新築の家で猫を飼うためのポイントと注意点

新築の家で猫を飼うためのポイントと注意点

新築を建てようとしている、新築に入居を控えている、または新築に住み始めたばかりだという方、どんなデザインにしようか考えたり、傷一つないピカピカな壁と床に囲まれ、木のいい香りに包まれ、新しい家具家電やカーテンなども買い揃え、今まさに幸せの絶頂といったところではないでしょうか。せっかくペットを飼えるようになったのだから、我が家も猫ちゃんをお迎えしよう!と思っている人へ、是非教えたい、新築に猫を迎える注意点や、猫の爪と牙から家を守るアイテムなど、失敗経験を踏まえて紹介したいと思います。

1927view

新築の家で猫を飼うためのポイント

家と猫

まず、生き物を飼うのだから新築でも多少の傷や汚れは覚悟しておいてほしいのです。
とは言え、出来る限り「キレイ」を保ちたいですよね。
猫のためにも人間のためにも、押さえておきたいポイントをまとめてみました。

キッチンと玄関は柵を張る

美味しいものがあるキッチンや、外の匂いがする玄関は猫に必ず狙われます。
猫にとっても怪我や脱走の危険がありますし、人間にとっても衛生面の問題や、人の目に多く触れる玄関はキレイにしておきたいですよね。
新築の家を建てる前の段階、あるいは猫を迎え入れる前に、ドアを取り付けておくなど対策をしておくと良いと思います。

床を守る

爪をしまえない犬よりは少ないですが、猫にも爪はあるのでどうしても新築の床に細かい傷がつきます。それにフローリングは走ったりすると滑るので怪我の原因になります。
絨毯でも良いですが、猫はよく吐くので洗ったりして繰り返し使えるジョイントマットがおすすめです。あらかじめ滑りにくい床材、例えばクッションフロアなどにしてしまうというのも良いですね。

壁を守る

猫は匂いをつけるため、あるいは爪のお手入れのために、個体差はありますがどこでも爪とぎをします。
新築の家の壁がボロボロになることもあるので、壁を守る保護シールや、貼って剥がせるタイプの壁紙などを貼っておく、建てる前の段階であるなら、あらかじめ傷のつきにくい「ペット共生クロス」等を選ぶと良いでしょう。

遮光カーテン

新築の家用にもうカーテン買ってしまった人は仕方がありませんが、まだ購入していない方にはおすすめです。
とくに若い猫は爪を立ててカーテンによじ登ろうとしますので、普通のカーテンだとすぐボロボロになってしまいます。遮光カーテンなら表面がツルツルしてるので爪がひっかからず登られる心配はありません。

キャットドアを設置する

新築の家にこれを設置しておけば、ドアを閉めていても猫が自由に行き来出来るので、エアコンの風が逃げなくて便利です。

トイレの場所

猫砂が飛び散らないように掘りごたつ風、猫が快適に排せつできるように個室風、匂い対策も猫砂処理も合理的な人間のトイレ合体風など、いろいろなアイディアが目立ちます。
猫もトイレは静かなところを好むので、新築の家での置き場所はしっかり考えてあげて下さいね。

新築の家で猫を飼う注意点

玄関に向かう猫

飾る植物選びは慎重に

家が綺麗だとつい観葉植物や花など飾りたくなりますが、ちょっと待ってください!
それは猫が食べても大丈夫ですか?

観葉植物や花の種類によっては、たったひとなめでも死んでしまうことがあります。
しかも、猫にとって危険な植物の種類はいくつか報告が上がってますが、まだすべてではありません。
「この植物は猫にとって危険だ」と発表するには、まずたくさんの猫がその植物が原因で命を落としたという事実が必要になります。猫を犠牲にしなければわからないことなんですね。

ですので、危険だと言われていないからといって安全とは限らないので、最初から植物類は置かないようにしましょう。どうしても置きたい場合は猫草や造花を利用すると良いですよ。

爪とぎOKの場所を多く設置する

壁や家具を守るだけでは解決はしません。
ここならどれだけでも爪とぎをしてもいいんだよ、という場所を出来るだけたくさん用意します。市販の爪とぎやキャットタワーを有効活用しましょう。

壁をかじる子も…

我が家の猫はこのタイプで、なにも対策をしてなかったので壁はご覧の通りです。

かじられた壁

住み始めて7ヶ月あまりなのでまだまだ立派な新築なのですが...。
こうならないように、壁のコーナーを守る爪とぎや、木や布を使った「壁まもる」という商品、アクリル板で自作のガードを作るなど対策しておくことをおすすめします。

コーナーを守る爪とぎ

新築の家で猫が喜ぶおすすめグッズ

隠れている猫

立体的な家づくり

キャットタワーももちろんいいのですが、おすすめは家の全体に取り付けられるキャットウォークです。
猫は上下運動を好むので、ジャンプや登ったりしていろいろな部屋に行けるようにすると喜びます。
どんなデザインにするか、取り付ける場所はどこにするか、猫の行動を想像しながら構想を練るのも楽しいです。

隠れられる場所

猫は暗くて狭いところが好きです。
ひとりでゆっくりくつろげる隠れ家的なスペースをできるだけ多く用意できるといいでしょう。

まとめ

椅子をガリガリしている猫

新築の家で猫を飼うためのポイントと注意点についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
新しい家と、新しい家族。大変なこともたくさんありますが、そのどれもが良い想い出になります。是非、楽しい猫ライフをお過ごしください。

人気のキーワード