猫ちゃんがフードに飽きずに大満足で食べ続けられる秘訣

猫ちゃんがフードに飽きずに大満足で食べ続けられる秘訣

猫ちゃんは犬に比べて嗜好性が高いもの=美味しいフードを好む傾向があります。シニアの年齢になるとどうしても脂肪分やタンパク質を控えたフードになるので嗜好性が落ちてしまいます。私の愛猫も嗜好性が高いフードが好きで普段与えているフードに対しては食いつきが悪かった事があり将来を考えてどのように工夫したら飽きずに食べてくれたのか、経験談もふまえてお話しします。

917view

猫ちゃんは味に敏感な子が多い

フードを食べる猫

全ての猫ちゃんではありませんが大半はフードの味の好みやこだわりがあったり同じフードに対し飽きやすく、食いつきが悪くなりがちだといわれています。よく飼い主さんから「オヤツは食べるけどご飯はあまり食べてくれない」という声を聞きます。

色んな種類のフードを変えたりオヤツを多めに与えたりする方法もありますがそれにより嗜好性が高いフードにしか食べなくなり、偏食する可能性が出てきたりオヤツの与え過ぎで太る原因にもなります。

また猫ちゃんは腎臓病になりやすく、その際タンパク質を控えたフードを勧めています。タンパク質は肉や魚に多く含まれており嗜好性が高いです。

その為タンパク質含有量を調節した腎臓食は一般の成猫用のフードと比べ嗜好性が低くなるので食べてくれないケースが多いです。今後や健康のために、どんなフードに対しても毎日しっかりと食べてくれるように飽きにくくする工夫が必要です。

猫のフードを飽きないようにするには?

フードを前にした子猫

1日に与えるご飯の回数を増やす

猫ちゃんは食べたい時に少しずつ食べる傾向といわれています。常にフードが置いてある状態だとご飯に対する興味がなくなりがちになるので
一回量を少なめにし空腹状態をつくらせるとご飯を食べてくれる事があります。

フードを食べてくれるまで待つ

猫ちゃんの中には「このご飯を食べてなければ美味しいご飯がくる」とずる賢い子がいます。フードを口にするまで待つ事が大事です。そのうち待ってても美味しいご飯がこないと学習をしフードを食べてくれる場合があります。

お湯でふやかしたり少量のウェットフードと混ぜる

ドライフードをそのまま与えるより、お湯でふやかして温めてあげるとフードの匂いが出て食欲が増したり、猫ちゃんは冷たいものより温かいものが好きなので温めてあげると食いつきが良くなります。それでもあまり食べてくれなかった場合には少量のウェットフードと混ぜるのも効果があります。

ドライフードとウェットフード

↑ドライフード10gとウェットフード、スプーン1杯を混ぜ
電子レンジ500W弱で10秒程温めました。

ドライフードをお湯でふやかした

↑ドライフード10gにお湯少量でふやかしました(5分〜10分程待つ)
冷たくなっていた場合は電子レンジで少し温めてあげてます。

フードの規格を小さめにする

開封しただけで酸化により嗜好性が低下し食いつきが悪くなります。すぐに使い切れるようにフードの規格を小さめにするのがポイントです。私も以前は2㎏のフードにしていましたが500gに変えたところ飽きる事せず食べてくれました。

まとめ

ふやかしたフードを食べている

猫ちゃんの性格や好みによりますが一般的に嗜好性が高いものが大好きです。愛猫に美味しいご飯をあげたい気持ちは分かりますがシニアの年齢になるとどうしても嗜好性が低いフードになってしまいます。

今後の事も考えてどのフードに対してもしっかり食べてくれるように日頃の食事内容や工夫することが必要だと思います。

ちょっとした工夫でも効果があるので是非実践して頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

人気のキーワード