飼い主によるブラッシングが必要な猫3タイプ

飼い主によるブラッシングが必要な猫3タイプ

皆様の猫はブラッシングをお好きですか?嫌がる猫にするブラッシングほど大変なことは無いですよね。怒られ引っ掻かれて、あげくには噛まれてと散々な目にあってしまいます。それではブラッシングが必要な猫についてみてみましょう。

763view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

基本はどの猫にも必要である!

ブラシをされる猫

家の中で育てられている猫は安定した室温の為に、ほぼ一年中抜け毛があります。猫が自身で行うセルフグルーミングだけでは足りない場合は、飼い主が並行してブラッシングを行わなければなりません。

ブラッシングが足りないと毛が絡まって毛玉が出来たり、グルーミングの際に飲み込んだ被毛が消化管内で毛玉となる毛球症になる危険性があったりします。また、コミュニケーションとしてブラッシングを行うことで、猫との関係を良好にし、スキンシップによって病気等を発見できるなど健康管理にも繋がります。では、どういった猫では特に気をつけるべきなのでしょうか?

1.ロンゲ猫:豊かな被毛を持つ長毛種

だらけた二匹の長毛種

長毛種の被毛一本の長さは短毛種の被毛の何本分にもなりますので、ブラッシングは必須で一日に一度で足りない猫もいます。抜ける本数自体は短毛種も長毛種も変化はありませんが、圧倒的な量の違いは分かりますよね。

長毛種は人間が改良して生み出している歴史もあり、飼い主がブラッシングを手伝う必要があります。

2.高齢猫:被毛の手入れを忘れがち

女性に抱かれる猫

猫も高齢になると、毎日行っていたルーティンワークをしなくなることがあります。セルフグルーミングもその内の一つですから、飼い主がブラッシングをしてあげましょう。猫の被毛がフェルト状になると動き辛くなり、被毛にも悪影響が出てきます。

3.面倒くさがり猫:グルーミングをしたくない猫

寝転がる猫

猫でも面倒くさがりなタイプはいます。明らかにグルーミングの回数が少ない場合は、ブラッシングを飼い主がする必要はあるでしょう。セルフグルーミングをしっかりしていれば、清潔に被毛を美しく保つ事ができますが、しかしセルフグルーミングをほぼしない猫には、飼い主さんの助けが必要になってくるかもしれません。

ブラッシングのブラシについて

ブラシをされる長毛種の猫

ブラッシングも用途によって使うブラシが違ってきます。ペットショップや病院、もしくはトリミングサロンで相談して購入すると失敗がないでしょう。猫の性格や手入れの頻度、毛のもつれ具合など特徴をメモしておきましょう。

嫌がる猫には最初からブラシを使わずに、まずは手でもつれた被毛をほぐして慣れてもらうのも有効です。

まとめ

ルチア

飼い主によるブラッシングが特に必要な猫3タイプについてお伝え致しました。

猫のブラッシングはくれぐれも「綺麗にしてあげたい」という気持ちを忘れずに、なによりも猫ちゃんの気持ちを尊重してくださいね。

スポンサーリンク