猫がぶどうを食べてはいけない理由と対処法

【獣医師監修】猫がぶどうを食べてはいけない理由と対処法

概要

  • 猫にぶどうを与えるのは非常に危険
  • ぶどうを食べると急性腎不全の危険がある
  • もし食べてしまったらすぐに動物病院へ

猫にぶどうを食べてもいいのか?という質問に首を傾げた人も多いと思います。玉ねぎやチョコレートを食べてはいけないということは知っている人も多いでしょうが、ぶどうは果たしてどうなのでしょう?また、レーズンは?マスカットは?そんな疑問を今回は一挙に解説していきます。愛猫の健康を守るためにぜひ知っておきましょう。

8634view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫はぶどうを食べててもいいのか

ぶどうとワインを持つ猫
  • 猫がぶどうを食べるのは危険
  • 致死量は体重1キロ辺り生のぶどう30g
  • 急性腎不全を引き起こす可能性

結論から言いますと、猫にぶどうを与えるのは非常に危険です。最近のアメリカの臨床結果より、犬がぶどうを食べると様々な重篤な症状を引き起こすことが報告されました。

そのことから、猫がぶどうを食べても重篤な症状を引き起こす可能性が出てきたのです。

猫にとって致死量になるぶどうの量

急性腎不全などの重篤な症状を引き起こしかねないぶどう、その致死量は体重1キロに対して生のぶどう30gです。

その量は猫の生活環境、体調、食べたぶどうの種類により異なります。しかし、犬の場合ですとこの基準値の致死量を食べても死なない犬もいたと言いますので猫の致死量も定かではありません。

猫にぶどうを与える事についての研究

ぶどうを食べてからの症状は報告されたばかりです。そもそも犬にぶどう中毒が発見された為、猫にもその症状が考えられると言われているだけであり、確実に症状が出るとは限らないのです。

しかし、危険が潜む食べ物を無理に与える必要はありませんし、実際に症状がでている猫ちゃんもいますのでぶどうは与えないようにしましょう。

レーズンなら猫は食べても大丈夫なのか

  • レーズンももちろん危険
  • 様々な食べ物に使われているので注意が必要

生のぶどうが駄目でもレーズンなら・・・そう思った方、もちろん駄目ですよ。レーズンは干しぶどうなので成分はもちろん変わりません。

むしろ生のぶどうを食べる猫ちゃんは少ないでしょうが、レーズンを誤って食べてしまう猫ちゃんの方が多いので注意が必要です。

レーズンクッキー、レーズンバター、レーズンパン、ドライフルーツの中にもレーズンが入っています。

飼い主が食べているのを盗み食いしたり、下に落ちている一粒を食べてしまったりと、考えられる危険は大変多いです。レーズンの入っている食べ物を食べる場合は注意しましょう。

マスカットを猫が食べても大丈夫なのか

  • マスカットももちろん駄目です
  • マスカットは地中海地方原産の「ぶどう」

マスカットは地中海地方原産のぶどうの種類なので、もちろん食べさせるのは危険です。マスカットの他にも「巨峰」「デラウェア」「ベリーA」などの品種もぶどうなので駄目です。

ぶどうジュースやワインなども、もちろん与えないようにしましょう。

猫にぶどうを食べさせてはいけない理由

聴診器とブリティッシュショートヘア
  • 急性腎不全の危険がある
  • 確実ではないと言っても食べさせない方が無難
  • 急性腎不全とは全猫の死因で多い病気

猫がぶどうを食べてはいけない理由は、急性腎不全になる可能性があるためです。アメリカの臨床結果によりますとぶどうを食べた犬が、2~3時間後に下痢と嘔吐が見られ尿が排出されなくなる「無尿症」に陥り死に至ったという事例を報告しています。

急性腎不全とは

この死因はぶどうを食べたことによる、急性腎不全によるものです。急性腎不全とは急激に腎臓の動きが低下する病気で、猫の死因1位に位置するがんに次いで多い死因となっています。

急性腎不全になると、症状の進行が早く死亡原因になりやすい恐ろしい病気なのでやはり、ぶどうは食べさせないようにしましょう。

猫があやまってぶどうを食べてしまったときの対処法

獣医と猫
  • すぐに病院に連れていく
  • 1時間以内に吐き出させないと危険
  • 自己判断はしない

愛猫がぶどうを食べたことがわかった場合、すぐに動物病院に連れていきましょう。1時間以内だと、体にぶどうは吸収されていない可能性が高い為、嘔吐を促す治療のみで後は様子をみるという治療を取れるかもしれません。しかしここで重要なのは

