「猫は抱くもの」はどんなお話?あらすじやキャスティング

「猫は抱くもの」はどんなお話?あらすじやキャスティング

「猫は抱くもの」をご存知ですか?猫弁シリーズの作家である大山淳子氏の書き下ろし小説です。「猫は抱くもの」について紐解いていきたいと思います。

767view

「猫は抱くもの」の小説概要とあらすじ

小説「猫は抱くもの」概要

  • 原作:大山淳子(おおやま じゅんこ)
  • 誕生日:1961年4月7日

引っ越しの多かった大山氏のご両親は大変に清潔好きで、犬や猫などは家族に迎えない方針だったそうです。当時、猫を家族に迎える想像は大山氏の中ではできなかったようです。
現在は「いなもと」という名前の猫を飼っていらっしゃるようです。「猫は抱くもの」の原作より大山氏の猫に対する温かさを感じます。

小説「猫は抱くもの」あらすじ

「猫は抱くもの」は猫と人間の「幸せの形とは?」をあらわす、全5話からなるあたたかな作品です。

1.良男と沙織
2.キイロとゴッホ
3.哲学者
4.それぞれのクリスマス
5.ルノワール

猫は「人間といた方が幸せなのか、幸せではないのか?」、猫も100匹いれば100匹の生活の仕方があります。
舞台は東京郊外の青目川にかかる「ねこすて橋」です。夜になれば様々な環境で育った猫達が集まり、猫同士の集会が開かれます。

ある日、主人公の飼い猫「良男」は足を滑らせて川に落ち流されてしまいます。気がついた時、良男は沢山の猫達に囲まれていました。幸せで穏やかな猫同士のホッとする生活に満足し喜びつつ、飼い主沙織の元へ帰りたい気持ちで良男は歩き続ける第一話「良男と沙織」他、猫と人間との心あたたまる絆を描いた作品です。

映画「猫は抱くもの」制作スタッフとキャスティング

映画「猫は抱くもの」監督

  • 監督:犬童一心(いぬどう いっしん)
  • 誕生日:1964年6月24日

高校在学中から自主制作映画の監督、制作を始めています。数々の賞を総なめの実力派監督です。
猫好き作家で有名な大島弓子氏の漫画「グーグーだって猫である」の映画化では監督と脚本を行っています。この度の「猫は抱くもの」も素晴らしい仕上がりなのではないでしょうか。

映画「猫は抱くもの」脚本

  • 脚本:高田亮(たかだ りょう)
  • 誕生日:1971年10月3日

犬童監督とはテレビドラマ板「グーグーだって猫である」でコンビを組んでいます。「猫は抱くもの」にピッタリのゴールデンコンビと言えるのではないでしょうか。

映画「猫は抱くもの」キャスト

この度の「猫は抱くもの」映画のキャストをご紹介します。

沙織:沢尻エリカ

良男:吉沢亮

後藤保:峯田和伸

キイロ:コムアイ

映画「猫は抱くもの」公式サイト

猫は抱くもの公式サイト

公式サイト→http://nekodaku.jp/#home

「猫は抱くもの」の公式サイトでは、映画の告知動画を見ることができます。また、物語の大筋や、沢尻エリカさんや吉沢亮など、出演キャストからこの映画に対するコメントなどが掲載されておりますので、興味のある猫好きさんたちは要チェックです!ツイッターの公式アカウントも開設されてますので、こちらでも様々な情報が手に入ります。

映画「猫は抱くもの」公開日

  • 公開予定日:2018年6月23日全国ロードショー
  • 配給:キノフィルムズ

新宿ピカデリーほか、全国的にロードショーが始まります。それぞれの写真より画面の色使いもとても印象的に感じられますね。

「猫は抱くもの」原作著者・大山淳子氏の猫弁シリーズ

「猫は抱くもの」原作著者である大山淳子氏の大人気作「猫弁」シリーズもお薦めです。

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)
679円(税込)

まとめ

「猫は抱くもの」小説についての概要やあらすじ、近日公開の映画「猫は抱くもの」のキャスティングについてお伝えをさせていただきました。
意欲的で魅力的な猫の小説が発売されると、ワクワクするのは猫好きさんだけではないかもしれません。
猫は人間の生活に大きく関わる動物の代表格であり、愛猫が幸せなら飼い主も幸せになれます。猫の気持ちが分かれば猫と人間はお互いに良い関係になれるかもしれませんが、猫の気持ちが分かったと感じるのは人間の勝手さのあらわれかもしれません。

「猫は抱くもの」から、改めて愛猫と飼い主の関係について考えてみたいと思いました。
いつもいつも、猫との暮らしでは猫との関わり方に悩みます。しかし人であれ猫であれ、自分以外に同居する家族がいることは幸せであり悩みなのかもしれませんね。

人気のキーワード