猫から飼い主さんへの『愛情表現』気が付いていますか?

猫から飼い主さんへの『愛情表現』気が付いていますか?

猫は人間の言葉を話せないけれど様々なメッセージを飼い主さんに送っています。可愛い飼い猫ちゃんからのメッセージを見逃さないように一覧としてまとめておきましたので、宜しければご覧ください。

3082view

猫の感情表現

タッチする猫

飼い主さんにとって嬉しい表現

  • 目を輝かせて尻尾を立てて小走りで寄ってくる。
  • 大好きな飼い主さんと遊びたいのです。

  • 目が合っている時、ゆっくりとまばたきをする。
  • 人間は片目を閉じてウインクしますが猫は両目でウインクします。飼い主さんが一緒にいることで、とても安心している証拠です。

    眠たい時も同じようにウインクしますが明らかにウツラウツラしているので、上記の安心した証拠とは簡単に区別がつくと思います。

  • 肩や座っている椅子をトントン叩く。
  • 飼い主さんに遊んで欲しい時にする行為です。

  • 身体を飼い主さんの身体にスリスリする。
  • 飼い主さんへのマーキングです。大好きな飼い主さんは私だけのもの、そんな恋愛のような気持ちで自分の匂いをつけておくという、飼い主さんを大好きな気持ちの表れです。

    また、何かの拍子に飼い主さんにうっかり爪を立ててしまったり、噛んでしまったりした時の「ごめんなさい」と云う謝罪の表現である事もあります。

  • 飼い主さんの手やお顔をペロペロする。
  • 猫は信頼した相手にのみ毛づくろいをしてあげます。母親から仔猫へ、また仔猫が兄弟猫へ、といった間柄での愛情表現です。

    なので飼い主さんへのペロペロはこの毛づくろいにあたり、猫が飼い主さんに贈る最高の愛情表現です。猫の舌はザラザラなのでチョッピリ痛いですが、何と言っても愛情表現なので、拒まずにいであげたいですね。

    けれど、お口をペロペロの時はご注意を。人間と猫との間で感染する病気もあります。

  • 頭をぶつけてくる。
  • 大好きの表現であると同時に飼い主さんにも大好きして欲しい、つまり猫の愛情表現である毛づくろいをして欲しい時です。しかしブラシではなく飼い主さんの手でして欲しい時ですので、この時は頭を少し強めにナデナデもしくは指を立てて掻き掻きしてあげるといいと思います。

  • 飼い主さんの後を何処までもついてくる。リビングからトイレ等
  • 飼い主さんが居ないと寂しい、ずっと一緒に居たい気持ちの表れです。

  • 部屋の前でニャーニャーとずっと鳴いている。
  • 前述と同じで飼い主さんと同じ部屋に居たいという気持ちです。

  • 気がつくとジィーっとこちらを見ている。
  • かまって欲しい気持ちの表れ。時に餌の催促のときもあります。

  • 朝起きると枕元に置いて居ないものがおいてある。
  • 猫ちゃんから飼い主さんへの贈り物です。

  • 添い寝をしてくれる。
  • 母親猫のお腹で眠っている時と同じぐらい安心し、飼い主さんを信頼しています。

飼い主さんにとって悲しい表現

嫌な顔した猫
  • 何処か一点を見て短く「ニャニャニャ」と鳴く。
  • その目線の先に虫等の気になるものがいる時などです。

  • 喫煙をする男性のお顔に自分の顔を近づけて、露骨に嫌な顔をしてソッポをむく。
  • タバコの匂いを嫌がるサイン。その方が嫌いなわけではないので、落ち込んだりしないくださいね。

  • 触らせてもらえない。
  • 信頼関係がまだできていない状態。根気よくスキンシップをとってくださいね。

まとめ

幸せそうな子猫
  • 目が輝いている時は嬉しい。
  • 飼い主さんの身体に触れているのは「好き」と「信頼」の表れ。
  • 飼い主さんの身体をトントンするのは何か欲求がある時。
  • 猫はタバコが嫌い。
  • 触らせてくれないのは、信頼関係が未完成。

以上です。猫ちゃんの気持ちを理解できると、飼い主さんと猫ちゃんとの関係もより良くなると思いましたので、皆様よくご存知なのだろうな・・・と思いながらも不躾にも書かせていただきました。皆様の猫ちゃんとの暮らしにわずかでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

人気のキーワード