猫に生クリームを与えても大丈夫?注意点や好きな理由

猫に生クリームを与えても大丈夫?注意点や好きな理由

概要

  • 猫に生クリームは与えていけない
  • 砂糖の入っていない猫用生クリームであっても与えすぎは肥満の原因
  • 猫は生クリームの脂肪分を好む

お誕生日に生クリームの乗ったケーキを食べていたら、愛猫がやってきてペロッと一口…なんて経験、ありませんか?猫は甘いものなんて食べないんじゃ?と思いきや、実は結構、生クリーム好きだったりします。好きなのは良いけれど、猫は生クリームを食べても大丈夫なのでしょうか?

1859view

猫に生クリームを与えてもいいのか

生クリーム
  • 人間用に作られた生クリームは与えてはいけない
  • 生クリームをほんの少量をごくたまに与える程度であれば問題は無い

人用の生クリームは与えてはいけない!

人間用に作られた生クリームは、あまり与えない方が良いでしょう。糖分が猫には多過ぎます。ほんの少量をごくたまに与える程度でしたら問題はないでしょうが、欲しがるからと言って頻繁に与えるのは、止めましょう。病みつきになっては、後が大変です。

猫に生クリームを与える事の注意点

生クリームのお菓子と猫

猫用に作った生クリームか、それとも人間用の生クリームを与えるかによってデメリットは異なってきます。

人間用生クリームの場合

前項でも書きましたが、人間用生クリームには砂糖が入っており、猫には糖分が高過ぎます。糖尿病や、猫では少ないですが虫歯にかかるリスクがゼロではありません。目を離したスキに愛猫が生クリームを舐めてしまう事がないよう、十分注意しましょう。

猫用の生クリームの場合

猫用生クリームの作り方は後述しますが、砂糖を入れずに作られているものがほとんどです。また、ヨーグルトの水分を取り除いて生クリームのようにすれば、問題はありません。今話題の水きりヨーグルトですね!

猫用生クリームの与える量には気をつけた方が良いですが。愛猫の好みによっては、クリームチーズを生クリーム代わりにする方法もあります。ただし、クリームチーズには塩が入っているので、そこは注意が必要です。

猫用生クリームであれば与えても大丈夫なのか、と思いますが、やはり脂肪分は高いので、与える量には気をつけた方が良いでしょう。

毎日のように大量に与えていると、肥満の原因となってしまいます。生クリームは常食ではなく、たまのご褒美程度に与えるのが丁度良いでしょう。

猫に生クリームが役に立つ時

話は変わりますが、猫が腎不全になると食欲がなくなり、全く食べなくなってしまう場合があります。そのような時に食欲を刺激する為、生クリームを少量、食べさせる飼い主さんはいるようです。うまく使えば、生クリームを役立てる事もできるのです!

猫が生クリームを好む理由

カップに入った生クリーム
  • 生クリームに含まれる脂肪分が好きだから
  • 生クリーム以外にもバターやマーガリンの脂肪分を好む猫もいる

生クリームの脂肪分がおいしそうだから

猫が生クリームを好むのはその甘さではなく、生クリームに含まれる「脂肪分」だと言われています。脂肪の匂いが、猫にはたまらないのですね。もちろん個体差はありますが、バターやマーガリンなど、脂肪たっぷりな食べ物が好きな猫もいます。

こってりこてこての食べ物が美味しいのは、猫でも人間でも変わらないようです。でも愛猫が好きだからと言って際限なく与えていると、数ヶ月後には立派な『ごっつぁん猫』になっている可能性が高いので、心を鬼にしてあまり量を食べさせないようにしましょう。

猫用生クリームの作り方

生クリームを作る

猫用生クリームの作り方です。愛猫のお誕生日やクリスマスなどの、猫用ケーキに使うことができますよ♪

生クリームやホイップを使う

  • 植物性の生クリーム
  • 生クリームを泡立てるだけ
  • 生クリームに砂糖は入れない

動画では、生クリームにレモン汁を入れていますが入れなくても大丈夫です。もし入れる場合は果肉のみのレモン汁にするようにしましょう。

市販されている生クリームやホイップを使う時は、泡立てのみで砂糖は入れないようにしてください。牛乳から作られ脂肪分が18%以上あるものを、「生クリーム」と言います。

植物性のものもありますがこれは生クリームとは表示せず、「ホイップ」などと書かれていると思います。

猫に与えるのはどちらが良いかは飼い主さんの好みです。生クリームの場合、乳糖(ラクトース)が心配な方もいらっしゃるでしょう。乳糖とは、牛乳に含まれる糖類の事を言いますが、猫は乳糖をうまく消化できない場合が多く、摂取すると下痢を起してしまう事があります。

ただ、生クリームには乳糖はほとんど含まれていないので、心配ないと言えばないのですが、気になる方は植物性のものを使用した方が良いでしょう。クリームの品質はピンキリです。できるだけ高品質のものを与えてあげましょう。

猫用生クリームにヨーグルトを使う

  • 無糖のヨーグルトを使う
  • ヨーグルトの水分を切ると生クリームのようになる

今話題のギリシャヨーグルトですね!糖分の入っていないヨーグルトをガーゼやキッチンペーパーなどに乗せ、水分を切るだけでも生クリームのようになります。

ヨーグルトも牛乳から作られているので乳糖が気になりますが、ヨーグルトには乳酸菌が入っており、その乳酸菌が既に乳糖を分解してくれています。ですから、猫にヨーグルトを与えても、問題はありません。

とは言え、初めて愛猫に与える場合は少量から試すようにしてください。また、乳糖はなくても脂肪分はありますので、低脂肪もしくは無脂肪のものが望ましいです。

まとめ

猫と生クリーム

猫は意外な食べ物が好きなことがあります。「そんなの食べるの?」と驚かされること、ありますよね?もちろん人間の食べ物を猫に食べさせるのは良くありませんが、「こんなの食べないだろう」と思って置いておいたら愛猫がペロペロしていた、という事はままあります。

でも、猫用の安全な生クリームを使って、一緒にアニバーサリーをお祝いできると良いですよね。ちょっと大変ですが、猫用と人間用のケーキを作って食べられたら、こんな幸せなことはありません。

上手に生クリームと付き合えば、きっと愛猫と楽しい時間を過ごすことができますから、工夫していきたいですね。

20代 女性 あめたま


猫用の生クリームを自宅で簡単に作れるなんて驚きでした。
言われてみれば、当分を控えめにし、生クリームだけを泡立てればペットへの誕生祝いのケーキも自作が可能ですよね。

また、猫が乳製品を食べても問題が無いという事が分かり、改めて猫は意外と何でも食べても大丈夫なのだなぁと感じられました。

しかし、与え過ぎや誤飲は出来る限り防がなければなりません。
特に猫は高い所に登る事が出来るので、食べ物はきちんと冷蔵庫などに片付けておかなければ、誤飲事故が容易く起きてしまいます。

したがって、猫の飼い主も他のペットの飼い主と同様に整理整頓を徹底的にしなければならないと考えられます。
容易に開けられる場所に食べ物を閉まっても、猫が出してしまう可能性があるので、猫が確実に開けられない場所に食べ物を保管しましょう。
人気のキーワード