病気かもしれない猫の『目やに』の特徴とは…

病気かもしれない猫の『目やに』の特徴とは…

猫の『目やに』について書きました。猫から出る目やにで病気や怪我がわかったり、目やにのでかたなどで危険な目やに、正常な目やにがわかる記事を書きました。私達が出来るケアの仕方も書いたので良ければ参考にして下さい。

2117view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫の目やにでわかる正常と危険

目薬をさす猫

猫の目やにとは?

私達にも朝起きて鏡を見ると目やにが出ていたりするのは日常的な事です。目やにとは、涙に含まれる粘液に古くなった細胞や目に入ったゴミなどが混ざって出来た老廃物です。

猫も目やにが出ます。なので、目やにが付いているのは猫がよく寝れた証拠でもあるのです。生まれつき目やにが出やすい子もいるようです。

正常と言われる目やに

寝起きの猫

コーヒーのかすのような茶色く固い目やには、正常な目やにと言われます。私の愛猫もこの目やにが多いです。

アレルギー性の目やに

涙が出ている猫

透明でさらさらしている涙の時は、外傷や花粉症と言われます。そして、ハウスダストによるアレルギー性の目やにの場合は、常に涙が出て粘りのない目やにが大量に出ます。

異常を感じられる目やに

黄色~緑の目やにが出ている場合は、化膿していたり細菌感染の可能性があります。こう言った場合は、病気の可能性があります。

猫の目やにが出ている目で分かる事

コタツで寝る猫

片目の場合

片目の場合は、猫同士のケンカやゴミが入る外傷によるものが多いでしょう。症状は、目を傷つけて痛めたものが原因で炎症をおこし白く濁った目やにが出ます。我が家の猫達もよくじゃれ合ったりしています。

その時に目にあたったようで、片目が赤く腫れて目が痛そうでした。1日様子を見て、目もちゃんと開いて赤みも無くなっていたので軽くで済み良かったです。

両目の場合

もし両目から目やにが出ている時は、感染症による結膜炎をおこしいる可能性があります。結膜炎になる理由に、猫風邪、猫クラミジア、マイコプラズマ肺炎の病原体によりなると言われています。

また、猫の目の病気2大で結膜炎と角膜炎が多いと言われています。少しでも異常だと感じたらすぐに病院に行くことが大切です。

自宅でできる猫の目やにケア

目やにのケアをする猫

目やには、人間も同じですが病気のシグナルとなります。粘りのない目やにが出ている時は、指でそっととってあげます。

コットンやガーゼを使う

もし、粘りのある目やにが出ていたらコットンやガーゼで優しく取り除いてあげます。取りにくい場合には、少しコットンを湿らせて取ってあげるといいと思います。

ウェットティッシュはNG

ウエットティッシュには、アルコールが含まれている物があるのでアルコールが付いてない物で拭いてあげます。目を傷つけない為に、決して擦るのはいけません。

また、眼球には触れたりするのも悪化する原因になるので気をつけて下さい。

そして、ゴミやホコリも目やにの原因になるので常に掃除をするとか、空気清浄機をつけるなど心がけて愛猫の健康を守るのが大事だと思います。

まとめ

机の下でまるまる猫

私の愛猫も、よく目やにを出しているのですが今のところ病気と感じられる目やにではないので心配はないのですが目やにが大量に出てたり気になる色だったりするとすぐに病院に連れていきます。

言葉で伝えられないので、私達がそれを気づいてあげなくてはなりません。

猫の目は大きくて透きとおるような目をしています。そんな可愛い猫の目を守る為にも出来る事はやってあげたいと思います。

スポンサーリンク