同じ種類でも『長毛、短毛』両方いる猫の種類5選

同じ種類でも『長毛、短毛』両方いる猫の種類5選

長毛と短毛両方いる猫をご存知でしょうか?猫の種類は豊富にいますが、毛の長さから毛の色、体型などどれくらい知っていますか?長毛と短毛両方いる猫の種類と特徴から少し見かけない変わった猫の紹介をしています。

1808view

長毛、短毛の両方いる猫の種類と特徴

長毛と短毛の子猫たち

1.スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

たれた耳に丸い顔と目で体型は、ころっとしているのが特徴です。子猫は普通の耳で生まれ、生後2~3週頃から耳がたれ始めますが、耳がたれない猫が半分ほどいると言われています。

2.マンチカン

マンチカン

足が短いのが特徴です。ルーツは突然変異で生まれた短足の猫と言われています。足が短いことに不便は見られなくよく動き回ります。両親が足が短くても足の長いタイプの子が生まれることもあるそうです。

3.ソマリ

ソマリ

アビシニアンの長毛バージョンとされ、こちらも突然変異で生まれたそうです。長毛のアビシニアンを品種化したのがソマリと言われアビシニアンの特徴もそのまま受け継がれているそうです。

4.ラパーマ

ラパーマ

名前の通りにパーマをかけたようなクルクルとした毛が特徴の猫です。尻尾にはカールした毛が覆われています。また、ヒゲやまつ毛まで全身くるりんヘアになっています。

5.エキゾチック

エキゾチックショートヘア

ブリーダーたちの希望で「ペルシャの特徴を持ち、毛の手入れの楽な短毛種を」ということで、ペルシャとアメリカンショートヘアを交配させて作られました。離れ気味についてる丸い目と潰れたような鼻が印象的です。

個性的な猫の種類

スフィンクス

スフィンクス

宇宙の彼方から飛んできた「毛のない猫」と言われていて、見た目はブルドッグに見えます。無毛と言われますが、よく見れば短くて細い柔毛が生えているそうです。耳は大きく、目はレモン型の猫です。セミフォーリンタイプです。

セミフォーリンとは、中間的な体型でフォーリンタイプよりも足が短くてやや小さめで細身の猫のことを言います。マンチカンなどが挙げられます。

マンクス、キムリック

マンクス

マンクスは、短毛ですが、キムリックは長毛猫です。

特徴は、 尻尾のない猫とされ、尻尾のない猫はこのマンクスとキムリックしかないのだそうです。うさぎのようにぴょんぴょんと跳ねるように動くのが特徴です。

前足は短くてがっしりしており、後ろ足の方が長いので腰高体型になっています。尻尾のない猫とされていますが、実は尻尾の長さが3種類に分かれているのです。

  • 完全に尻尾がないタイプ『ランピー』
  • 尻尾が折れたりねじれたりしているタイプ『スタンピー』
  • 日本猫等のボブテイルよりもやや短い尻尾を持つタイプ『ロンギー』

とされています。

まとめ

カゴの中にいる四匹の子猫

長毛と短毛の両方いる猫で、子猫のときにどちらに育つか楽しみでもあります。見分け方としては、耳の先を見て毛が飛び出てる猫は、長毛の血が入っていると言われています。

また、長毛と短毛のミックスから生まれた子猫は、短毛になることが多いそうです。猫にも毛の長さや種類等、たくさんいて発見したりできて楽しいですね。

人気のキーワード