手足口病は猫にもうつる?人から猫に感染する病気について

手足口病は猫にもうつる?人から猫に感染する病気について

人と猫が共にかかる、共通の病気がいくつかあります。「人獣共通感染症」と言いますが、口や手などに発疹ができる「手足口病」も、そうなのでしょうか?果たして、人の手足口病は猫に移るのか?詳しく調べてみました!他に「人から猫に移る病気特集」「人から猫に移りそうで移らない病気特集」もあります!

1169view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

人の手足口病は猫に移る?

鼻をかむ少女と一緒に寝る猫

ズバリ!人の手足口病は、猫には移り・・・ません!手足口病は、一般的に子供がかかりやすい病気と思われていますが、だからと言って安心してはいけません。子供から大人に移る事はありますし、しかも、大人の方が重症化しやすいのです。ですから、手足口病にもしかかった時は、猫の体調も大切ですが、ご自身の体を、まず1番に心配してください。

人から猫に移る病気

鼻をおさえる女性と猫

人から猫に移る病気には、こんなものがあります。

  • 結核
  • サルモネラ菌
  • 糸状菌症

結核

結核に感染した人が、猫に移してしまう可能性が指摘されています。結核はとうの昔に撲滅された病気として認識されていますが、実は最近になって新しいタイプの結核が登場していることが、分かっています。結核によって命を落とす人もいますので、決して軽くみてはいけません。逆に猫から人に感染することもありますので、お互いに感染していないか健康診断などを受け、確認することが大切です。

もちろん、人から人への感染もあり得ます。日本では撲滅したとされた結核が最近になって復活してきており、警戒が強まっています。猫だけでなく飼い主さんの健康も考え、感染しないようにマスクの使用やお子さんであればBCGを接種するなど、予防をするのが効果的です。

サルモネラ菌

サルモネラ菌を保有した人の排泄物に、何かしらの形で猫が触れることで感染する可能性があります。
愛猫が飼い主さんの排泄物に触れる機会は少ないと思いますが、例えば、人用のトイレの中に猫のトイレを設置している場合や、偶然トイレの中に猫が入ってしまった場合などに原因菌に接触してしまう可能性があります。
排泄の際に想像以上に便器内に最近は飛散します。万が一飼い主さま家族がおなかの調子を悪くしているときには猫のトイレの設置場所を考えたり、ねこがトイレ内に入り込まないように注意しましょう。
トイレから出るときに飼い主さまの手をアルコール消毒することも人獣共通感染症を予防する方法です。人がサルモネラ菌に感染するのは、加熱の足りない卵や鶏肉の摂取や、爬虫類を触った手を洗わずに何かに触れてしまうことなどが原因になります。
愛猫と共に感染しないよう、十分に注意しましょう。

糸状菌症

糸状菌症は、人も猫も感染する病気です。糸状菌は非常に多くの種類が存在し、感染する動物によって菌も異なります。人と猫に感染する菌としては、「イヌ小胞子菌」が代表的です。人から猫に感染する可能性も、猫から人に感染する可能性もどちらもあります。予防に努めるのが一番です。

人から猫に移りそうで移らない病気

長毛猫を抱きしめる女性

人の間で感染する感染症はたくさんありますが、以下の病気は猫には移りません。ご安心を。

  • インフルエンザ
  • 水疱瘡
  • 麻疹
  • 風疹
  • 日本脳炎
  • ポリオ
  • ヘルペス
  • 肝炎

インフルエンザにかかると、愛猫に移さないか心配する飼い主さんがいますが、猫には移らないとされています。しかし、海外ではインフルエンザにかかった家の動物も体調不良を示したという報告もありますので、全く同じ症状が出ないにしても体調不良を引き起こす可能性はあります。十分注意してください。。ご紹介したようにインフルエンザ以外にもたくさんの感染症がありますが、どれも猫には移らないので、心配する必要はありません。とは言え、病気にはかからないのが一番です。

飼い主さんが倒れてしまい、愛猫のお世話がもしできなくなったら、愛猫が激怒するかもしれません。愛猫の逆鱗に触れない為にも、どうかお体をお大事に・・・

まとめ

猫を抱きながら体温計をくわえる男性

この記事では紹介していませんが、猫から人に移る病気も存在します。人から猫に移る病気も、猫から人に移る病気も、適度に愛猫と接していれば、感染することは少ないはずです。いくらかわいいからと言って、愛猫と必要以上にスキンシップをはかることは避けましょう。また、トイレの掃除や猫の体のお手入れをしたら、手を洗うことが大切です。やはり、体は資本です。お互いの為にも病気予防に努め、万が一病気にかかってしまった時には早めに受診して、治療を開始するようにしてください!

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

スポンサーリンク

人気のキーワード