猫が喜ぶ『ちょっとした気配り』4つ

猫が喜ぶ『ちょっとした気配り』4つ

猫は一体どのようなことをしたら喜ぶのか、猫を飼っている人はきっと気になったことがあるのではないでしょうか。そこで本記事では猫が喜ぶ「気配り」について紹介していきます。猫が喜ぶ気配りをして、猫と一緒に「快適な生活」を目指していきましょう。

2165view

猫が喜ぶ気配りをして、猫と「快適な暮らし」をしよう!

箱の中に入っている猫

猫と暮らす上で、猫が喜ぶ気配りをしてあげるのはとても重要です。ちょっとした気配りをしてあげるだけで、猫はとても快適に暮らすことができストレスを感じずに生活できます。では、具体的にどのような気配りをしてあげるべきか本記事で詳しく紹介していきましょう。

1. 「猫が隠れられる場所」を用意してあげる

箱の中の猫

猫は、身を隠せる場所を好む生き物です。周りから見つかりにくい箱の中や狭い隙間などに自ら入っていく習性があります。そのため、段ボール箱や猫用ハウスを用意してあげたり、猫のためにあえて隙間や隠れられる部屋を作ってあげるとよいでしょう。

猫にとって怖い物音がした時、見知らぬ人が来客として家の中に入ってきた時など猫が「怖い!」「警戒しなきゃ!」と思う時に隠れられる場所があると、猫のストレスを和らげることができます。

2. 猫が寄ってくる時以外はしつこく触らない

猫を撫でる人

猫はツンデレな性格をしていることが多いです。そのため、ツンツンしている時(飼い主さんに対して冷たい態度の時)に、無理やりスキンシップをとろうとすると余計に猫は嫌がってしまいます。反対に、猫の方から飼い主さんの近くに寄ってきた時は「甘えたい」「かまってほしい」という気持ちになっているサインなので、思いっきり甘えさせてあげるとよいでしょう。

猫の態度をよく観察しながら、適度にスキンシップをとることによって、猫との距離を上手に近づけることができますよ。

3. 外の景色が見られるようにする

外の景色を見る猫

いくら子猫の頃から室内飼いを徹底していたとしても、猫は外の様子を気にする傾向にあるようです。とはいえ、猫を外に放し飼いにするのは交通事故に遭ったり、野良猫との喧嘩やトラブルに巻き込まれたりといったリスクがあるためおすすめできません。

そこでぜひ試してみてほしいのが「室内から外の景色を見えるようにする」という対策です。可能であれば、頑丈な網戸を設置して、網戸越しに外の空気を吸わせてあげるのもおすすめです。

4. 運動できる空間を室内に作ってあげる

キャットタワーの上の猫

室内飼いをしていると、どうしても猫は運動不足になりがちです。なので、室内にキャットウォークを作ってあげたり、階段がある家の場合は一階と二階を自由に行き来させてあげるといった、工夫を取り入れると良いでしょう。

猫じゃらしや、猫用おもちゃを使って運動不足を解消してあげるのも良い方法ではありますが「いつでもこまめに猫と遊んであげられる人」は少ないと思うので、飼い主さんがいない時でも猫が自由に運動できる工夫を取り入れることをおすすめします。

まとめ

まる

家族や友達、恋人などと一緒に暮らす場合も「気配り」はとても大事ですよね。それと同じで、猫と一緒に暮らす時も、猫が快適に過ごせるような気配りをしてあげるのが重要です。

どのようにしたら猫が喜ぶのか、猫の目線に立ってさまざまな工夫を取り入れてあげましょう。