猫にお香が危険な理由と注意する3つの事

猫にお香が危険な理由と注意する3つの事

猫にお香は危険でしょうか?人には良くても、猫には有害なものは世の中にたくさんあります。実は「お香」もその一つです。正確には、絶対にお香が猫にとって危険、と証明された訳ではないのですが、猫の側では使わない方が無難、とされています。なぜ猫にお香を使うのがNGなのか、その理由など、まとめてみました。

4497view

猫にお香が危険な理由とは?

お香

猫にお香が危険なのには、どのような理由があるのでしょうか?

  • 原材料によっては有害
  • データが少ない
  • エッセンシャルオイル入りものがある

原材料によっては有害

紅葉の形のお香

お香は、様々な植物を原材料にして、作られています。その中には、猫にとって有害な植物も含まれています。お香の原料によっては、猫に害を与えるものが、あるのです。

お香の原材料には良く、「白檀」や「チャンダン」と呼ばれる香木が使われます。英語名の「サンダルウッド」と言えば、思い当たる方も多いのではないでしょうか?サンダルウッドにはそれほど多くないとは言え、お香には猫への毒性が高い「リモネン」が成分として含まれる、「モノテルペン炭化水素」が含有されています。

少しでも猫にとって有害な成分がある、と考えるとやはり、猫がいる時にお香は使わない方が良い、という結論に達します。

データが少ない

パソコンをする猫

現状では、お香が猫に与える影響に関してのデータが少ないので、どれが危険でどれが安全なのか、はっきりと分かっていない部分が多いのです。ですから、できる限り猫がいる部屋ではお香を使わないのが、一番安全と言えるでしょう。

エッセンシャルオイル入りのものがある

エッセンシャルオイルと猫

お香の中には、エッセンシャルオイル(精油)が入っているものもあります。エッセンシャルオイルはお香よりも、猫に対する毒性が強いものがある、と言われています。エッセンシャルオイル入りのお香は特に、猫がいるところでは、使用しない方が良いでしょう。

猫がいる場所でお香を使う時に注意すること3つ

お香のそばにいる猫

できれば、お香は猫がいる場所では使わない方が無難ですが、どうしても使いたい場合、どのような点に気をつければ良いでしょうか?

  • 猫は別部屋に
  • 長期的な使用は避ける
  • お香は猫の手の届かない場所へ

猫は別部屋に

猫の部屋に入っている猫

お香使う部屋には猫は入れないようにして、猫の安全を守ってください。お香を使い終わったら、換気を忘れずに行いましょう。

長期的な使用は避ける

長期間に渡ってお香を使用すると、有害物質が猫の体内に蓄積してしまいます。長期間に渡って使用することで、突然中毒症状が猫に現れる可能性があるのです。注意してください。

お香は猫の手の届かない場所へ

棚にいる猫

お香を猫が誤って口に入れるのは、非常に危険です。お香は猫が開けられない棚の中に入れておくなどして、管理に気をつけてください。

猫にはお香以外にも危険なものはある?

花畑にいる猫

お香以外で猫に使用するのが危険とされているのは、「エッセンシャルオイル(精油)」と「アロマオイル」です。この二つは一見、同じもののように思いますが、エッセンシャルオイルは100%天然素材から作られたもので、アロマオイルは合成香料やアルコールなどが混ざっているものです。

いずれにせよ、原料に含まれる成分が猫に有害な事も多いので、猫がいる側では使わない方が無難です。もちろん、猫の体に虫除けとして噴霧することや、マッサージをするのに使うのもNGです。お香のように焚いて部屋にその香りを充満させるのも、おすすめできません。

あなたがエッセンシャルオイルの専門家でない限りは、安易に判断して使うのは止めましょう。お香と同じく、愛猫にどのような影響が起きるのか、分かりません。

まとめ

紫のお香

最近は、お香などの猫に対する有害性が知られてきてはいるものの、飼い主さんが使って良かったから、という理由で、愛猫に使おうと思うケースはまだまだあるようです。お香に限らずですが、人向けの物を猫に使う場合は一度、使っても平気なのか確認してからの方が、安心です。お香の香りでリラックス効果を得ていた飼い主さんには少し辛い話かもしれませんが、愛猫の健康を考えて、なるべく使わないようにするのが、ベストな方法でしょう。

人気のキーワード