猫にレモンはNG!与えてはいけない理由

【獣医師監修】猫にレモンはNG!与えてはいけない理由

ビタミンが豊富で体にいいと言われていますが、すっぱくて人間でもそのまま食べることは少ないレモン。猫ちゃんはあまり好きではなさそうですが果たして与えてもいいのでしょうか?またレモンのかかった食べ物やレモン味の食べ物、飲み物などはいいのでしょうか?

9783view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫にレモンを与えてもいいのか?

レモン
  • 猫にレモンを食べさせてはいけない
  • 嘔吐や下痢を引き起こす

タイトルにも書いたようにレモンを猫に与えるのはNGです。嘔吐や下痢を引き起こすほか、レモンを初め柑橘類の匂いが苦手な猫も多く、柑橘類の匂いの洗剤で洗った食器でご飯をかたくなに食べない猫もいるくらです。

猫にレモンを与えてはいけない理由

頭に手を乗せる猫
  • リモネン、ソラレン(プソラレン)が毒症状を引き起こす
  • 猫がレモンを食べると下痢やおう吐をする

柑橘類の皮に含まれている成分、ソラレン(プソラレン)が中毒症状を引き起こし下痢や嘔吐を引き起こします。

またレモンの皮についている凹凸、あれは油胞といい中には精油成分のリモネンが含まれているのですがこれも猫の下痢や嘔吐を引き起こす原因の一つだと考えられています。

レモンを始め柑橘類の皮は決して猫に与えないようにしましょう。下痢や嘔吐は脱水症状を引き起こし体の弱い子猫や高齢猫の場合はそのまま衰弱してしまう可能性もあります。

みかんも猫が食べないように注意

冬になると頻繁に食べるみかんも柑橘類です。猫がかじっちゃった!なんてことがないように、生活環境には十分配慮してあげるようにしましょうね。

猫にレモンの果肉は与えてもいいのか?

レモンジュース
  • 少量ならレモンの果肉を与えても大丈夫
  • 猫は酸っぱい物が苦手なのでそもそも食べない

猫に嘔吐や下痢などの中毒症状をもたらすソラレンやレモネンといった成分はレモンの皮に多く含まれていますが、それならば成分があまり含まれていない果肉なら食べていいの?

そんな疑問を持たれた方、少量なら大丈夫ですがご存知のとおりレモンは酸っぱいです。また前述したとおり匂いも苦手な子が多いので好んで食べてくれるものではないということだけはお伝えしておきます。

猫にレモンを与える効果

  • ビタミンCを摂取できる
  • 猫の免疫力を高める

しかし最近のレモンは品種改良がされ糖度の高い物なども売られているそうです。

確かにレモンに含まれる豊富なビタミンCは猫の免疫力を高めますし、猫自身がビタミンCを身体の中で作ることが可能な為わざわざ食事などでビタミンCを摂取しなくてもいいとは言われています。

しかし、もともとビタミンCが足りていない猫や成長期や妊娠期のビタミンが不足しがちな猫には与えてもいいかもしれませんね。

しかし好んで食べてくれる猫ちゃんは少ないでしょうし、わざわざ無理して与えなくてもいい食材だということは覚えておいてください。

猫にレモンを与える方法

  • レモン汁を食材に少量かける
  • レモンの皮の成分がないか確認する

もし与える場合はレモン汁を少し食材にかけてあげたりするのもいいかもしれません。レモンを使うときの注意点は皮の成分が含まれていないかを十分確かめるようにしてください。

猫がレモンの匂いを嫌がる理由

ひきつった顔の猫
  • 「酸っぱいにおい」が苦手だから

レモンを初め柑橘類の匂いを嫌がる猫が多いのはご存知の方も多いと思いますが、なぜそんなに柑橘類の匂いが苦手なのか知っていますか?

実は猫はレモンの匂いが苦手というよりは「酸っぱいにおい」が苦手なのです。自然界において酸っぱいにおいを発する食べ物は「腐っているにおい」だと認識するのです。

確かに生肉や生魚など自然界で猫が食べている食材は腐ると酸っぱいにおいがしますよね?