決して自己判断で様子を見たり、無理やり吐き出させたりしないこと

ぶどうに限らず猫が食べてはいけない食べ物を食べてしまった場合は、迷わず動物病院に相談しに行きましょう。

もし自己判断で様子見をしてしまい、急性腎不全になった場合は辛い透析治療を受けなければならなかったり、最悪の場合命を落とす可能性もあります。

猫が誤って口にしたところを発見した時点からは時間との勝負です。何を差し置いてもとにかく獣医さんに相談しましょう。

まとめ

子猫とぶどう

猫はぶどうを食べてはいけないということがわかっていただけたと思います。

猫がぶどうを食べると急性腎不全になり最悪の場合、死亡してしまう可能性があり大変危険です。

ぶどうの他にも猫が口にしてはいけない食べ物、植物、花など猫にとって大変危険なものは部屋の中にたくさん存在しています。

何も考えずに使っていたり、猫が口にしやすい場所においていたりと、調べてみて初めて知る危険なものは意外と多いです。

猫の飼育上級者の皆様も初心者さんも、今一度ご自身のお部屋の中に愛猫に危険なものは置いていないか、落ちていないか、使用していないか、辺りを見渡してみてください。

危険は意外なところに潜んでいるかもしれませんよ。

その他、猫が食べていいもの・悪いもの

今回紹介した食材以外にも、人間には安全でも、与え方や量によっては猫にとって有害な食べ物が数多くあります。場合によっては命に関わるような食材もあるため、飼い主さんは正しい知識を身につけておくことが必要です。万が一のことが起こってしまわないよう、「猫が食べていいもの・悪いもの」を事前にチェックしておきましょう。

猫が食べてはいけないもの一覧

40代 女性 ころ

ねこちゃんにぶどうを与えてはいけないことは身をもって知りました。
うちで昔飼っていた猫ちゃんはぶどうが大好きだったのです、それにレーズンもやはり好きでした。毎日食べさせていたら急性腎不全になってしまいまして生死をさまよいました。それからは、獣医さんに確認してから与えていますが、それでも猫ちゃんによってアレルギーを起こる場合もあるので、難しいです。無知は恐ろしいことなので、少し勉強をしましたし。与えたいものがある場合は、吟味して、安全なものを、少しずつアレルギーを起こさないかを見ながら与えています。猫ちゃんが喜んで食べるからという理由だけで与えてはいけないですね。
体に良さげな食べ物でも、猫ちゃんにとったら、有害なものも多いので気を付けなければなりません。

40代 女性 ロダン

ぶどうを猫ちゃんに与えてはいけないことをこの前知りました。
ぶどうの成分が猫ちゃんにもいい気がしたのですが、獣医さんに聞いてからにしようと思い、相談しましたら、腎不全になるから与えてはいけないと注意されました。ぶどうはマスカットや巨峰など、ぶどうのジュースもありますが、もちろん与えてはいけないそうです。
うちの猫ちゃんはぶどうを二粒食べただけで吐いたり下痢をしたり大変でした。
獣医さんに診ていただきましたらぶどうの食べ過ぎによる中毒症状だと知らされました。吐くことで体外に出しているからまだいいのですが、それができなくなったら、腎不全になるので気を付けなければなりません。

30代 男性 カイ

我が家の一歳の子が末期の急性腎不全になりました。今生死をさまよう様な状態です。
原因は何か様々な理由を調べおそらく生まれつきと思っていたのですが、
ほんの少しでもぶどうを摂取すると急性になる可能性を知ったため検索しこちらのサイトを拝見させていただきました。
我が家ではぶどうを育てておりつい収穫の終わった最近まで食卓の上等猫の届く範囲においておりました。もしかしたら何らかの形で口に入ったかもしれません。
もしそうなら非常に悔しく自分たちの無知さが情けなくなります。家族の大切な命を奪ってしまったのですから…。
もう末期のためできることは少ないですが残りの時間を大切にして逝かせてあげたいと思います。
どうか多くの方にこの情報が伝わることを願います。