段ボール製の猫ベッド「アスクの黒缶爪とぎ」の使い方

段ボール製の猫ベッド「アスクの黒缶爪とぎ」の使い方

アスクが作った丸い形の段ボール製の猫ベッドを先日購入しました。中はすべて段ボールで、爪とぎにもなっており、猫がベッドに入ると自然と丸くなるので綺麗なニャンモナイトが出来上がるということで話題の猫ベッドです。使用法と猫の様子を公開します。

620view

段ボール製猫ベッドを購入した決め手

段ボール製猫ベッドの側面の写真

段ボール製猫ベッドの側面にはキャットフードの黒缶の写真がプリントされています。猫が大好きなマグロのフードの写真が、猫によく似合うんです。うちの猫はマグロが大好きなので、きっと喜んでくれると思ってこの商品を購入してきました。

段ボール製猫ベッドの使い方

段ボール製猫ベッドの内部の様子の写真

付属のキャットニップを使う

段ボール製猫ベッドにはキャットニップが付属しています。初めて猫の目の前にこのベッドを置いたときは、さすがに警戒すると思います。繊細な猫ならしばらくは寄り付いてもくれないかもしれません。そんなときに頼りになるのが、付属のキャットニップです。

新しいものに興味を持ってもらうときはいつも使わせてもらっています。まずキャットニップを段ボール製猫ベッドの中にばらまきます。そうするだけで、猫はお鼻をヒクヒクさせながら寄ってきてくれました。そのしぐさや目つきを見ているだけでときめくくらいです。

あとは猫の自由に任せるだけ

猫がベッドに入ってくつろいでいる写真

興味を持ってくれたら猫の好きなようにさせておくだけです。猫が好きなタイミングで爪をといだり、好きな時に丸まってニャンモナイトを見せてくれたりするようになるのです。うちの猫は使用開始から3時間後には、段ボール製猫ベッドの中で見事なニャンモナイトを作って見せつけてくれました。

普通にその辺のカーペットの上でできてるニャンモナイトを見るよりも、段ボール製猫ベッドのような丸くてサイズがぴったりの入れ物の中でできてるニャンモナイトは丸みが強調されて、より猫本来のかわいい魅力がアップしているような気がします。

段ボール製猫ベッドを使う様子

ニャンモナイトを真上から見た写真

段ボール製猫ベッドは上から入ってその中で丸くなるだけなので、間違った使い方をされてしまう心配はほとんどありません。興味を持ってもらえさえすれば、うちの猫のように期待通りの使い方をしてくれるようです。

このベッドを購入する前に使っていた、正面の穴からくぐって入るタイプの猫ベッドはどうしても上に乗っかって押しつぶして使っていました。

この段ボール製猫ベッドの場合は、上に乗っかるタイプなので、穴に入るよりも上に乗るのが好きな性格の猫には相性がいいものだということがわかります。

今も、1日1回はきれいなニャンモナイトを見せつけてくれるので、目の保養になっています。猫も今まで以上に安心しきって寝ているようで、熟睡してくれているのがよくわかります。丸くなっている状態で聞かせてくれる寝息もかわいらしいですよ。

まとめ

段ボール製猫ベッドの中で熟睡している様子
  • 段ボール製ベッドの魅力は丸くなる猫の丸みを堪能できること
  • 丸まっている猫を見るのが好きな飼い主にぴったり
  • 上に乗って寝るのが好きな性格の猫に相性抜群
  • 猫も体型にぴったり合ったサイズの丸いベッドが落ち着くのか、本当によく熟睡できている様子

40代 女性 かえまり

アスクの黒缶つめとぎを購入してみました。さいしょは、びっくりして離れたところから眺めていましたが、ほどなくして、近づいてきました。遊んでくれるかなと心配でしたが、中に入ってみたり、ふちをガリガリしたりと二匹そろって遊びだしました‼
ばしょを、日向のほうへ、うごかしたりと、気に入った様子です。二匹は喧嘩することもなく、自然に交代して中でねたり、毛づくろいをしていました。夜は部屋の奥におきました。何度みても、やはり、長男猫が陣取って寝ておりましたが、外から次男猫がカリカリとつめとぎをして遊んでいました‼
くずも、あまり、散乱しないので助かっています‼いままでいろんなつめとぎを与えてみたりしましたが黒缶つめとぎのようにくいつきがいいのはなかったです、さすがです。部屋においててもかわいいし、冬はあたたかそうでそして、たのしいみたいで安心しています。

女性 tonakai

猫缶の形の爪とぎ、猫カフェや猫ブログなどで見たことがあります。ユーモアがあるだけではなくて実用性もあるので、いいなと思っていました。家の近くのお店では扱っていないのが残念です。
我が家の猫の爪とぎは、板状の段ボールの良く見かけるタイプと、キャットタワーの柱です。他の爪とぎは使ったことがありませんが、キャットタワーの柱がボロボロになってきたので、他の爪とぎが欲しいと考えていました。また、猫ベッドもどういうタイプが好きなのかいまいちわからず、子猫の時に購入した小さなベッドとドームタイプがありますが使っているのかよくわかりません。ベッドの大きさが自分の体にフィットしていないでお気に入りにならないのかもしれません。この爪とぎならベッドとしても使えて、写真を見る限りうちの猫の体の大きさにもフィットしそうです。ニャンモナイト、我が家でも見てみたいです。

40代 女性 かえまり

アスクの黒缶爪とぎを購入してみました最初は、びっくりして離れた所から眺めていましたが、ほどなくして、近づいてきました。遊んでくれるかなと心配でしたが、中に入ってみたり、ふちをガリガリしたりと二匹そろって遊びだしました‼
場所を、日向のほうへ、動かしたりと、気に入った様子です。二匹は喧嘩することもなく、自然に交代して中でねたり、毛づくろいをしていました。夜は部屋の奥におきました。何度みても、やはり、長男猫が陣取って寝ておりましたが、外から次男猫がカリカリと爪とぎをして遊んでいました‼
くずも、あまり、散乱しないので助かっています‼今まで色んな爪とぎを与えてみたりしましたが黒缶爪とぎのように食いつきがいいのはなかったです、さすがです。部屋に置いてても可愛いいし、冬は暖かいそうでそして、楽しいみたいで安心しています。

20代 女性 サン

アスクの黒缶爪とぎは中はすべて段ボールで爪とぎにもなっていて猫がベットに入ると自然と丸くなります。段ボール製猫ベットの側面にはキャットフードの黒缶の写真がプリントされています。キャットニップが付属しています。初めて猫の前にベットを置くとさすがに警戒します。
繊細な猫ならしばらく寄り付かないときにキャットニップが役に立ちます。
キャットニップを段ボール製の猫ベットの中にばらまきます。そうしたら猫は鼻をヒクヒクさせながら寄ってきてくれます。

興味を持ってくれたときは好きなようにさせます。猫が好きなタイミングで爪をといだりしてくれるようになります。その様子を見ているだけで癒されます。

段ボール製ベットは上に乗っかるタイプなので穴に入るよりも上に乗るのが好きな猫は相性がいいです。

スポンサーリンク

人気のキーワード