猫がセミを食べるのは大丈夫なのか その対処法とは

猫がセミを食べるのは大丈夫なのか その対処法とは

猫がセミを食べてしまった!そんな衝撃的な光景にパニックになっている飼い主様もいらっしゃるのではないでしょうか?猫は小動物や虫を食べて生きていた動物のため、セミのような昆虫をみると思わず攻撃をして食べてしまいたくなるのです。しかし猫はセミを食べても問題がないのか気になりますよね。そこで今回は猫がセミを食べることについてご紹介しましょう。

2181view

猫がセミを食べても大丈夫?

セミを見る猫

猫がセミを食べても基本的に害はない

猫がセミを食べることにパニックになる方もいらっしゃるかもしれませんが、セミを食べても猫には毒となることはありませんのでまずは安心してください。猫が野性で生きていた時代は、昆虫を食べて生活をしていたためセミを見かけたら本能的に捕まえてしまう猫は多いようです。

セミに寄生虫がいる可能性もある

猫がセミを食べても毒性はないため、中毒を起こしたりすぐに死に至る可能性は少ないのですが、セミを食べることで寄生虫に感染する可能性はあります。セミを食べても寄生虫がそこまで多くないため、感染する可能性は少ないようですが決してゼロではありません。

セミを食べたあとに下痢、嘔吐、血便、食欲不振、肛門のかゆみなどが見られたならば寄生虫の可能性を考えて病院へ受診するようにしましょう。

猫がセミを取ってくる心理

猫の狩猟本能

飼い猫の場合、餌をもらえないという心配はないためお腹が空いたからセミを取るということはないようです。ただ、セミの動きは猫の狩猟本能を刺激するのでお腹が空いているということは関係なく、セミを口で捕まえた結果食べてしまうという猫は多いようです。

セミをお土産にする猫も

猫は大好きな飼い主様に褒めてもらうため、または狩りもできないダメな飼い主様のためにお土産を持ってきてくれます。そのお土産の中にはもちろんセミも含まれています。猫にとっては特に悪気はなく、むしろ「飼い主様は虫もなかなか捕れないみたいだから代わりに捕ってあげたよ!」と善意で行っている行為の可能性が極めて高いです。

セミを持ってきてくれることは飼い主様からすれば非常に迷惑だと感じるでしょうが、そこで叱ったりしては愛猫の気持ちを踏みにじることになりますので、いらなくてもとりあえずお礼をいうようにしましょう。

猫がセミを食べるのをやめさせる対処法

猫と虫
  • 猫とセミを接触させない
  • 猫を外に出しているときは目を離さない
  • 猫に鈴をつけて虫を寄せ付けない

猫がセミを食べても中毒性はないと言っても、できることならやめさせたいですよね。しかし、猫が虫を見たら追いかけるのは本能ですしセミを見つけたら好奇心を刺激されるのは当たり前だとも言えます。そんな猫にセミを食べるのをやめさせるにはどうしたらいいのでしょう?

猫とセミを接触させない

セミを捕まえた猫

まず猫がセミを持ってくるのをやめさせるのに一番いい方法は、猫とセミを接触させないようにすることです。そのためには、放し飼いをやめて完全室内飼いをするようにしましょう。セミを持ってくるということは、セミと接触をしているということですから、接触すること自体をやめさせれば対処できます。

またバルコニーや庭にでたときにセミを持ってくるというかたは、愛猫がセミに近づこうとするのを阻止しましょう。愛猫が一点をジッと見つめていたら、それはセミを始めとした昆虫を狙っているサインの可能性があります。

猫を外に出しているときは目を離さない

セミだったならば危険は少ないでしょうが、他の虫の場合ならば毒を持っている可能性もゼロではありません。そのような危険を回避するためにも、猫を外に出しているときは目を離さないようにしましょう。

猫に鈴をつけて虫を寄せ付けない

外に出すのを控えるのがかわいそうだという方は、愛猫に鈴をつけてあげるのも有効な方法だと言われています。鈴をつけると、愛猫が動くたびに鈴がなるため虫も驚いて捕まえられる前に逃げ出してくれます。狩りの失敗が増えればセミを持ってくる可能性もグッと下がりますので、鈴をつけてあげたり愛猫が外に出ているときは虫がこないように何らかの工夫をしてあげるようにしましょう。

ただ、猫に鈴をつけると動くたびに鈴の音がするためストレスを感じてしまいやすくなるという意見もあります。昔から鈴をつけていたらそのようなことはないという考え方もあるようですが、鈴をつけることでストレスを感じる可能性もあるということは頭の片隅においておいたほうがいいかもしれませんね。

たださまざまな対策をしたのにもかかわらず、もし愛猫がセミを持ってきたときは叱ってはいけません。前述したとおり、セミを飼い主様の元に持ってくるのは親切心からと褒めてほしいという心からです。その気持ちを無下にしては、愛猫を傷つけてしまいますので、セミを持ってきたら動揺する心をグッと抑えてお礼を言ってあげて、愛猫の見ていないときにそっと処分をするようにしましょう。

まとめ

猫とセミ

猫がセミを持ってくるのは珍しいことではなく、何も不思議なことではありません。むしろ、猫としての本能が色濃く残っているためセミを狩ってしまうようです。

そんなセミを食べる愛猫の行動をどうしてもやめさせたいと考える気持ちは非常によくわかりますが、食べている瞬間や狩ったセミを持ってきてくれたのを叱るのは、愛猫の心を傷つける原因となりますのでよくありません。

そんな愛猫を傷つけることなく、セミを食べるのを防ぐにはセミとの接触を断つのが一番有効です。愛猫の気持ちを傷つけることなく対処をしてあげましょうね。

人気のキーワード