猫が老化してきた時の5つのサイン

猫が老化してきた時の5つのサイン

違う動物である猫もヒトも、老化だけは止められません。ヒトが年を重ねると様々な老化現象が現れるように、猫にも老化現象のサインが現れます。今回はそんな、猫の老化現象と老化のサインについてみてきましょう。

1900view

猫の老化サイン5つ

猫とおじいちゃん

猫の老化サイン1、睡眠時間が増える

猫の老化サインでまずあげられるのが睡眠時間が長くなることです。猫はもともと一日の大半は寝て過ごしていますが、老化にともない睡眠時間はさらに伸びることになります。若い時は遊んで!かまって!と、飼い主様にスリスリしていた猫ちゃんも、そのようなことが減りお気に入りの場所で寝ていることが増えてきたら老化のサインだと思ってください。

猫の老化サイン2、動かなくなる

全く動かなくなるというわけではありません、自分で歩いたり走ったりする回数が減りお気に入りの場所でジッとしていることが増えるということです。

人間でも年を取ると身体が痛んだり、筋肉の衰えでなかなか素早く動けなくなったりしますよね?それと同じで、猫ちゃんも老化が進むにつれて動くことが億劫になり一日中同じ場所で過ごすようになってしまうのです。

老化が進んだ猫ちゃんの中には、水を飲むこともトイレに行くのも面倒だと感じてしまう子もいるようです。そのような猫ちゃんは、腎臓病になってしまうこともありますので、猫ちゃんに少しでも長生きしてもらうために老化サインが現れたらトイレや飲み水を数を増やすなどして対応してあげましょう。

猫の老化サイン3、視力低下

老化が進むと視力も低下をしていきます。中には白内障になってしまい、視力がほとんどなくなってしまう子も。以前はぶつからなかった家具によくぶつかるようになったり、歩き方がおぼつかなかったり、高い所に登らなくなったら視力低下による老化サインかもしれないと考えてあげるようにしましょう。

猫の老化サイン4、毛ツヤが悪くなる

ヒトも老化が進むと髪の毛のコシがなくなり、ボリュームも減ってツヤもなくなりますよね?それと同じく猫ちゃんも老化すると毛ツヤがなくなってしまいます。

特に老化が進むと、今までは自分で頻繁に行っていたセルフグルーミングも頻繁にはできなくなってしまい、毛がパサついてしまいます。そのような老化サインが見られた時は、グルーミングができなくなった愛猫のためにブラッシングをしてあげるようにしましょう。

猫の老化サイン5、食欲が落ちる

食欲が落ちるのも老化サインとして上げられる代表的な症状です。今までは喜んで食べていた餌を完食できなくなったり、ご飯だよと呼んでもあまり喜ばないようになった場合は、内臓の働きが低下をしているため食欲がなくなっている可能性があります。

また、ドライフードを与えている場合なら、カリカリが硬すぎて食べられなくなっていることも考えられます。そのような老化サインを見せる愛猫には、年齢にあったシニア用の餌を与えたり、食べやすいようにお湯でふやかした餌を与えてあげるようするなど工夫をするようにしましょう。

老化サインが現れたら考えたいバリアフリー

くつろぐ老猫

愛猫に老化サインが現れたら、愛猫がお部屋の中で快適に過ごせるようにお部屋をバリアフリーにすることを考えなければなりません。

バリアフリーにするってことはお部屋をリフォームしないといけないの?と、心配している方はご安心ください。猫ちゃんヒトと違って身体能力も高いですし、自分の身体が老化したならば、その身体に合わせた生活を勝手に送るようになります。

そのため、老化サインが現れたからといって大掛かりなリフォームを決意する必要はありません。ただ、老猫となった愛猫が少しでも快適に過ごせるようにこのような工夫をしてみるようにしましょう。

  • 段差をできるだけ無くす
  • 水飲み場やトイレを増やす
  • 行きやすい場所にトイレを移す
  • 高いキャットタワーでなく低い物に変える
  • ぶつからないように家具の配置を変える
  • ブラッシングなどのお手入れを小まめにしてあげる
  • 静かに寝れる環境を整える

特に老化が進んだ猫は、若いころよりもゆっくりと穏やかに過ごすことを望みます。そのため、ゆっくりと過ごせる落ち着ける場所を用意してあげる他、あまり移動しなくてもいいようにトイレや飲み水も近くに設置してあげるようにしましょう。

老化現象に伴う症状はその猫によって様々です。老化サインが見られたらその都度、愛猫が過ごしやすいように柔軟に対応をしていくようにしましょうね。

まとめ

猫とおばあちゃん

どれだけ健康に気を使って毎日お世話をしてあげても、老いには勝てません。そんな老化サインが愛猫に訪れたとき、飼い主として何をしてあげられるのか?どのような時間を過ごさせてあげられるかが重要となってきますので、ぜひ老化サインが見えた時に愛猫にどのような対応をしてあげればいいのか事前に考えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード