猫が嫌っている人にする態度5つ

猫が嫌っている人にする態度5つ

猫はその人自体を嫌うというか、その人がする行動を嫌がる、という感じのようですが、そんなちょっと嫌なことをする人が近づいてきたら、どんな態度をとるのでしょうか?チェックして行きましょう!

1778view

1. 近寄らない

のぞく猫

まず、猫は嫌がっている人には近づきません。過去になにか嫌なことをされたり、猫が嫌いな匂いがしていたり、猫が何かしら気に入らないことがあるのでしょう。うかつに近づくと何か嫌な思いをすると思って警戒していると考えられます。

また、初対面などまだ慣れていない人の場合は、遠巻きに様子を見ていることも考えられます。危険がないと判断すれば猫の方から近づいてきますので、それまでは下手に人の方から近寄らない方が良いでしょう。

2. 威嚇する

威嚇する猫

可愛い猫に威嚇されたら、ショックですね。でも猫の方も自分の身を守ろうと必死なのです。猫が威嚇する時は、無理に近づくのはやめましょう。なだめようと近づくのは逆効果です。

恐怖を感じた猫が、噛み付いたり引っ掻いたりする可能性がゼロではありませんので、十分気をつけましょう。

3. 攻撃する

攻撃する猫

「近づくにゃぁぁぁ!」「こっち来るにゃあぁぁ!!」と、いきなり飛びかかってこられるかも。でもこれは、よほどの場合です。

猫は身の危険を感じるなどの必要がなければ、攻撃はしてきません。なぜなら、下手に攻撃を仕掛けると返り討ちにあい、自分がケガするか命を落とす危険性があるからです。

猫に嫌われている人が、よほど猫にとって危険なことをしようとしたとしか思えません。言わずもがなですが、猫がそこまで追い詰められてしまうようなことはしないようにしましょう。

4. 隠れる

隠れる猫

何か嫌なことを察知すると、サッと身を隠すのは猫の常套手段。人の手が絶対に届かないような狭〜い場所に素早く身を隠します。猫が本気で隠れると決して捕まらないでしょう。

しばらくして危険が去ったと思えば、そろそろと様子を見ながら出てくるかもしれませんが、それまでは捕まえるのはとても難しいでしょう。

5. 逃げる

逃げる猫

嫌な人やことがあると、それこそあっという間に逃げます。本気逃げの猫の早いこと早いこと。

とてもじゃないけど、人が追いつける速度ではありません。猫を追いかけて捕まえようとするのは、至難の業。さっさと諦めた方が良いでしょう。

まとめ

まとめ

せっかく猫と仲良しになりたくて近づいたのに、いかにも嫌がられてる態度をとられたら切なくなります。

でも諦めるのは、まだ早い!猫が嫌がる人の行動を徹底的に排除して、猫が嫌がらない人になりましょう。そうすれば猫モテする事、間違いなし!なハズです。

スポンサーリンク