猫が美味しそう!と思う食べ物の特徴

猫が美味しそう!と思う食べ物の特徴

愛猫が好むおやつを皆様ご存知ですか?それぞれの猫の好みはありますが、一般的に美味しいと猫が思う食べ物を探してみました。

1041view

猫が美味しそうと感じる食べ物の特徴

ご馳走を前にした猫

猫が美味しそうと感じる3つのポイント

香りをかぐ猫
  • 香り:猫が食べる前の食欲を促す
  • 食感:食べている最中に感じる
  • 栄養バランス:食後に感じる部分

ロイヤルカナン社によりますと、猫は食べ物の「香り」「食感」「栄養バランス」から「美味しい!食べたい!」と感じていると研究結果が出ています。猫は、五感の中の「臭覚、触覚、味覚」に響く食べ物を「美味しい」と感じると言えます。

「肉食動物として身体に必要でなものを摂取する」「猫の品種」など先天的な要素、「育った環境」「生後三ヶ月までに食していた食べ物」が影響する後天的な要素も猫の五感を左右します。

人でも美味しそうと感じる物

  • 焼き魚
  • チーズ
  • 煮干し
  • 刺身
  • 鶏肉
  • ちゅーる

猫は人間から見ても「美味しい」と思う物が猫も好みのようです。ただし、猫が食べ過ぎると肥満になりやすい食べ物が多いという点も特徴としてあげられます。

動物性タンパク質が豊富なもの

筋肉やコラーゲンなど、猫は身体の組織としてタンパク質を必要とします。そしてエネルギー源にタンパク質を使用するために、猫は犬や人間より多くのタンパク質を必要としています。動物性タンパク質の多い食品を「美味しい」と猫は感じるようです。

植物性タンパク質の入っている穀物が猫にとっては良く無いと言われいますが、動物病院で扱われているキャットフードは、食物繊維など猫にとって必要のない成分が丁寧に取り除かれているそうです。

猫が美味しいと思っているときの仕草

鼻をなめる猫
  • 猫がリラックスした雰囲気で食べている
  • 半分以上目を閉じて食べている
  • 舌を半分くらい突き出す動作が見られる
  • 猫が鼻を舐める

猫が美味しいと思っている時は全体的にリラックスして落ち着いています。そして半分以上目を閉じ恍惚とした表情もする事が多いです。以前の調査では、猫が鼻を舐めるときは食べ物が「不味い」からと説明されていましたが、近年は「美味しい」時に猫が行う動作と言う事が分かっています。

猫にとって美味しい物は注意が必要

美味しい物は塩分が多く匂いも良く、猫の食欲を増進します。猫が多く食べ過ぎてしまうと、塩分を多く摂取し過ぎてしまう可能性が高まります。猫に与える量はくれぐれも注意が必要です。

魚は白身、赤身のみで青魚やタコ、イカを与えてはいけません。そして魚だけ食べるのは良く無いですから、目先の変わったご飯、もしくはおやつとして与える方が良いでしょう。

鶏肉は生のままで与えるのは絶対に駄目です。チーズも人間用のチーズは猫にとって塩分が多すぎますので、猫用のチーズが良いでしょう。

猫が美味しくないと思う食べ物の特徴や「まずい」の仕草

睨む猫

猫が美味しいと思わない食べ物の特徴

  • タンパク質の少ない食べ物
  • 匂い、食感が好みでない食べ物
  • 大きさや形が猫の好みに合わない食べ物
  • 温度が冷たい食べ物

猫はタンパク質の少ない食べ物には、だんだんと興味を失ってくるようです。美味しい食べ物でも、冷たかったり形状が猫の好みに合わないと「美味しい」と思わないようです。

猫が美味しいと思わない時の様子

  • 口を開けたまま舌を出す
  • しわが寄るほど目を閉じる

口を開けたまま舌を出すのは「オエッ」という様子の特徴で不味いときのリアクションになります。猫は美味しい時にはたいてい目を半分閉じていますが、しわが寄るほどきっちり目を閉じて食べているときは「不味い食べ物」に対するリアクションになります。

猫に美味しいと思ってもらうために出来ることは?

食べ物を温める

猫の好みの温度は常温から体温である25度〜37度とされます。冷蔵庫から出したばかりの食べ物にはあまり食欲をそそられないようです。電子レンジなどで温めると猫の食いつきがよくなります。

食べ物を入れる食器の材質や高さ

食べ物ではありませんが食べ物を入れる「食器の材質、食器の高さ」も大変重要です。陶器製、ガラス製、プラスチック製、ステンレス製の順番に猫は好むそうです。

そして子猫時代に使用していた食器は高さが足りなくなってきます。台の上に食器を乗せたり、高さのある食器に変更する等、猫の成長に合わせる必要があるでしょう。

季節の変わり目や体調の変化

季節の変わり目や、猫の持病や体調の変化があると美味しいと思う食事が変化します。

まとめ

チーズをもらった猫

猫が美味しそう!と思う食べ物の特徴についてお伝えいたしました。

飼い主は、いつでも愛猫が美味しいと感じている姿を想像しながら食事を作っていますよね。人間の食事もそうですが、美味しいものは大抵、健康を維持していくには不利な点があります。

なるべく美味しいと猫が思ってくれる食べ物を与えられると嬉しいと切に思います。これからも、愛猫の様子に注意しながらますます充実するように考えていきたいです。

スポンサーリンク

人気のキーワード