猫島「相島」の魅力と福岡からの行き方

猫島「相島」の魅力と福岡からの行き方

「相島=あいのしま」は、猫がたくさんいる猫の島としても有名なところです。猫がたくさんいる相島は福岡県の玄界灘に浮かぶ島ですが、今回はこの猫島「相島」の魅力と、福岡からの行き方についてご紹介します。

1967view

福岡の猫島「相島」の魅力

道端にいる2匹の猫

猫がいる相島とは

相島は、福岡県糟屋郡新宮町の漁港から北西約7.5キロメートルの場所にあり、町営の渡船(フェリー)で17分の海上に浮かんでいる島です。相島の周囲には砂浜はなく、小石がある海岸線と、玄武岩が侵食されてできた断崖の海岸線があり、相島は独特な景観を醸し出しています。

相島には遺跡がたくさん

猫島である福岡の相島には国指定史跡の相島積石塚群をはじめとして貴重な遺跡や神社があること、相島には通称めがね岩と呼ばれる珍しい鼻栗瀬や柱状節理の絶壁が見られることなど、相島は大自然の造形美が魅力となっています。

相島には自然が豊か

全長5.4キロメートルの周回道路沿いに相島を一周すれば、相島の見どころを回ることが出来るので、ハイキングコースとして楽しまれています。また、相島では多数の野鳥が確認されていて渡り鳥の中継地となっているため、猫島である相島でバードウォッチングも出来ます。

相島の歴史

猫島である福岡の相島は日本書紀や万葉集にも登場しており、元寇の時には戦闘の舞台にもなりました。また江戸時代には、鎖国政策がある中で相島は唯一国交を結んでいた朝鮮からの朝鮮通信使を相島で接待して文化の交流があった場所でもあります。

相島の詳細

福岡の相島の人口は約500人で、主業は漁業で、釣り人も多く訪れています。相島を一周する道路は約6kmの距離です。さらに猫島である相島には推定100匹の猫が住んでいることも魅力の一つです。

相島がCNN世界猫スポットに選ばれた

相島は福岡県の猫島とも呼ばれて、猫好きにも広く知られています。米CNN(アメリカのケーブルテレビ向けニュース)で相島が2013年の世界6大猫スポットとして紹介されたことでも話題となったため、国外からの観光客も訪れているということです。

福岡の猫島「相島」へ行く際の注意点

福岡の猫

時間を調べて猫島の相島へ行こう

渡船(フェリー)、バスの運行が1日に5便または6便なので、観光の時には時間を調べ、計画をたてて行くようにすると良いでしょう。

相島の猫に対するルールを守ろう

福岡の相島には猫が約100匹おり、猫の島として人気の相島ですが、猫との触れ合う時には、「相島の猫たちからのお願い」としてあるルールを理解し、協力しましょう。

  • 猫に食べ物を与えないでください
  • 猫にマタタビを与えないでください
  • 無断で民家の敷地に入らないでください
  • 島の人たちの暮らしを尊重し、マナーを守ってください
  • ゴミは必ず持ち帰るようにしてください
  • 絶対に島に猫を捨てないでください
  • 猫を捕まえたり移動させたりしないでください
  • そっと見守ってあげてください

新宮Naviより

相島の環境は厳しく、捨てられた猫は命を落とす可能性が非常に高いです。また、子猫を親猫から離す行為などもやめてください。猫の島として知られる相島ですが、島の暮らしを尊重し、猫の生活にも介入することのないようにしましょう。

福岡の猫島「相島」への行き方

相島の猫

相島はフェリーで行く

福岡の猫島・相島に行くには、車または公共交通機関を使って相島渡船場まで行き、そこから相島渡船場から渡船(フェリー)に乗って行くことになります。渡船の料金は片道460円で、4月から9月までは1日6便、10月から3月までは1日5便となっています。

相島渡船場までバスで行く方法

猫島の相島渡船場まで公共交通機関を利用する場合には、西鉄新宮駅またはJR福工大前駅からバスで相島渡船場へ行くことが出来ます。バスの運賃は100円で、フェリーの到着時刻に合わせた運行がされています。

相島への渡船もバスも1日6便ほどの運行なので、乗船時間や乗車時間は調べておき、観光の計画を立てておくと良いでしょう。

相島まで車で行く方法

車で行く場合には、相島渡船場に着けば駐車場があります。料金は、30分無料、12時間以内で300円、12時間を超えて24時間以内で500円、24時間超えで12時間ごとに100円追加され、上限は1,000円となっています。

福岡の猫島「相島」のみどころ

相島の花

島の駅あいのしま

相島につくと、相島渡船待合所と隣接して「島の駅あいのしま」があります。1階には相島観光案内所があり、福岡の猫島である相島の観光スポットの案内を行っています。

島の駅あいのしま2階にはカフェあいのしまがあり、休憩したりくつろいだりすることが出来ます。猫島である相島で水揚げされた魚を贅沢にバーガーのパティにした旬のおさかなバーガーがおすすめです。カフェあいのしまは、毎週木曜日が定休日となっています。

レンタサイクルやお土産

また、レンタサイクルの貸し出しがされているほか、新宮町の特産物、さらに猫グッズなどお土産品も販売されています。

丸山食堂

さらに丸山食堂という島唯一の食堂も1階にあり、相島の新鮮な海の幸を使用した料理が食べられます。メニューは海鮮ちゃんぽん、すり身コロッケなどがあります。

営業時間は11:00~17:00で、年末年始・毎週水曜日・毎月第四火曜日が休みとなっています。

まとめ

猫島にる猫

福岡の猫島・相島は、自然を楽しんだり、猫達と触れ合ったりして、のんびりと過ごすことが出来る場所です。島には渡船(フェリー)で行くことになるので、観光の計画を立てて、運航の時間を把握しておくようにしましょう。

自然だけでなく、猫の島としても魅力的な相島ですが、島で暮らしている猫達との触れ合いでは、餌をあげない、猫を連れていったり、または捨てて行ったりしないなどのルールを守って接しましょう。

もちろん、猫を追いかけて、無断で民家の敷地内に入ってしまうことのないように気をつけて下さい。観光の際にはしっかりとルールを守って、相島の自然と猫との触れ合いを楽しんで下さいね。

人気のキーワード