猫の食べ過ぎが分かる6つのチェックポイント

【獣医師監修】猫の食べ過ぎが分かる6つのチェックポイント

猫は比較的、あまりガツガツは食べないイメージがありますが、それも個体によります。あまりがっつかない猫もいれば、与えれば与えただけ、食べてしまう猫も。猫が食べ過ぎると、あまり良くない症状が現れるようです。一体どんな症状が出てくるのか、見てみましょう!

7223view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

こんな症状が出ていたら、食べ過ぎ!

たくさんのご飯を食べる猫

猫が食べ過ぎていると、こんな症状が現れてくるようです。チェックポイントとして、参考にされてください。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • お腹がパンパン
  • 血便
  • 胃捻転
  • 肥満

1 嘔吐

舌を出している猫

食べ過ぎで嘔吐、は良くある症状です。胃の許容量を超えてしまい、入りきらなくなったご飯を、戻してしまいます。猫の嘔吐は珍しいことではありませんが、与えるご飯の量には、注意してあげましょう。

2 下痢

トイレットペーパーで遊ぶ子猫

食べ過ぎで消化不良を起こすと、下痢をすることがあります。下痢が続くと脱水症状を起こす可能性がありますし、特に子猫は、命取りになる場合が。猫が下痢をしたらご飯の内容を見直して、適したご飯を適量、与えるようにしてください。

3 血便

トイレに入っている猫

食べ過ぎで消化不良を起こして胃腸炎になり、血便が出ることも。食事量を減らすことで改善する場合が多いです。ご飯の適量を決めて、それ以上は与えないようにするのが、愛猫を守る方法です。

4 胃捻転

獣医師に診察される猫

食べ過ぎによって胃がねじれてしまう、胃捻転を起こす可能性も。食べ物やガスが胃に溜まると起こりやすい病気です。

猫の胃捻転の発症率はそれほど高くありませんが、この病気になると命に関わります。ご飯を食べた後、すぐに激しい運動をすることで起こる場合もあります。注意しましょう。

5 お腹がパンパン

お腹を出して寝転ぶ猫

食べ過ぎるとお腹が膨れるのは、猫も一緒です。食後、猫のお腹がパンパンになっていたら、食べ過ぎが原因です。

6 肥満

芝生に座る肥満猫

食べ過ぎの状態が長く続くと肥満になります。ぽっちゃり猫の見た目は可愛いですが、それだけ病気になるリスクも高いです。

可愛い猫にうるうるの瞳でおねだりされると、ついつい気持ちが緩んでしまいますが、一時の気の迷いが愛猫の病気を招くことにつながります。締めるところは締めて、愛猫の健康管理を、しっかりと行いましょう。

まとめ

冷蔵庫の食材を狙う猫

我が家の3匹いるうちの2匹は、それほどガツガツしていないのですが、残りの1匹ががっつき君で、いつもご飯を食べたそうにしています。

子猫だからと思って欲しがるだけ与えていたら、お腹がたるたるになってしまいました。

以降は太らないように気をつけていますが、あの可愛い顔でおねだりされると、あげたくなってしまいます。でも、そこは心を鬼にして、無視をしなければいけません。

猫にご飯を与えるとき、気をつけたいのが「おやつ」です。

おやつを与えるときはその分のカロリーを、ご飯から差し引く必要があります。

カロリー計算が少し面倒ですが、愛猫の健康のため、ご飯の量には気をつけてあげたいですね。愛猫のご飯を管理できるのは、飼い主さんしかいないのですから。

多頭飼いの場合は、他の猫さんのご飯を食べてしまわないように、注意が必要ですね。

スポンサーリンク