとつしらみ潰しに原因の食材を見つけていきます。今まで与えていた猫のフードの原料がチキンであれば、魚のフードに替えてみる。穀物たくさんのフードからグレインフリーのフードに替える。などです。

1日2日で特定出来るものではないので、アレルギーを見つけるまではかなりの長期戦になることを覚悟しておきましょう。

フードの質が原因の場合

【対処法】オーガニックやヒューマングレードといった質の良いフードに切り替える

安く手に入るキャットフードには、利益を得るために、穀物以外にも4Dミートという本来はゴミとして捨てられてしまう部分であるはずの質の悪いお肉や、身体に良くない添加物などが入っていることがほとんどで、それらが原因で猫の身体に不調が現れることがあります。

こうしたフードは、少しずつ猫の身体を蝕んでいき、最悪ガンなどの病気にまでなってしまうこともあるので、経済的に余裕があるのであればヒューマングレードと呼ばれる人間も食べられる質のよいフードに切り替えることをオススメします。

ストレスや食べ過ぎが原因の場合

【対処法】

  • ストレスの緩和
  • フードの量を調節する
  • 消化器サポートのフードを試してみる

猫が下痢をする原因がストレスの場合は、そのストレスの元をなくさなければなりません。 そのストレスの原因がどうにもならないことであれば、たくさん遊んであげたり、おやつをあげたりと猫の気分転換になることをしてストレスを緩和してあげましょう。

食べ過ぎの場合は量を少なめに調節し、かわりにあげる回数を増やすようにします。ストレスが原因で猫が下痢を引き起こしている場合も、食べ過ぎが原因で下痢を引き起こしている場合も、まずは今与えているフードのまま様子を見ます。

それでも状況が変わらなければ、消化器サポートのフードに切り替えてみるのも手です。

猫が下痢の時にフードを与える注意点

フードを食べている下痢の猫

フードの切り替え方に注意

下痢が原因で猫のフードを切り替える時は、時間をかけてゆっくり切り替えていくのが基本です。

1日目は今までのフードに新しいフードを少し混ぜる程度、2日目は9:1の割合程度…というように、少しずつ新しいフードを増やしていき、便の様子をみながら1週間以上かけて新しいフードに慣れてもらいます。

焦って新しいフードを急にたくさんあげたりしてしまうと、お腹がびっくりして余計に猫の下痢を悪化させてしまう可能性があるので、もともと下痢の症状が出ている猫には特に慎重に行いましょう。

もしも切り替えている途中で猫の下痢が悪化していると感じたら、今までの食べ慣れたフードの量を増やしてみたり、新しいフードを中断してみたりと臨機応変に対応します。

嘔吐に注意

猫に下痢と嘔吐が同時に症状として現れている場合は、アレルギーの疑いの他にも、なんらかの病気にかかっている可能性も否定できません。

まずは病院に行くことが大事ですが、病院に行く前にも自宅で出来ることがあります。まず、猫は下痢や嘔吐のせいで胃腸が弱っているハズなので、フードはそのまま与えるのではなく消化しやすいように水でふやかしてみたり、必要とあれば半日〜1日食事を与えず胃腸を休ませてあげるようにします。

併せて食欲低下もみられる場合は、断食後に飼い主さんの手から少量ずつ食べさせたり、ウェットフードをぬるま湯でペースト状にし与えてみたりすると良いですよ。

脱水症状に注意

猫が下痢をしているということは、身体の水分もそのまま出てしまっているということです。ですので、脱水症状を起こさないようにいつもより水をたくさん飲ませてあげる必要があります。

水をあまり飲まない猫には、蛇口からあげたり、ぬるま湯にしたりと一工夫すると飲んでくれることもあるので色々挑戦してみましょう。

猫が下痢の時にオススメのフード4選

下痢の時のフードを食べている猫

猫が下痢の時にオススメな消化に優れたフードと、下痢の原因になりやすいアレルギーに対応したフードを合わせてご紹介致します!

ロイヤルカナン 療法食 猫 消化器サポート
1,485円(税込)

商品情報
消化性が高い原材料を使用

病院でよく処方される療法食でも有名なロイヤルカナンの消化器サポートです。お試しで500gから購入出来るところが嬉しいですね。

ヒルズ 猫用 z/d 低アレルゲン
1,229円(税込)

商品情報
食物アレルギーの原因となる可能性が極めて低い加水分解蛋白質を使用

次いでオススメされるのがこのヒルズです。アレルギーの疑いがある猫にはこちらの加水分解蛋白質採用のフードを。

ヒルズ 猫用 z/d 低アレルゲン 食物アレルギー&皮膚ケア ドライ
1,229円(税込)

商品情報
高消化性で消化管の負担を減らす

アレルギー以外が原因の下痢や嘔吐にはこちらの消化ケアタイプを。こちらは下痢や嘔吐によって失われやすいビタミンBやカリウムを補えるよう作られています。

ジーウィーピーク デイリーキャットクィジーン
4,930円(税込)

商品情報
原材料はすべて天然原料

こちらはアレルギーになりにくい鹿肉を使用したフードです。鹿肉は低アレルゲンに加え、肥満にもなりにくく、それなのに栄養価が高いとても優れたお肉なのです。

グレインフリーで質の良いお肉を内蔵までふんだんに使われているため、少々お値段は張りますがそのぶん猫の身体を考えた良フードと言えます。

まとめ

下痢の時のフードを見ている猫

猫の下痢に合わせたフードについてご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか?言葉を話せない猫にとって、下痢や嘔吐は大事な情報源のひとつです。ですので、猫が下痢になってしまったら少しでも早く原因を見つけてあげてその原因を取り除いてあげましょう。

人気のキーワード