猫が好きな人の前でしかしない『寝姿』5選

猫が好きな人の前でしかしない『寝姿』5選

猫にとって、睡眠時間は1日の大半を占める時間です。猫や周りの状況によって、様々な寝姿を見せてくれます。そんな猫が好きな人の前限定でする寝姿があるのですが…知りたくありませんか?

2856view

1. お腹全開!

お腹を出して眠る猫

猫が好きな人の前でしかいない寝姿と言えば、有名?!なのがお腹全開です。いわゆる、ヘソ天ですね。

急所であるはずのお腹を無防備に見せつけ、豪快な寝姿を見せてくれます。これは正に、大好きで信頼しきっている人の前でしか見せない寝姿です。

もちろん猫の性格にもよりますので、比較的警戒心の薄い猫は良くお腹を見せてくれるようです。猫がお腹全開で寝ないから、飼い主さんのことが嫌いということではありませんので、誤解のなきようお願い致します。

2. 足を床につけない

横向きで眠る猫

足を床につけない寝姿も、好きな人の前で良くやっています。足を床につけないということは、何かあった時にすぐには逃げられないということです。

ということは逆を返せば「すぐに逃げられなくても大丈夫」と思っているということです。好きな人の前では無防備でも大丈夫!と思っているのですね。こんなに猫に好きになって貰えたら、幸せですね!

3. 頭を低い位置に置く

眠る子猫

頭を低い位置に置いて寝るのも、好きな人の前でしかしない場合が多いでしょう。頭を低くしていると、周囲の状況が見えないばかりか逃げるのにも時間がかかります。

つまり、猫にしたら無防備な状態な訳です。でも好きな人の前ならと安心しているのでしょう。猫が寝ている場合、その頭の高さに注目してみると猫の警戒の度合いが分かります。

4. 体伸び伸び

伸びて眠る猫

体を思いっきり伸ばして寝ている時も、好きな人の前だからでしょう。やはり、無防備ですよね。その状態で敵に襲われたらかなり危険な寝姿ですから。

猫の体の伸びは、警戒心の度合いによって変わります。体を丸めている時は警戒心が強い時、伸びている時は警戒心が薄い時です。つまり、伸び伸びで寝ている時は、警戒心がほぼゼロのような状態だということです。

5. 横向きで寝る

横向きで眠る猫

前足を投げ出し、横腹を見せて寝る時も好きな人の前で見せるスタイル。ふか〜い眠りについていることでしょう。

好きな人の前だとそれだけ安心できるので、熟睡もできる訳ですね。そんな猫の姿が可愛くて、ついついちょっかいを出したくなってしまいますが、猫が寝ているのを邪魔するのは良くありませんので、そっと見守るだけにしてあげましょう。

まとめ

ホタル

家に帰ったら早速、猫の寝姿をチェックしてみましょう。ご紹介した寝姿だったら、それは紛れもなくあなたが「猫の好きな人」ということです。

もちろん猫の寝姿は猫の性格や状況によって変化しますので、もしこの通りでなくてもがっかりする必要はありません。

普段猫が自分から近寄って甘えてきてくれるなら、それは十分に好かれている合図です。自信を持って、猫と接していきましょう。

スポンサーリンク