猫がしっぽをパタパタさせている時の5つの気持ち

猫がしっぽをパタパタさせている時の5つの気持ち

猫がしっぽをパタパタさせている時は、どんな気持ちなのでしょうか。この記事では、猫がしっぽをパタパタさせている時の気持ちや、寝ながらしっぽをパタパタする意味などについてご紹介します♪愛猫の普段のしっぽの様子と見比べながら、ご覧ください♪

31144view

猫がしっぽをパタパタさせている時の心理

茶トラ猫のしっぽの写真

猫がしっぽをパタパタさせている時はどんな事を考えているのでしょうか?猫のしっぽは、その時の心理が表れやすい場所でもあります。

犬の場合は、嬉しい時や楽しい時にしっぽをパタパタ振ることが多いようですが、猫の場合のパタパタはどうなのでしょうか。猫のしっぽの動きと心理について、改めて確認してみましょう♪

猫がしっぽをパタパタしている不機嫌な時

不機嫌そうな猫の写真

猫がしっぽ全体を勢いよく左右にパタパタと振っている場合は機嫌が悪く、イライラしている可能性があります。しつこく構われたり、撫でられたりした時などにもパタパタしているのが見られますね。

そのため、勢いよくしっぽをパタパタしている猫に触ろうとすると、猫パンチをされたり、ガブッと噛まれることも。

抱っこをしている最中にしっぽを勢いよくパタパタし始めた場合も、「そろそろ降ろしてくれよ」とイライラし始めている可能性があるので要注意です。猫の尻尾がパタパタさせ機嫌が悪い時は、一旦離れて落ち着くのを待ちましょう。

猫がしっぽをパタパタしている機嫌がいい時

寛ぐ茶猫の写真

猫は満足している時や、リラックスしている時など、機嫌がいい時にもしっぽをパタパタすることがあります。先程と違うのはしっぽの動きで、機嫌がいい時は大きくゆっくりと左右にパタパタ揺らします。

ご飯を食べた後に毛づくろいをして、日向ぼっこをしている時などに猫のパタパタは見られることが多いですね。お腹もいっぱい、体もキレイになったし、暖かいし満足だ!という感じです。(笑)

猫がしっぽをパタパタしている不安な時

覗く猫の写真

猫が小刻みにしっぽを左右にパタパタする場合は、不安で落ち着かない状態であることが考えられます。来客中や、飼い主さんが外出する準備を始めた時などにも見られることがあります。

猫がしっぽをパタパタしている興味津々な時

窓の外を見ている猫

猫は、何かに興味津々な時や、飼い主さんに何かを期待している時に、しっぽを大きく左右にパタパタさせることがあります。「これは何かな?」と目新しい物に興味を持った時や、窓の外を観察している時によく見られる動きですね。

猫がしっぽをパタパタしているボーッとしている時

猫の後ろ姿の写真

座ったまま、縦にしっぽをパタパタさせている時は考え事をしている時や、ボーッとしている時のようです。「今日は何して過ごすかなー」と、猫なりに考えなければいけないこともたくさんあるのでしょう。(笑)

猫がしっぽをパタパタさせる時は、意外にもたくさんの心理があるようです。猫のしっぽの振り方を言葉だけでお伝えするのはなかなか難しいですが、よく観察してみるとそれぞれに特徴があります。

まず、猫のしっぽから心理を読み取る時はしっぽをパタパタ早く振っているのか、ゆっくりパタパタ揺らしているのかに注目しましょう!是非、一度愛猫のしっぽをじっくり観察してみて下さいね♪

猫がしっぽをパタパタさせて寝ている意味

へそ天で眠る猫の写真

猫がしっぽをパタパタさせながら寝ている場合、3つのことが考えられます。

猫がしっぽをパタパタさせて寝ている意味① リラックスしている

猫がしっぽをパタパタさせて寝ている時は、とても心地よくてリラックスしているのかもしれません。気持ちいいな~幸せだな~という感情がしっぽに表れているのでしょうね♪

猫がしっぽをパタパタさせて寝ている意味② 夢をみている

猫も、人間と同じように夢をみることがあるようです。そのため、イライラしていたり、何か楽しい遊びをしていたりする夢をみると、寝言と共にしっぽをパタパタさせることがあります。

猫がしっぽをパタパタさせて寝ている意味③ 返事をしている

猫がしっぽをパタパタさせて寝ている意味として、一番頻繁に見られるのは「飼い主さんに返事をしている」場合です。寝ている猫が、尻尾をパタパタさせて飼い主さんに名前を呼ばれたけど、眠たいし、起き上がるのも、鳴いて返事をするのも面倒くさい!という時に、しっぽの先をパタパタしてお返事代わりにすることがあります。あまりしつこく呼ぶと、イライラし始めるのでご注意下さいね。(笑)

猫がしっぽをパタパタ床に叩きつける意味

キャットタワーで眠る子猫の写真

猫がしっぽをパタパタ床に叩きつける意味についてご紹介します。

猫がしっぽをパタパタ床に叩きつける意味① 考え事をしている

猫がしっぽを優しくゆっくりとパタパタ床に叩きつける場合は、何かに興味を持っていたり、考え事をしていたりする可能性があります。

猫がしっぽをパタパタ床に叩きつける意味② 怒っている

猫がしっぽをパタパタ床に叩きつけてバタンバタン!と大きな音が鳴るほど強く、床にしっぽを叩き付ける場合は非常に機嫌が悪く、いつ猫パンチが繰り出されてもおかしくない状態です。

また、猫が寝ている時に、しっぽをパタパタと床に叩きつける場合は、嫌な夢でもみているのかもしれませんね。兎にも角にも、猫がしっぽをパタパタ床に叩きつけている場合は、あまり必要以上に構わない方が身のためかもしれません…。

この場合も、猫がしっぽをどの程度の強さで床に叩きつけているのかで、その意味を見極めましょう。ただ、猫がしっぽをパタパタ床に叩きつける時は何かに集中している場合が多いので、遠くから見守ることをおすすめします。

まとめ

爪とぎの上で寝る猫の写真

猫がしっぽをパタパタさせている時の意味や心理についてご紹介しました。猫のしっぽはとっても可愛いですよね~。一言にしっぽをパタパタさせると言っても、それぞれ動きや意味が異なりますし、本当にたくさんの「パタパタ」がありました。(笑)

猫のしっぽはある意味とても正直で、猫の気持ちを読み取るためには欠かせない部分です。猫ちゃんによってしっぽの振り方も微妙に違ったりするようなので、是非皆さんも愛猫がしっぽをパタパタさせている時をじっくり観察してみて下さい♪

人気のキーワード