おしゃべり好きな猫の品種5つ

おしゃべり好きな猫の品種5つ

猫にとって鳴くことは、どちらかというと珍しいことです。なぜなら、野生の世界で鳴き声をあげるということは、敵に見つかる恐れが高まるからです。でも、猫の中にはおしゃべりな猫種がいます。チェックしていきましょう。

775view

1. シャム猫

シャム猫

不動の人気を誇るシャム猫。おしゃべりな猫種の1つとしても知られています。しゃがれたような大きな声でおしゃべりして、飼い主さんの気を引きます。

シャム猫は独占欲が強く、飼い主さんがそれに応えてくれることを望んでいます。ですから、飼い主さんに向かっておしゃべりしても応えてくれないと、がっかりしてしまうでしょう。

このように構ってちゃんなところがありますので、それを可愛いと思えるならシャム猫の飼い主さんに向いていますし、もしうるさく思ってしまうならシャム猫は飼わない方が良いでしょう。

2. ベンガル

ベンガル

野性味溢れる外見のベンガル。さぞクールなのかと思いきや、実は甘えん坊が多いという猫種です。

そしておしゃべり。犬のような鳴き声なこともあり、羊のような鳴き声で鳴くことも。もちろん、スタンダードな猫の鳴き声で鳴くベンガルもいます。

多種多様な鳴き声が楽しめそうなベンガル。中々にして運動量が多く、鳴き声も大きめなのでペット不可住宅では飼うことは難しいでしょう。そもそも、ペット不可住宅では猫を飼ってはいけませんが…。

3. メインクーン

メインクーン

大型猫の代表であるメインクーン。その大柄な体は圧倒的です。ですが性格は至って穏やかで、優しい。そんなギャップが人気の秘密なのでしょう。

メインクーンは実は、おしゃべりな方に分類される猫種です。語尾が上がった質問調で鳴いたり「ニャーン」と「クルル」が混ざったような鳴き声で鳴く場合も。

にゃんと飼い主さんとの会話が成立してしまうこともあるのだとか。猫とおしゃべりできるなんて、とっても楽しそうですね!

4. バリニーズ

バリニーズ

シャム猫の長毛版であるバリニーズ。やはりおしゃべりの血を引き継いでいます。シャム猫の突然変異で生まれた猫種ですので、性格などはほぼシャム猫と同じ。

ですから良く鳴きますし、飼い主さんの気を引きたくて仕方のない猫です。十分に構ってあげられる場合だけ飼うようにしましょう。寂しがりやなので放っておかれると、いじけてしまいます。

猫は繊細なので、ストレスを溜めると体調を崩してしまう場合も。構って攻撃に応えられる自信がある方に向いている猫種です。

5. スノーシュー

スノーシュー

真っ白な靴下を履いたような猫のスノーシュー。甘えん坊で社交的、それほど鳴き声は大きくないものの良く鳴きます。

スノーシューもシャム猫の血が入っていますので、血は争えないといったところでしょうか?日本ではそこまでメジャーな猫種ではありませんが、靴下を履いたような四肢がとっても可愛い猫種です。

まとめ

Otto

おしゃべりな猫はお好みですか?賑やかなのがお好きな方は、飼うのに向いているかもしれません。猫との会話を楽しむのも一興です。賑やかな猫との楽しい暮らしも良さそうですね!

スポンサーリンク