甘えん坊な猫が本当は抱えている悩み5つ

甘えん坊な猫が本当は抱えている悩み5つ

猫には甘えん坊が多いです。そんな猫たちはあれやこれやの手で、飼い主さんの関心を引こうとしていますが、実はこんな悩みを抱えているかもしれません…甘えん坊な猫をお持ちの飼い主さん、しっかりとチェックしてください。

1499view

1. 飼い主さんにずっといて欲しい

女性に抱かれる猫

飼い主さんが外出すると寂しがる猫、外出を阻もうとする猫。こんな猫たちはきっと、飼い主さんにずっと家にいて欲しいと思っているのでしょう。

可愛いですが、あまりに度が過ぎると猫が「分離不安症」担っている可能性が…飼い主さんがいないと不安になってしまう症状のことです。

こうなると飼い主さんも猫も困ってしまうので、猫とは節度を持った距離で接するのが良いでしょう。もし度を越して猫が寂しがるようなら一度、かかりつけ医に相談してみてください。

2. 飼い主さんを独り占めしたい

女性に寄り添う猫

猫は独占欲が強いと言います。本当は飼い主さんを独り占めしたいのにできないと、悩みを抱えているかも…。筆者宅のオス猫は、筆者のことを自分のナワバリだと思っているようで、他の猫が近づくと威嚇して追い払おうとします。

猫の性格によっては悶々として、ストレスを抱えてしまう場合もあるでしょう。猫が複数いる場合は、満遍なく全ての猫を気にかけて構ってあげましょう。

3. 飼い主さんがいないストレス

窓の外を見る猫

猫は環境の変化に敏感なので、いつもいる飼い主さんがいないだけでも、ストレスを感じてしまうことがあります。特に甘えん坊の猫となると、そのストレスは多大なものとなるでしょう。

長期で外出しなければいけない場合は、十分気をつけましょう。猫が寂しさを感じないように、飼い主さんの匂いが染み付いた洋服などを置いておくと寂しさが紛れるでしょう。

4. 飼い主さんが構ってくれにゃい

少女と猫

飼い主さんが忙しくて、甘えん坊の猫に構ってくれないとそれで悩んでしまうかもしれません。猫が構ってアピールをしてきたら、忙しくても少し時間をとって甘えさせてあげましょう。

いつもスマホばかり見ていると、猫が不満を感じてしまうこともあるでしょう。たまにスマホを置いて猫と遊んであげてください。スマホよりも癒されるものが、猫にはきっとありますよ!

5. いつも見てて欲しい

こちらを見る猫

いつも飼い主さんに見ていて欲しいのに見てくれないと、邪魔猫になる場合があります。「こっち見て!」というアピールな場合が多いので猫を構ってあげてください。

物理的に猫をずっと見ているのは難しいので、基本的には猫がアピールしてきた時、構ってあげれば大丈夫です。猫の「こっち見て」欲求を叶えてあげましょう。

まとめ

ツナ

甘えん坊でよく絡んでくる猫は、たまに困ることがありますがなるべくなら時間を取って、猫と接する機会を持ちたいですね。なぜなら、猫との時間は永遠ではないからです。限りある猫との楽しい時間大切にしましょう!

スポンサーリンク