思わぬ脱走から愛猫を守る窓用フェンス

思わぬ脱走から愛猫を守る窓用フェンス

【脱走】うちの子は大丈夫!って思っていませんか?大丈夫であってほしいのですが、猫ちやんは予期せぬ行動を起こしてしまう場合があります。万が一のために、なるべくお金をかけずにできる、手作り窓用フェンスをご紹介します。

427view

簡単!窓用フェンスの作り方

完成したもの

こちらが完成したものです。どなたでも、できそうでしょ。はい、できます。
愛猫のためなら絶対できます。大丈夫。

準備するもの

  • なるべく丈夫そうなつっぱり棒2本
  • ワイヤーネット(うちの窓の場合は3つ)
  • 結束バンド
  • 補足でネジ2個(または釘)

うちの場合は、製作材料はダイソーさんで購入しました。約1000円でできます。

作り方

工具と猫
  • つっぱり棒を窓の大きさに合わせて固定します。
  • ワイヤーネットを結束バンドでつなげます。ひとつにつなげたワイヤーネットをつっぱり棒につなげます。
  • 最期にネットが動かないように突っ張り棒の頭の付近をネジで固定します。

猫ちゃんのあの華奢な腕って結構握力・腕力すごく強いのでね、つっぱり棒が動いて崩れないようにネジまたは釘でしっかり固定することをオススメします。

補足の部分

いかがでしたか?簡単でしょ。
どうか、愛猫ちゃんが誤って脱走してしまい、慣れない外の危険な環境へさらされないために、頑張って作りましょう。

まとめ

窓から見る猫

猫ちゃんって、いつもふわーっと外を眺めていて、飼い主としては危険を感じたことはないのですが突然、なにを思ったのか、網戸を突き破ってベランダにいるパパさんへ向かって走ったことがあるのですよ。子猫ならまだしも、15歳くらいの老猫でもそんなことがあるのです。

あと、7歳の雄猫は、引っ越しの慣れない空間で、新しいお部屋で閉塞感で怖かったのか、初めてふすまを開けました。後ろの2本脚を踏ん張って、押入れのふすまを開けようとする後姿は可愛いのですが、網戸は簡単に開けられますからね。

スポンサーリンク