猫が寝ている飼い主の顔に乗っかる理由3つ

猫が寝ている飼い主の顔に乗っかる理由3つ

ウトウトと寝ていたら飼い主さんの顔の上にのそのそ乗ってくる経験をお持ちでしょうか。モフモフした感触で嬉しいのですが、少し苦しい体勢でもあります。猫ちゃんとしてはどのような理由で乗ってしまうのでしょうか。

1014view

寝ていたら顔の上に猫が

顔の近くにいる猫

寝ている飼い主さんの顔に思わず乗ってしまう猫ちゃんの行動は、飼い主さんとしては不思議な経験でもあるかと思います。懐かれてはいるようだけれども少し苦しいこの体勢は、猫ちゃん側からみるとどのような気持ちからこの行動となるのかを調べてみました。

1. 子猫の気分

子猫

飼い主さんの顔の側にいる理由として子猫の気分が抜けていない可能性があります。特に早くから親元から引き離されて、去勢や避妊などをしたまま成猫となった猫ちゃんは、大人になってもまだ子猫の気分が続いている事があります。とはいえ飼い主さんの事を信頼しているが故で、顔の側に居るので母猫と思いながら接しているといえます。

本来は自分のパーソナルスペースを守って生きるのが猫ちゃんの性質なのですが、それを超えて側に居たがるというのは、飼い主さんとしては嬉しいことになります。通常は自分が決めた安心できる場所で無防備に寝ようとするので、飼い主さんの事が大好きな証拠でもあります。自分のテリトリーに知らない人がいると猫ちゃんは嫌がりますので、限られた人にしか近づかないのです。

2. 甘えん坊な性格だから

丸くなってる猫

猫ちゃんの個体差は多いのですが、その中でも甘えん坊な性格に育っていると、飼い主さんの顔の上で寝てしまう理由の一つになりえます。気まぐれに生きていく猫ちゃんなのですが、飼い主さんのことが大好きで飼い主さんの視界に入るようにわざと側に行き、甘えた声で鳴いたりゴロゴロ喉を鳴らしている仕草が多く見られるのならば、性格が原因なのかもしれません。その場合はスキンシップの回数を増やしてあげて、なるべく愛猫を満足させてあげられるように努めましょう。

3. 大きな信頼

見上げる猫

上記の理由と共通してしまうかもしれませんが、猫ちゃんが飼い主さんの顔の上などで寝てしまうのはやはり信頼の表れです。本来猫ちゃんの習性として、顔を近づけて鼻から匂いを嗅ぎあうというのが、コミュニケーションの1つにあります。同様に母猫は頻繁に自分の子猫の毛づくろいを顔を近づけて行います。「顔を近づける」という行為が大きな信頼の元で見られるのです。

まとめ

虎(トラ)

猫ちゃんが飼い主さんの事を大好きと想うからこその行動と分かりましたので、経験のある方は安心して下さい、しかし、どうしても体勢が辛い時はやはり少しどかせていただいて、お互いに良い睡眠が取れるように調整しましょう。猫ちゃんにとっても「顔と顔を近づける」という行動は、限られた信頼の置ける人にしかしない行為ですので、飼い主さんも今後愛猫と良好な関係を気づけるように配慮していきましょう。

スポンサーリンク