特に猫が元々暮らしていた砂漠では暑さの為、生肉などは腐りやすく食中毒を避けるために腐ったにおいをかぎ分けることは自分の命を守ることに直結しています。

その名残から猫は酸っぱいにおいを敏感にかぎ分け、不快感を感じ口にしようとしなくなったのです。

猫が不快に思う匂い

  • 洗剤
  • 香水
  • ハッカ類
  • トウガラシなど

レモンの他に猫が不快に感じる匂いは、洗剤や香水、ハッカ類、トウガラシなどの香辛料などがあげられます。

猫が不快に思う匂いのものは猫の物や猫の周辺では使わないようにしましょう。

同じレモンでもレモングラスは大好き

レモングラスをかじる猫

レモンと名前の付く植物、レモングラスはその名の通りレモンを少し甘くしたようなにおいがするハーブでベトナム料理やハーブティーなどにも好んで使われますが、このレモングラスに夢中になる猫ちゃんが世の中には非常に多いです。

レモンの香りが苦手なのになぜレモングラスは大好きなの?と、困惑するかもしれませんが実際に我が家の愛猫も猫草よりレモングラスを好んで食べます。

危険なレモングラスとは?

  • エッセンシャルオイルのレモングラスは危険
  • 中毒症状を引き起こす

ただ注意したいのはエッセンシャルオイルとして使われるレモングラスは猫にとって有毒です。中毒症状を引き起こす成分が含まれておりますので与えるときは、ホームセンターや園芸店で売っているレモングラスのハーブを買ってきて与える様にしましょう。実際にアロマオイルを間違って舐めてしまって亡くなってしまったという例もあるようです。

もちろん人間も料理やハーブティーに使えますので人間も一緒に楽しむと経済的でよりいいですね。

まとめ

猫とレモンが入ったバスケット
  • 猫にレモンを与えるのは危険が潜む
  • 猫にレモンを与えると下痢やおう吐をおこす
  • レモンの皮に含まれているリモネン、ソラレン(プソラレン)で毒症状を引き起こす
  • レモンの皮は駄目だけど、果肉なら大丈夫
  • レモンのビタミンで免疫力が上がる
  • レモンの臭いを猫が嫌うのは「腐っている物」と捉えるから
  • レモングラスは食べても大丈夫
  • レモングラスのアロマオイルなどは危険

レモンの皮に含まれる成分が猫の中毒症状を引き起こしますが、果肉などには猫に有害な成分は含まれていません。とは言っても進んで与えたい食材というわけでもないので無理に与えないようにしましょう。

またレモンのクッキーやお菓子やケーキなどは細かく刻んだレモンの皮が入っていることもありますので、万が一猫ちゃんが誤って口にしてしまった場合は注意深く観察し中毒症状がでないかしっかりとみてあげる様にしましょう。

その他、猫が食べていいもの・悪いもの

今回紹介した食材以外にも、人間には安全でも、与え方や量によっては猫にとって有害な食べ物が数多くあります。場合によっては命に関わるような食材もあるため、飼い主さんは正しい知識を身につけておくことが必要です。万が一のことが起こってしまわないよう、「猫が食べていいもの・悪いもの」を事前にチェックしておきましょう。

猫が食べてはいけないもの一覧

40代 女性 ちさ

うちの猫ちゃんは2匹共、レモン汁が好きです。食欲のないときに、レモン汁を少しだけですが、カリカリの上の野菜に垂らします。パクパクと食べてくれます。私たちがフライを食べるときにレモン汁を使うのでその時だけですが、猫ちゃんに与えますが、ほんの少しだけしか与えないようにしていますよ。皮は食べさせると中毒を起こすので与えないことにしています。食べ物も与えていいものと与えては危険なものもあるので、注意が必要ですね。

30代 女性 まつこ

我が家の猫ちゃんは、食欲のないときには、レモンの汁を1滴カリカリにたらしてあげるだけで、食欲が増します。
子猫の頃にはレモンを与えなかったのですが、成猫になったときのある日に、レモンを絞っていたらにおいに来て舐めて喜んでいたのが始まりです。それ以来は、病中病後にも与えてみると元気が出るのです!
ですが、レモンの香りのする食器洗剤を使うのはとても嫌がりましたので、やめています。
色んなこだわりがあるなかで、レモンは我が家の猫ちゃんにとったら、気に入ってしまったようです。